美容・健康

ファンケルが7月14日を「内臓脂肪の日」に制定

株式会社ファンケル
株式会社ファンケルは、7月14日を「内臓脂肪の日」とすることを一般社団法人 日本記念日協会(所在地:長野県佐久市、代表理事:加瀬清志)に申請し、記念日として正式に登録認定されましたのでお知らせいたします。


 「令和元年国民健康・栄養調査※」によると、男性の約3人に1人、女性の約5人に1人が肥満(BMI25以上)であると言われています。高めのBMIに対するサプリメントの市場は伸長傾向にあり、当社の調査では、約5人に1人はサプリメントや健康食品で対処したいという意向があることが分かっています。
 ※令和元年国民健康・栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000687163.pdf

 そこで、高めのBMI対策サプリメントの認知をさらに拡大させ、健康寿命の延伸に貢献するべく、このたび7月14日を「内臓脂肪の日」に制定しました。
 今後も「内臓脂肪の日」をきっかけに、当社の機能性表示食品「内脂サポート」と併せて、おなかの脂肪を減らすことの重要性を伝えてまいります。


(参考)機能性表示食品「内脂サポート
「体重・体脂肪を減らすことで高めのBMIを改善する」ことに加えて、 「おなかの脂肪を減らす」ことにアプローチする機能性表示食品です。配合される成分ごとに、適切な場所で溶け出るように設計した独自技術「バリア&リリース製法」により、体内への吸収まで考えられています。


■価格(税込):3,888円<本体価格:3,600円>
■販売チャネル:通信販売、直営店舗、一般流通
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)