食品・飲料 美容・健康

新たなスタイルで生姜を味わう「LIFE FOODS DEPARTMENT」がtells marketに登場

株式会社Freewill
~無農薬栽培で安心安全、様々な用途で楽しめる生姜ペースト~

ICTとデザインの力でサステナブルな世界の実現を目指す株式会社Freewill (本社:東京都港区、代表取締役:麻場 俊行(Toshi Asaba)が運営する買い物をするだけで森が増えるエシカルマーケット「tells market」にて、「LIFE FOODS DEPARTMENT」から無農薬無化学肥料の生姜ペーストが登場しました。



買い物をするだけで森が増えるエシカルオンラインマーケット「tells market」は「エシカルには物語がある」をコンセプトに「後世に語り継ぐべき」ブランドや商品を扱っています。作り手や職人さんの想い、社会課題の解決、伝統文化の継承、環境への配慮、地域への貢献、原材料、製造工程などを伝えることを重視しており、買い物をすると付与されるコインは失効すると「森の苗木」として地球課題解決に取り組む団体に寄付されます。


LIFE FOODS DEPARTMENT 食べる生活百貨店

「日々の暮らしを豊かに」をコンセプトに沢山の方が笑顔になれる商品作りを心がけています。熊本県天草市の温暖な気候にある自社農園は、露地栽培にこだわり、栽培期間中農薬・化学肥料不使用で、自然なものを中心に土作りにこだわっています。「究極の温性食材」ともいわれる生姜の効能に着目し、さらに「発酵」の効力合わせることで体に優しく吸収される「発酵生姜ペースト」の商品開発に至り、その原材料となる、安心・安全で美味しい生姜とお米を主軸に育てています。


発酵生姜ペースト [80g](¥1,600 税込)

無農薬無化学肥料にて栽培した生姜と有機粗糖で発酵させ、梅の花から抽出した乳酸菌も加えて、まろやかに仕上げた発酵ペーストです。九州内外のコンクールでも、入賞するなど評価を得た、万能なアイテムです。
▼購入ページ
https://tells-market.com/products/C4wSaH8TJwNQ1a3Sbh5GdDQcTtmyrI



tells marketについて

「エシカルには物語がある」をコンセプトにエシカルとは「後世に語り継ぐべきもの」と定義。作り手や職人の想い、社会課題の解決、伝統文化の継承、環境への配慮、地域への貢献、原材料、製造工程などを伝えることを重視し、エシカル消費の推進を行います。買い物をすると付与されるコインは失効すると「森の苗木」として地球課題解決に取り組む団体に寄付され、コインを使っても、使わなくても(使い忘れても)、tells marketを利用するだけで消費者は無意識に消費と同時に森を生産する生産消費者(プロシューマー)となり地球に貢献することができる新しい仕組み。将来的には日英言語に対応し、海外への販売も可能。現在はプレオープン中で、ファッション・アクセサリ・キッチン&ダイニングなど全33ブランドが出店中。2022年9月のグランドオープンに向けて生活雑貨・インテリア・電子機器などのブランドが続々と出店を予定。

サイト:https://tells-market.com/

2022年9月のグランドオープンに向けて、出店者やストーリーを綴るライターを募集中です。メールにてお問い合わせください。
問合先:contact@tells-market.com






株式会社Freewillについて

シリコンバレーに姉妹会社を持ち、ICTエンジニアリングとソーシャルサービス開発を行うIT企業です。「FREEWILL(自由意志)」に従った働き方・生き方がしたいと考える世代が活躍できる社内環境や自社サービスに取り組んでいます。2022年は17期目を迎え、約200名のスタッフが、日本はもちろんのことアジア、アフリカ、アメリカなど世界中から集結。サービスを使えば使うほど森が増え、人類社会の豊かな生活と地球環境の共存共栄を可能にするSustainable eco Society(持続可能なエコ社会)の実現を目標として「地球の才能を育むストーリーファンディングサービスSPIN」を含む3つのソーシャルサービスを2019年12月にリリース。2021年10月には「買い物をするだけで森が増えるエシカルオンラインマーケット tells market」をオープン。2021年12月には、お客様の失効したポイントを「森の苗木」に分配する仕組みSustainable eco Society制度をスタート。

企業サイト:https://www.free-will.co

Sustainable eco Society公式サイト:https://sustainable-eco-society.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)