美容・健康

ぶれにくいフィット感がお好みの方に 大好評の「ピップマグネループMAX」より「ピップマグネループMAX 45cm」が新登場!2022年7月8日(金)よりピップ ウエルネス通販で販売開始

ピップ株式会社
ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、磁気の力で血行を改善しコリをほぐす磁気治療器「ピップマグネループMAX」から、女性でも着けやすい「ピップマグネループMAX 45cm」を2022年7月8日(金)よりピップ ウエルネス通販限定で発売いたします。



ピップ ウエルネス通販:https://shop.pipjapan.co.jp/shop/a/apr220708/


「ピップマグネループMAX 45cm」の発売背景

◆お客様の声に寄り添いたい
仕事や家事、育児など様々な場面での疲労感や、長時間同じ姿勢でいることで、多くの方は日常的に肩コリの悩みを抱えています。特に、リモートワークが浸透した今日では、さらに肩コリを感じている方が増えていることが考えられます。実際に20~30代女性を対象としたピップの調査では、「肩コリを感じている」と答えた女性が増加していることが判明しました<図1>。

今回新たに登場した「ピップマグネループMAX 45cm」はお客様の要望より生まれた製品です。2021年3月から発売した「ピップマグネループMAX」は、国内最大の200ミリテスラの磁力※1が広く深くコリをほぐすことで発売以降、売上予算比130.2%※2と好調に推移しています。既存のラインアップである50cm、60cmだと少し長い、というお声にこたえるべく、今回45cmの発売に至りました。

ぶれにくくフィットするサイズで、仕事や家事、育児など日常生活の中で、首にかけるだけで手軽に首・肩のコリを解消することができます。

※1 JIS規格に基づく磁束密度
※2 ピップ調べ 2021年3月~2022年3月出荷実績(金額)




消費者の声

◆45cm発売に関するご要望が多数
ピップのお客様相談室へ寄せられるお問い合わせでは「ピップマグネループMAX 45cm」の開発要望を多数いただき、今回発売を決定いたしました。ピップマグネループEX 45cmをご利用のお客様からいただいた「ひどい肩コリを解消したい」というお声や、マグネループMAX 50cmをご利用のお客様からの「短い45cmを発売してほしい」というお声から誕生。日常生活で着用シーンを選ばない「ピップマグネループMAX 45cm」は、女性の肩コリ改善に導く商品となっています。

<ご要望の声>
・「ピップマグネループMAX 50cm」だと長すぎるので、45cmの発売予定はありますか?
・肩コリがひどいため、「ピップマグネループMAX 45cm」を使用したいです。
・「ピップマグネループMAX 45cm」の発売を待望しています。


製品特長

◆つけておくだけの手軽さで、
“シリーズ最強200ミリテスラ”の強力磁力がガンコなコリを改善



・シリーズ最強200ミリテスラ磁石×55ミリテスラ磁気ループ
 55ミリテスラの磁性紛配合磁気ループに200ミリテスラの磁石を6粒内蔵したピップ独自の「W浸透磁力設計」。2種類の磁力が広く、深く浸透します。


・肌接触面積約50%削減
 ループ全体にごく細微な溝をつけることで肌との接触面積を約50%削減。さらにストレスフリーなつけごこちを目指しました。

・手軽なループ形状
 つけている間中、首回りぐるっと血行改善し、コリをほぐします。

・着脱カンタン
 着け外しがカンタンなコネクター形状。ワンタッチでつけるだけの手軽さ。


・安心設計
 無理な力がかかると外れる安心設計。万一どこかに引っかかったり、お子様が引っ張っても安心です。

・水洗い可能
 ループは水洗い可能なので衛生面も安心してご使用いただけます。お風呂にもつけたまま入っていただけます。

※温泉、海水浴、入浴剤入りのお風呂を除く。


・45cm仕様
 50cmだと長いというお声にお答えして、首周りが細い方にもつけていただきやすいサイズを新発売いたします。


【製品概要】管理医療機器






【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社お客様相談室 TEL:06-6945-4427
ピップ製品情報ホームページhttps://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップマグネループブランドサイトhttps://magneloop.pipjapan.co.jp/
Twitter公式アカウントhttps://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)