医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

より迅速な患者搬送を支援する救急隊向け「電話帳型病院検索サービス」をノーコードにて開発リリース。リアルタイムでの医療機関受け入れ情報確認を可能に。

シースリーレーヴ株式会社
基本機能無料、全国の救急医療施設に対応。スピーディーな検索と情報共有で救急搬送をサポート。

Essence research 株式会社様にて7月7日(木)にリリースされました医療機関での迅速な患者搬送を実現する、救急隊向け “電話帳型病院検索サービス”「Ambulance-net.JP」をシースリーレーヴ株式会社がノーコードにて開発致しました。 サービスリリースに伴い、Essence research 株式会社代表澤田様から本サービスについての”想い”を頂きましたのでご紹介致します。 Ambulance-net.JP 公式サイト:https://www.ambulance-net.jp/ Essence research 株式会社公式ホームページ:https://www.jp.essence-research.com/



※Ambulance-net.JP サービスではGoogle社の商用APIライセンスを利用してサービスを提供しています。


サービスについて



この度、救急隊向けの専門サービス「Ambulance-net.JP」をリリースしました。このサービスは全国の救急医療施設を対象とした検索型電話帳機能と、各救急隊が得た病院受け入れ体制情報を集約・可視化し共有する機能を提供し、迅速な救急搬送を実現することを目的としたサービスです。
サービスの性格上、公共的な役割があるためサービスに必須となる基本機能を無料としました。本サービスの維持は付加価値となる有償オプション機能の提供でまかない、広告や収得した情報の商用提供も行わない方針です。



開発の動機・サービスに込める想い

新型コロナウイルスが蔓延した時、医療施設のひっ迫から救急搬送先の病院選定に時間がかかり、傷病者の病状が悪化し、時には命に関わる事例が発生しました。この問題は医療の課題という面はありますが、問い合わせが効率的にできていないという事務的な側面もあります。そして、地震や集中豪雨などの災害時についても、傷病者の発生による医療需要の急増と、被災による病院からの医療提供の低下という需要と供給の不均衡が発生し、その備えとしても全国的な搬送情報共有網を構築する必要があると当社は考え「Ambulance-net.JP」を開発しました。



なぜノーコード技術を選択したのか

当社(Essence research 株式会社:https://www.jp.essence-research.com/ )はまだ創業して間もない小さな会社です。開発の資金や時間などのリソースが限られていました。また救急隊向けのサービスであることから、サービスの安定性も重視する必要がありました。ノーコード技術は最近話題となっている開発方法ですが、すでに開発済みの機能部品を使用して構築するため潜在的なバグが少なく、一からスクラッチ開発するより障害が発生しにくい傾向があります。また、既製部品の組み合わせのように開発を行えるため、短時間のリリースがしやすく、機能変更も比較的容易なため、試行錯誤が必要な新規開発に向いている技術といえます。当社は数あるノーコード開発サービスの中で、機能の豊富さとサービス提供実績から「Bubble」を採用しました。



シースリーレーヴに開発を依頼した理由

開発の依頼において当社が最も重視したのは信頼性です。いくつかの会社に開発見積もりする際に、当社が把握している開発上の技術的懸念についても問い合わせをしました。見積もりの段階にもかかわらず、当社の懸念に対して簡易なサンプルプログラムを作成し、実動による提示をしていただいたのがシースリーレーヴ様でした。

開発で最も恐れなければいけないことの1つは「開発したサービスが実用に耐えないこと」と当社は考えていますが、その最も有効な対策は「早期にユーザーへ実動例を提示すること」です。技術力と迅速な対応力に裏打ちされたアジャイル開発力を信頼して今回依頼させて頂きました。



サービスの仕様

【施設検索】


※Ambulance-net.JP サービスではGoogle社の商用APIライセンスを利用してサービスを提供しています。
※マップの表示は有料プランから利用可能
返答登録した施設には30分間、時計アイコンが表示されます。
どの施設に連絡をしたのか一目瞭然に。


【検索設定画面】



【施設情報・返答記録画面】
TOPのリストを選択、またはマップピンを選択すると施設詳細画面を表示します。
HOTLINEの登録が可能です。
「施設周辺」のボタンを押すと、施設を中心にした付近のマップが表示されます。(有料機能)
スマートフォンでの直接電話が可能です。



【返答記録】
電話での病院受け入れ状況を記録できます。記録した内容は、TOPの一覧に反映され、本サービスを利用している隊員に共有されます。
登録地域内の返答履歴を共有情報として参照搬送先選定や集計に活用できます。




運営会社

Essence research 株式会社
「本質を追求し技術を向上させ、イノベーションに挑戦し人と自然に貢献する」を企業理念として掲げ、医療分野における技術のソフトウェア化と、情報基盤の構築を主事業とし、安全で患者様や医療従事者の皆様がデータを活用できる環境を目指す。

公式HP
https://www.jp.essence-research.com/

お問い合わせ
https://www.jp.essence-research.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B



開発に込める想い

<開発者からのコメント>

救命という大変価値のあるサービス開発に携わらせて頂き、嬉しく思っております。 サービスの性質上、安定性の高さ、操作の簡易さを維持・発展させていく必要があると考えており、これからも開発者としてご支援をさせて頂けたらと思っております。
開発担当 鴨野

この度サービスのUIデザインを担当いたしました。
緊急や不測の事態が多い状況の中で、使い方に混乱があってはいけないと考え、
救急隊の方が使う事や、有料会員ではマップ情報を使える事から、利用経験が多いであろうGoogleマップのデザインに寄せて、デザインいたしました。
情報伝達が速やかに行われ、多くの救命対応のお力になれたら光栄です。
デザイン担当 長田


シースリーレーヴではwebサービスやスマホアプリなど様々なサービスをノーコードで開発しております。実績多数、「こんなサービスを作りたい」「開発は可能か?」など、どんな小さな事でも、ご興味をお持ちいただけた企業様やメディア関係者様は、ぜひご相談ください。



会社概要

シースリーレーヴ株式会社では、期待を超えた先にある「感動」を届けられるサービスにこだわっています。
そのために、お客様・ユーザーの期待を超えた品質、速度、技術力を提供したいと考えています。
私たちのサービスを通じて、「喜び」「幸せ」を広めていく。

「喜び」「幸せ」に溢れた社会になることに貢献していきます。
企画から開発、運用を行い、ノーコードツールを使った開発やシステム開発も提供しています。また受託開発だけではなくレベニューシェア型での開発提供しております。
アイデアを形にしたい企業様、お気軽にご連絡をお待ちしております。
https://www.c3reve.co.jp/contact

会社名:シースリーレーヴ株式会社
所在地:東京都港区赤坂1丁目5-12 第二虎ノ門ビル3階
事業内容:Webサービス及びアプリ開発、ノーコード開発
代表取締役CEO:空野 正輝
URL:https://www.c3reve.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)