自動車・バイク 医療・医薬・福祉

7月21日 SIP-adus 第3回 「自動運転 Live ニュース」を配信

SIP cafe運営事務局
「高齢家族の移動と向き合う -視野障害や認知機能低下にみられる高齢者の運転問題-」

内閣府が実施する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」(以下「 SIP-adus」)では、自動運転に関するホットトピックについて毎月ライブ配信する「自動運転 Live ニュース」を、2022年5月より全10回の予定で実施しています。SIP-adusではこれまでにも自動運転に関する社会的受容性醸成を目的に様々なテーマについて専門家を招いたセミナーを行ってきましたが、最終年度となる2022年度は、今後のモビリティ社会の担い手となるZ世代を含め幅広い方々にご覧いただけるよう、ユーザー視点や若い世代の視点を一層意識した企画を予定しています。


第3回のテーマは「高齢家族の移動と向き合う -視野障害や認知機能低下にみられる高齢者の運転問題-」。まだ知らない人も多い「視野障害と運転」の問題について、運転行動との関わりや早期発見の重要性、運転支援技術による支援の可能性などについて、視野障害研究の第一人者である高橋政代氏から解説頂きます。また、高齢者の運転問題には認知症などの認知機能低下も大きく関わります。高齢者の運転可否を複合的に判断する総合データベースの活用、運転断念者のケアに関する取組などについて、堀川悦夫氏からお話をいただきます。
後半では若手論壇を招いた座談会を行い、一般の方にも分かりやすくお伝えします。また、配信中は視聴者の方々からの質問も受け付けます。
<本企画は内閣府戦略的イノベーション創造プログラム SIP) 第 2 期 自動運転(システムとサービスの拡
張)/国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) 委託事業です。>
【お申込みはこちら】
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_Gt6LvLZ7RdOx1GFH2ASzUQ
【パンフレットはこちら 】

PC版
https://www.sc-abeam.com/and_mobility/wp/wp-content/uploads/2022/07/b48cd26cafc829a23249c8c70740498c.pdf
スマートフォン版
https://www.sc-abeam.com/and_mobility/wp/wp-content/uploads/2022/07/f97673c85805a22f96eca828efbaab0e.pdf

【開催概要】
1. 日時: 2022 年 7 月 21 日( 木 18:00 19:30 (オンライン視聴のみ
2. テーマ: 「高齢家族の移動と向き合う -視野障害や認知機能低下にみられる高齢者の運転問題-」
3. プログラム・ 登壇者
 第 1 部:プレゼンテーション および Q&A
 ・ 高橋 政代 氏 /(株)ビジョンケア 代表取締役社長
 「気付かない視野障害と運転」
 ・ 堀川 悦夫 氏 / 福岡国際医療福祉大学 医療学部 教授
 「運転可否判断と運転リハビリテーション -モビリティをつないでいくために-」(仮)
 第 2 部:座談会
 ・ 高堰(たかせき) うらら 氏 / オモテテ株式会社 CEO
 ・ 嶂南(やまなみ) 達貴 氏 / scheme verge株式会社 CEO
 ・ 北条 かや 氏 / ライター
 メインパーソナリティ
 □ 清水 和夫 氏 / SIP-adus サービス実装推進WG構成員/国際自動車ジャーナリスト)
4. ご参加方法
こちらからZOOM視聴登録をお願いいたします(無料)。視聴用URLをメールでご案内します。配信直前まで受付いたします。
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_Gt6LvLZ7RdOx1GFH2ASzUQ
尚、本件について記事を掲載いただける場合は、事後でも結構ですので以下担当までお知らせください。
 株式会社住商アビーム自動車総合研究所(担当:苦瀬(くせ))
 E-mail:scab-sympo@sc-abeam.com
 TEL: 070-3625-6584
5. 登壇者プロフィール

□ 高橋 政代 氏
1986年京都大学医学部卒業。1992年京都大学大学院医学研究科博士課程修了。京都大学医学部助手を経て1995年にソーク研究所研究員となり、ここで網膜治療に幹細胞使用の可能性を見出す。2006年に理化学研究所へ。滲出型加齢黄斑変性に対する自家iPS細胞由来網膜色素上皮シート移植に関する臨床研究を開始し、2014年9月に第一症例目の移植を行い、2017年3月には他家iPS 細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液による移植を行った。2018年にSIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)の研究を開始。2019年8月より株式会社ビジョンケア代表取締役社長。


□ 堀川 悦夫 氏
東北大学医技短大部助教授、ミシガン大学客員研究員、東北大学医学部助教授、佐賀大学医学部教授、(公財)交通事故総合分析センター特別研究員を経て、2022年より福岡国際医療福祉大学医療学部教授。臨床において、高齢者の認知機能検査を主に担当しながら、運転シミュレータ評価、実車運転の車両挙動解析をもとに、運転リハビリテーション、モビリティ支援開発などに取り組む。特に日常生活場面での脳機能評価と臨床実践法を研究し「多元的運転可否判断総合データベース」を開発・運用している。元・長距離トラックドライバー。


□ 高堰(たかせき) うらら 氏
オモテテ株式会社CEO。東京大学大学院・工学系研究科 博士課程在学中。他、NPO法人Your School副理事長・共同設立者。一般社団法人アンカー代表理事・CSO。世界196カ国から2,000人以上の若い次世代リーダー達が集まる世界最大級の国際会議「 One Young World (OYW) 」の日本代表 (2014,2017, 2018) 。



□ 嶂南(やまなみ) 達貴 氏
2015年に東京大学工学部を卒業後、同大学院の研究プロジェクトやライドシェア企業などで分析業務に携わる。2016年より内閣府戦略的イノベーション創造プログラム (SIP adus) における社会的受容性調査に参画し、自動運転及びプラットフォーム戦略の展開を踏まえた自律分散型都市を構想。2018年7月scheme verge株式会社を設立。



□ 北条 かや 氏
ライター。経営者や著名人へのインタビュー、企業オウンドメディアやDXに関する取材・記事作成、イベントレポート執筆などを手掛ける。SIP-adus関連では、ウェ ブサイトSIP cafeで記事執筆のほか、2021年3月に開催された「SIP第2期自動運転 中間成果発表会」にてナビゲーターを務めた。



□ 清水 和夫 氏
武蔵工業大学電子通信工学科卒業。現在は自動車ジャーナリスト・神奈川工科大学特別客員教授(自動車運動理論)。1972年より免許を取得し、50年間で約200万キロを走破。内外のレース経験を通じて、その豊富な運転キャリアを生かして、運動理論や安全環境技術を中心に多方面のメディアで活動。自らYouTubeを主宰。SIP-adus以外でも自動運転や安全技術政策の政府委員に参加。


6. 関連リンク
・自動運転社会を考えるコミュニティ「SIP-café ~自動運転~」のホームページはこちら
 https://sip-cafe.media/
・「SIP 自動運転(システムとサービスの拡張)」のホームページはこちら
 https://www.sip-adus.go.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)