ネットサービス・アプリ 美容・健康

アドダイス、山梨県中央市および株式会社アルプス、豊前医化株式会社と共に、県民の健康寿命延伸を目指して「健康見守りAI」の実証実験スタート!

株式会社アドダイス
~独自AI技術「ソロモン・テクノロジー」による心と身体のリスク解析で、すべての人のWell-being実現へ!~

株式会社アドダイス(本社・東京都台東区、代表取締役CEO 伊東大輔)は、2022年7月以降順次、山梨県中央市、および株式会社アルプス(山梨県中巨摩郡昭和町、代表取締役社長 金丸滋)、豊前医化株式会社(山梨県中央市、代表取締役 豊前貴子)と共に、独自の特許技術「SoLoMoN Technology(以下:ソロモン・テクノロジー)」に基づく人工知能「ResQ AI(レスキューAI) 」を活用した健康見守りの実証実験を行うことを発表いたします。






「健康見守りAI」実証実験について 

1.概要
対象者の方に、腕時計型のバイタル測定機器「ResQ Band」を装着していただき、健康見守りAI(ResQ AI)で解析を行います。不調、異常がある場合は行動の促しなどにより、健康増進、健康寿命の延伸を目指します。

1)自治体:山梨県中央市
・対象 高齢者、健康に不安を抱える方
・目的 高齢者福祉増進、健康寿命延伸
・実施予定イベント 週平均3,000歩/日以下の装着者に、ウォーキング促進アラート

2)企業:株式会社アルプス、豊前医化株式会社
・対象 従業員
・目的 健康経営の実践、クラスター対策 従業員の健康意識向上、健康寿命延伸
・実施予定イベント ResQ Band装着者対象に健康イベントを実施
・実施日 7月15日(金) 株式会社アルプス / 7月21日(木) 豊前医化株式会社

2.期間
令和4年7月1日(金)から、令和4年8月31日(水)まで
※実際の開始日は自治体、企業により異なります。

3.詳細
アドダイスの健康AI「ResQ AI」は、皮膚温、血中酸素濃度、心拍数などのバイタルデータから健康状態を「観える化」するAIです。バイタルデータを解析し、不調の兆候や異常がある場合は ご本人および管理者等にアラートを出し、気づきと早期対応を促します。

今回は、山梨県中央市では、一週間の平均歩数(日)が3,000歩以下の方にウォーキングを促すアラートを、また株式会社アルプスと豊前医化株式会社では、従業員の健康意識向上を目指すイベントを実施する予定です。

病気になる前の状態(未病)にいち早く自らおよび周囲が気づき、早期対応することで健康寿命の延伸を目指します。
株式会社アドダイス 健康見守りAI 実証実験イメージ図


TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業採択を受けて実現

山梨県では、最先端技術やサービスの実証実験プロジェクト「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」を、2021年度より実施しています。2022年3月、第2期においてアドダイスの「ResQ AI」が採択されました。今回の実証実験は、この採択を受けての活動です。

<参考リンク>
山梨県プレスリリース「第2期TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業」
応募総数37社から6社を採択(2022.03.29)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000082267.html

山梨県・TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業(2022.06.23)
https://www.pref.yamanashi.jp/try_yamanashi/support.html

アドダイスプレスリリース
ResQ AIが、山梨県の「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に採択されました!
https://ad-dice.com/news/try-yamanashi-adoption/


「未病AI」で、すべての人のWell-beingの実現を目指す

アドダイスは、独自AI技術「ソロモン・テクノロジー」に基づくAI開発を通じて、社会の様々な課題解決に挑むAIスタートアップです。超高齢化が加速する今、この技術を人の健康に活かすべく、AIを活用したヘルスケア(ライフスタイル医学AI(R))の研究開発を進めています。

特に、病気になる手前の状態(未病)をAIで早期に発見し、警告を発してユーザーの健康を守る「未病AI」の実用化に向けて、いま国内外各地で実証実験を展開しています。

「健康見守りAI」はこの「未病AI」の一環であり、AIによる健康見守りとアラートでユーザーの気づきと行動変容を促し、生活習慣病を改善していくことを主な目的としています。
今後「未病AI」は、熱中症対策、認知症対策、心疾患などカバー範囲をさらに広げ、すべての人の健康寿命延伸、Well-beingの実現を目指して参ります。

以上

<参考資料>
・「ResQ AI」について
新型コロナ対策として誕生した「ResQ AI」は、クラスター対策、健康経営実践から駒を進め、すべての人のWell-being実現、健康長寿のための「未病対策」を視野に入れたAIを目指して、大学、研究機関、病院、自治体、他企業と連携し数多くの実証実験を展開中です。

ResQ AIは、国内外で数々のイノベーションチャレンジ、アクセラレータープログラム、各種プロジェクト等の採択を受けています。


・アドダイスについて
独自のAI技術「SoLoMoNテクノロジー(R)(特許6302954)」に立脚したAIソリューションで、社会課題の解決に挑戦するスタートアップです。

ResQ AIのほか、生産現場等で導入が進む画像解析AI、施設管理・空調制御AIなど、IoTによる検査・制御を自動化する自律型AI<SoLoMoNシリーズ>を展開し、社会が抱える様々な課題の解決に挑戦しています。

アドダイス独自技術<ソロモン・テクノロジー>
画像AI「HORUS AI」
半導体、フィルム、その他可視化データを監視する現場の目視判断を、ノーコードでDXする画像解析AIソリューション。生産性向上、品質向上、人手不足解消など現場の課題を解決します。

施設管理・空調制御AI「SEE GAUGE」
脱酸素時代の施設管理に。管理コスト低減、省エネ、人手不足対策、スキル継承をDX。2021年11月、横浜駅・相鉄ジョイナスで空調制御に採用。快適性向上と省エネ効果を発揮しています。

<会社概要>
株式会社アドダイス
代表者:伊東大輔 代表取締役CEO
住所:本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-4-2  IT秋葉原ビル1F 
SoLoMoN Labo 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-3-6 MKビル3F
電話:TEL 03-6796-7788(平日10:00~17:00)
設立:2005年(平成17年)
事業内容:人工知能を用いた業務管理サービスの提供・導入支援コンサルティング
関連リンク
HOME  https://ad-dice.com/
Twitter  https://twitter.com/ad_dice
Facebook  https://www.facebook.com/addice.fb/
note  https://note.com/addice
YouTube「アドダイス・チャンネル」https://www.youtube.com/channel/UCRjnphSQfoYokpCmvjAwicQ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)