デジタル製品・家電 流通

美顔器マニア必見! クレンジングだけでは落とせない開き毛穴の黒ずみ・汚れに効果がある毛穴吸引

Areti株式会社
毛穴詰まりのもと=角栓を吸い出すアレティのポアスコープ(b2007WH)。皮脂分泌が過剰な毛穴にも、30代以上のたるみ毛穴にも、使い方次第で徐々に効果が表れると口コミでも好評をいただいております。

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)はアレティ本店にてメンズにもレディースにも人気の毛穴吸引器 ポアスコープ(b2007WH)の早割りセールを実施。毛穴を引き締めたい夏こそ吸引ケアをお試しください。






ニキビ、ザラつきなど、肌トラブルの原因は毛穴詰まり



毛穴をなくしたい! 目立たないようにしたい! 不要と思われがちな毛穴ですが、奥には必ず皮脂腺があり、空気中の埃や雑菌などから肌を守るための皮脂を分泌する大切な器官です。
皮脂と古い角質が混ざり合うと角栓となって毛穴詰まりの原因となりますが、どちらも皮膚のバリアとして肌にとどまるため、トラブルのない正常な肌でも角栓は再びできてしまいます。

最初は白く目立たない角栓ですが、時間とともに酸化が進むと黒ずみ、いちご鼻やザラつき、さらにはアクネ菌の餌となって常に肌トラブルを引き起こしやすい状態に。
また、落とし切れていないメイク汚れ、乾燥によるターンオーバーの乱れ、30代、40代、50代となると加齢によるたるみ毛穴に汚れがたまることで毛穴が詰まることも多く、洗顔だけでは取り除けません。
黒ずみやザラつきをなくした肌は、スキンケアコスメの浸透がよくなり、メイクノリも違うので定期的なケアが必要です。


間違った毛穴ケアは肌への負担が倍増!



部位によって異なりますが「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成される肌の厚みは約0.6~3mmと薄く、間違ったケアはトラブル悪化のもと。シートパックやターンオーバーが正常な肌へのピーリングのように角質を無理にはがす行為は炎症やバリア機能の低下につながるため、毛穴ケアはピンポイント吸引がおすすめです。


ただし、吸引器も正しく使わないと赤みや内出血の原因となり、敏感肌は特に吸引力を低レベルに調整する必要があります。
使用頻度も週に2回、1度のケアで5分以内を目安に、ホットタオルなどで毛穴を緩ませてから使用し、アフターケアとして保冷、保湿も忘れずに。特に保湿を怠ると乾燥した肌を守ろうと皮脂が分泌され、すぐに毛穴が詰まるので要注意です。


肌をいたわる見ながら吸引で最良毛穴ケア



セルフ毛穴ケアはいかに負担をかけずに汚れのみを取り除くかがポイントです。
毛穴吸引器を選ぶ際、吸引力は弱すぎず、強すぎない50kPa前後を目安に、吸引レベルを選択でき、ヘッドのフィット感もケアに合わせて使い分けられるものがベスト。

アレティの毛穴吸引器 ポアスコープ(b2007WH)は肌質に合わせて3段階で吸引レベルを調整でき、毛穴チェック、吸引、ブルーLEDトリートメントの機能にも合わせてヘッドを変換できます。さらに、スマホと接続することで角栓も産毛も10倍ズームで見ながらケアが可能。
あえて有線接続にすることで画像が途切れずしっかり可視化できるため、ピンポイントで毛穴を狙え、肌に余計な負担をかけません。画像や動画を保存しておけば肌の変化を確認でき、モチベーションアップにつながります。

夏は汗が蒸発する際に肌が乾燥し、皮脂の分泌が増えるため毛穴が詰まりやすい季節。加えてマスク内の蒸れも毛穴を開かせる原因のとなるので、角栓が黒ずむ前にケアしてください。



snsでも話題となっているアレティの毛穴吸引器 ポアスコープ(b2007WH)。通常販売価格¥15,800が今なら早割りで¥9,800~! 8月1日以降の出荷分が最安値です。
8月1日以降出荷分の早割期間:~7月31日(日)まで
URL:https://areti.jp/products/b2007wh?prtimes0708



ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)