出版・アート・カルチャー

15万部突破「成功する子は食べ物が9割」シリーズ最新作! 今日から「栄養リッチ」になる! いつもの食材で栄養強化は実現する

株式会社主婦の友社
株式会社主婦の友社は2022年7月4日(月)に『成功する子は食べ物が9割 栄養ぐるぐるレシピ』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074514702)を発売いたしました。

「くり返し読んでいる」「栄養について考えるきっかけになった」と、幼児・小学生ママたちに支持されて15万部超え『成功する子は食べ物が9割』シリーズの第4弾。




成長期で食べる量がふえ続ける子どもたち。そこに相次ぐ食品の値上げが直撃! でも大丈夫。家庭人気トップ5食材の豚肉、鶏肉、ひき肉、鮭、さばで栄養価を高くすることはできるんです。


教えて! 栄養リッチになる方法



うどん、豚肉、玉ねぎやキャベツがあれば作れる「焼きうどん」。炭水化物、たんぱく質、野菜がそろっているから、まあ合格点だよねと思いたいけれど、実は、栄養バランスは偏っています……。


手軽な具をプラスすることで満点レシピに!



Hop 温泉卵(調理なし!)をのせるだけで、たんぱく質、鉄、ビタミンAがぐんとアップ。

Step 桜えび(調理なし!)をパラパラで、カルシウム、鉄がアップ。

Jump にんじんとピーマンをプラスできれば、β-カロテンがアップ。

High Jump きのこをプラスして、フルーツヨーグルトをそえたら完璧!

たとえ料理が苦手でも、考えるのがめんどうくさくても、ちょっとした工夫で、栄養は着実に強化できます。


スタメン食材でぐるぐるローテーション

それでは、昼食の単品ではなく、夕食の献立のときはどうしたらいい? たとえばメインを「豚肉」にすると決めたら、「しょうが焼き」「みそ豚チンジャオ」「豚大根と厚揚げのめんつゆキムチ煮」……と、ぐるぐるローテーション。組み合わせる野菜、調理法や味つけが変われば、おのずと摂取できる栄養も変わります!





主菜(メインのたんぱく質)が決まったら、次は副菜を合わせて

子どもがいる家庭でよく登場するブロッコリー。でも「ゆでるだけ」ではマンネリに……。そんなときは「ちょい足し食材」、粉チーズ、かつお節、のり、桜えび、ごま、青のりなどでコツコツ「栄養をオン」しましょう。





作りおきで、たんぱく質を欠かさない

「作りおき」というと野菜を思い浮かべる方が多いのですが、成長期の子どものために欠かせないのは、たんぱく質の作りおき。おすすめレシピも載っています。

鉄を効率よく補うには「レバーの甘辛ごま煮」


ビタミンDやDHAが豊富な「鮭のはちみつレモンマリネ」



細川モモさんから、がんばっているお母さんへ

「完璧はむずかしい。体をこわさないように、手を抜きながらも栄養は盛り込んで、献立を回していきましょう!」

本書に載っているのは、簡単で、継続して作れるレシピばかり。毎日のごはん作りは疲れるけれど、今日もがんばろうと思わせてくれる一冊です。栄養面から子どもの成長をサポートしていきましょう。


著者情報

監修:細川モモ
予防医療・栄養コンサルタント
一般社団法人ラブテリ代表理事
両親のがん闘病を機に予防医療を志し、渡米後に最先端の栄養学に出会う。米国認定International Nutrition Supplement Adviserの資格を取得。2009年に医療・健康・食の専門家によるプロフェッショナルチーム「ラブテリトーキョー&ニューヨーク」を発足。母子の健康向上を活動目標とし、食と母子の健康に関する共同研究を複数手がける。2児の母。

料理:ダンノマリコ
フードスタイリスト
フリーランスのフードコーディネーターのもとでアシスタントを6年間務めたのち独立。豊洲市場で仕入れた魚を使った【ミナトゴハン】会を主宰するなど、魚食を広める活動をしている。


書誌情報



タイトル:成功する子は食べ物が9割 栄養ぐるぐるレシピ
判型:A5判
ページ数:128ページ
定価:1430円(10%税込)
発行:主婦の友社
発売日:2022年7月4日(月)
ISBN:978-4-07- 451470-0
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4074514702
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17159053/
※電子書籍あり


本書に関するお問い合わせ先

【主婦の友社広報窓口】
株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
pr★c-pub.co.jp(★は@に変換してお送りください)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)