美容・健康

エイジングケアクリームで「肌内側からのハリ弾力実感」と「べたつき軽減」を両立

ポーラ
ポーラ化成の独自成分Mal2Farを活用

ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担うポーラ化成工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長: 釘丸和也)は、ハリ弾力を感じさせる油剤の高配合と、それによる不快なべたつきを克服することに成功しました。この知見は今後、ポーラ・オルビスグループの商品やサービスに活用されます。



ハリ弾力を感じる感触のためにハリ弾力を与える油剤の高配合と浸透性に着目

エイジングケアクリームには、ハリ弾力を感じられる使用実感が求められます。ハリ弾力の実感を与えるのに効果的な素材の一つに、ねっとりとした油剤(以下、ハリ油剤)があります。こうした油剤は、長い分子同士が絡まりあって粘弾性をもつことから化粧品に配合するとハリ弾力実感が高まります。しかし、肌表面にハリ油剤が残ることで不快なべたつきに繋がります。
そこで、乳化を工夫することで 1.ハリ油剤を多量に配合しハリ弾力実感を高めつつ、2.角層への浸透性を高め、肌表面に残るハリ油剤を減らすことでべたつきを軽減したいと考えました。



独自の「Mal2Far」でハリ油剤の高配合と角層への浸透性アップに成功

これまでにポーラ化成工業では、高い乳化力と、細胞間脂質の構造に働きかけ角層への浸透を促進する作用を併せ持つ独自成分「Mal2Far」を開発し、さまざまな目的で活用してきました※1。本研究でも、ハリ油剤の乳化にMal2Farを用いることで、多量のハリ油剤を配合した新製剤を開発することに成功しました。また、油剤の浸透力が向上することも確認できました(図1)。
この技術により、肌内側からのハリ弾力向上とべたつきの軽減効果が期待できます。
※1 関連リリース:「『乳化力・保水力・浸透力』一人三役、環境にも優しい独自成分を開発」(2020年6月30日)
http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20200630_01.pdf



高いハリ弾力実感とべたつかない快適感触を実現

ハリ弾力とべたつき軽減の効果を計測及び官能評価をしました。機器を用いたハリ弾力計測では、Mal2Farを用いたクリーム製剤(新製剤)は、従来製剤に比べて肌の弾力を向上させる効果に優れていることが確認できました(補足資料1)。人工皮革を用いたべたつきの計測においても、従来製剤に比べて軽減することが確認できました(図2)。
さらに30~40代の専門評価者23名による官能評価で、8割以上の評価者が新製剤単体の評価で「塗布部位にハリ弾力が感じられ、なおかつべたつきがない」と判定しました。また従来製剤と比べた評価では7割以上が「塗布部位にハリ弾力が感じられる」「べたつきが軽減した」と判定しました。
よって、新製剤は肌内側からのハリ弾力向上とべたつきの軽減効果を両立でき快適な感触であることが確認されました。ポーラ化成工業では今後も、お客様のニーズにこたえる新技術の開発を行っていきます。



【補足資料1】ハリ弾力計測について

新技術を搭載したクリーム製剤(新製剤)の使用前後における肌の弾力変化を、振動数(Hz)を指標に肌の弾力を評価できるヴィーナストロンを用いて評価しました。
計測の結果、新製剤を塗った肌はハリ弾力がアップすることがわかりました(図3)。
Mal2Farを用いた新製剤は、角層の細胞間脂質に作用し、ハリ油剤が浸透することで、肌のハリ弾力向上につながったと考えられます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)