医療・医薬・福祉 自然・環境

「子ども服寄付プロジェクト」初めての寄付!

株式会社サンシャインシティ
6月1日からプロジェクトをスタートし、900着超のまだ着られる子ども服が約1か月で集まりました!



 株式会社サンシャインシティ(東京都豊島区、代表取締役社長:合場直人)は、まだ着られる子ども服を必要とするご家庭に届ける「子ども服寄付プロジェクト」として、6月1日(水)よりサンシャインシティ館内に回収ボックスを設置しています。
 この度、回収ボックスに寄せられた子ども服921着(6月27日時点)を認定NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークに寄付しました。同法人より、子ども服を必要としている豊島区の各ご家庭のお子様に届けられる予定です。
 サンシャインシティではこの後も引続きまだ着られる子ども服を集め、必要とされる場所へお届けする活動をしてまいります。




子ども服を寄付するまで


1.6月1日(水)にサンシャインシティ専門店街アルパ1階北広小路に『子ども服回収ボックス』を設置


『子ども服回収ボックス』
2.集まった子ども服をサンシャインシティグループ社員で畳み、サイズごとに仕分けして梱包

サンシャインシティグループ社員で畳む様子
集まった子ども服はサイズごとに仕分け実施
合計921着(6月27日時点)
3.7月1日(金)認定NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークに集まった子ども服を寄付!
認定NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークに子ども服を寄付


認定NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長コメント



 私たちは、「地域の子どもを地域で見守り育てる」をモットーに、子どもの居場所を創り、子どもたちにおせっかいする仲間を増やし、子どもが笑顔で成長できるよう活動している団体です。
 この度は、約1か月で900着もの子ども服をお寄せいただきありがとうございます。子どもの成長は早く、身近におさがりを着てくれる人がいなくても、サンシャインシティの「子ども服回収ボックス」に届けることで、いま子ども服を必要とする家庭に手渡すことができます。提供していただきました洋服は、ひとり親家庭をはじめとするご家庭に、当団体が責任をもってお渡しします。企業と地域が手をつなぎ、支え合いの仕組みを創り、未来を担う子どもの応援団を増やしていけたら素敵ですね。引続き、よろしくお願いします。


「子ども服寄付プロジェクト」実施中!


‣設置期間:9月30日(金)まで ※状況により延長の可能性あり
‣設置場所:サンシャインシティ 専門店街アルパ1F北広小路
‣寄付先:認定NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク
‣子ども服の届け先:寄付先の法人で支援している豊島区の各ご家庭のお子様
‣対象物:サイズは50cm~160cmの子ども服
     肌着や水着など直接肌に身に着けるものを除き、過度な汚損・破損がなく着用できるもの。

------------------------------------------------------------
■サンシャインシティ 専門店街アルパ 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ 専門店街アルパB1・1F・2F・3F
営業時間:(お買物)10:00~20:00、(お食事)11:00~22:00  ※一部店舗を除く
問合せ先:サンシャインシティ総合案内  03-3989-3331  https://sunshinecity.jp/
------------------------------------------------------------
※状況により、内容・スケジュールが変更になる場合がございます。
※画像はイメージです。
※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→https://prtimes.jp/a/?f=d20364-20220707-fa3a9e2b6c963f02ae75a8da4fb2fdb2.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)