医療・医薬・福祉

第32回全国病児保育研究大会inちば にてランチョンセミナーを共催

森下仁丹株式会社
「ビタミンD発見100周年~歴史的ビタミンD欠乏第3波の真っただ中で」について

【会   場】 幕張メッセ国際会議場 第2会場 201 【ランチョンセミナー日時】2022年7月17日(日)12時30分~13時30分 (※第32回全国病児保育研究大会inちば は、2022年7月17日(日)~18日(月・祝)に開催)  森下仁丹株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長 森下雄司)は、2022年7月17日~18日まで幕張メッセ国際会議場で開催される「第32回全国病児保育研究大会inちば(主催 一般社団法人全国病児保育協議会)」にてブース出展し、ランチョンセミナー「ビタミンD発見100周年~歴史的ビタミンD欠乏第3波の真っただ中で~」を共催いたします。



森下仁丹株式会社共催ランチョンセミナー内容



座長に、おおた小児科・病児保育室ミルキー 院長の太田文夫先生、演者にはクリニック&チャイルドケアばんびぃに 院長の時田章史先生をお迎えし、コロナ禍で外出自粛が広がる現代において、ビタミンD摂取の重要性を幅広い知見をもとにお話をしていただきます。

日   時:7月17日(日)12時30分~13時30分
場   所:幕張メッセ国際会議場 第2会場(201)
演   題:ビタミンD発見100周年
      ~歴史的ビタミンD欠乏第3波の真っただ中で~
座   長:おおた小児科・病児保育室ミルキー 院長 太田文夫先生
演   者:クリニック&チャイルドケアばんびぃに 院長 時田章史先生


■「第32回全国病児保育研究大会inちば」開催概要
会場:幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
会頭:佐藤 里美(さとう小児科医院・病児保育室バンビーノ)
公式サイト:http://web.apollon.nta.co.jp/hoiku2022/index.html
(当日参加登録:http://web.apollon.nta.co.jp/hoiku2022/jizensanka.html
森下仁丹ブース:小間番号 1


社名:森下仁丹株式会社
代表:代表取締役社長 森下雄司
創業:1893年(明治26年)2月
設立:1936年(昭和11年)11月
主な事業:医薬品、医薬部外品、医療機器ならびに食品等の製造および販売
URL:https://www.jintan.co.jp/

業祖 森下博が「社会への奉仕」を信念とし、1893年の創業来、人々の健康や豊かな暮らしの一助となる製品をご提供して参りました。当時、懐中の総合保健薬(当時は赤大粒仁丹)として開発し、その後は口中清涼剤として親しまれる銀粒の「仁丹」(現在は医薬部外品 販売名:仁丹N)、その製造から着想を得て、独自に開発し事業領域を拡大しつつある「シームレスカプセル技術」と、これまでの生薬研究の蓄積と独自技術の確立・育成を通して、幅広い領域で企業活動を行なっています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)