食品・飲料 外食・中食

ザクザク食感の味噌で大人気の「809MISO」シリーズ。第三弾は、コクが味わいを深くする「バーニャカウダ風ソース」新発売

ヤマク食品株式会社
業界初!ザクザクした食感が楽しい「味噌」。料理にかける・あえるだけで、おうちがカフェに!

ヤマク食品株式会社(代表取締役:久次米貴史 本社:徳島県板野郡)は、「809MISO」シリーズ第三弾として、2022年7月12日より【809MISO バーニャカウダ風ソース】を発売いたします。 「809MISO」シリーズは、かけるだけで簡単・便利に使えるので、忙しい方々にも使いやすい商品です。 今回は赤味噌をベースにした「バーニャカウダ風ソース」。野菜にかけるのはもちろん、肉や魚をはじめ、あらゆる料理にかけるだけで、普段のおうちごはんが、ちょっと贅沢、おしゃれなカフェごはんに変わります。 毎日がさらに美味しく、楽しくなる商品です。


809MISO バーニャカウダ風ソース
商品の特長
・料理にかけるだけで、簡単に一品が出来上がるので、忙しい人たちにもピッタリ
・普段の料理も、オシャレな「おうちカフェごはん」へグレードアップ。朝昼晩、シーンを選ばず使えて便利
・老若男女に注目されている発酵食品の代表格「味噌」の新商品。明治27年創業から一世紀以上の老舗
・伝統を守りながら、時代に合わせた商品を開発し続けている味噌会社が提案する「新しい味噌の食べ方」
・パン・パスタ・サラダ・肉・魚など幅広い相性で使える味噌調味料


809MISO バーニャカウダ風ソース×ローストポークのクロワッサンサンド
809MISO バーニャカウダ風ソース×鰯のオーブン焼き
809MISO バーニャカウダ風ソース×タコとオレンジのハーブマリネ


開発の背景
日本の伝統発酵食品である「味噌」。その歴史は長く、お味噌汁など日本人の毎日に欠かせないものとして親しまれてきました。当社は、明治二十七年の創業以来、一世紀以上にわたり、味噌と真摯に向き合い、素材と丁寧な作りにこだわり、味噌の素晴らしさを日本中に伝えてきました。

味噌は日本人に欠かせない素晴らしい食であり、多くの人に食べていただきたいという強い気持ちを持ち続けています。しかし残念ながら、最近は若い人を中心に、日常的には味噌をあまり食べないという人が増えてきたように思います。健康にも良く、美味しいからこそ、味噌をもっと食べて欲しい。味噌を食べて喜んでいる瞬間を増やしたい。そのために、若い人とたちの現代のライフスタイルにも合った形で、味噌の良さを伝えられないかと日々模索しておりました。

そして出来上がった新商品が「809MISO」シリーズです。

シリーズ第一弾商品として2021年9月14日に【809MISO 味噌と花椒のゴマ油】【809MISO 味噌とナッツ&クルトン】
同年12月14日に第二弾商品として【809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング】【809MISO 白味噌とチーズのシーズニング】を発売いたしました。
第一弾・第二弾商品は、多くの方にご好評いただき、一時完売状態となりました。

ご好評を受け、さらに第三弾商品の発売となります。
これまで、味噌はそのままの「ペースト状」か乾燥させた「粉末状」のものしか、ほぼありませんでした。
809MISOシリーズは、「ペースト状」でも「粉末状」でもありません。まず味噌をフリーズドライにします。粗く砕くことにより、ザクザクした新食感を楽しめるものが第一弾商品。
細かく砕くことで、どんな料理にも対応できるよう幅広く使えるようにしたものが第二弾商品。
今回の第三弾商品はコクのある赤味噌を粗く砕いたザクザク食感のものをコクがあるバーニャカウダ風にアレンジしました。

809MISOはご飯、パン、パスタや肉・魚料理、サラダにかけるだけで、普段のお料理が、ちょっと贅沢なオシャレな「おうちカフェごはん」へと、簡単にグレードアップします。これまでなかった”新しい味噌”の形。時短・簡単・便利・オシャレな新機軸の味噌商品です。
「809MISO」シリーズ

商品情報
商品名:809MISO バーニャカウダ風ソース


809MISO バーニャカウダ風ソース
名称:味噌調味料
原材料:食用オリーブ油(スペイン産)、味噌(国内製造(大豆(分別生産流通管理済み)、米、食塩))、フライドオニオン(オニオン、食物油)、アンチョビ油漬け、ガーリック、砂糖
内容量:100g
賞味期限:6ヶ月
発売日:2022年7月12日
価格:730円(税別)
商品ページ(http://www.yamaku.co.jp/809miso/#/
販売詳細
ヤマク.net(https://www.yamaku.net/
近日、Amazon出品予定
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)