教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

五輪金メダリスト 高木菜那氏が引退後、大阪にて初講演!医療・スポーツ分野のプロを目指す学生に伝えた「トレーナーとの関わり、仕事の魅力」

学校法人 日本教育財団
医療・福祉・スポーツ業界で活躍する医療人を育成する専門学校 大阪医専(大阪府)は、7月4日に五輪2大会で金メダル2つ、銀メダル1つを獲得したスピードスケート選手、高木菜那さんによる特別講義を開催しました。




『トップアスリートを支える医療従事者、トレーナーに必要なこと』をテーマに、オリンピックやナショナルチームでのご自身の体験を中心に、スケート界のトレーナー体制やケガをした選手を支える心構えなどをお話いただきました。以下、受講した学生の学科一覧。





学生から「私たちはチーム医療の大切さを日々学んでいますが、チームメイトと息を合わせるためにしていたこと」などの質問について、1問1問丁寧に答えていただきました。最後に、これから医療従事者・スポーツトレーナーを目指す学生にむけメッセージをいただきました。
「私にとってトレーナーはすごく大切な存在です。皆さんが目指すトレーナーは相手を笑顔にさせ、幸せにすることができる職業だと思います。辛くなったら、どうしてその夢を目指し始めたのか思いだし、これからも頑張っていってほしいです。」学生たちは高木菜那さんの言葉に刺激を受け、いつかオリンピックの大舞台でトップアスリートを支える医療・スポーツ分野のトレーナーを目指します。






大阪医専



大阪医専は、大阪駅駅から徒歩9分にある医療・福祉分野の専門学校です。本学は臨床・看護・歯科医療・リハビリテーション・東洋医療・スポーツ・医療情報・福祉の7分野を統合的に網羅し、隣接領域も複合的に学ぶことができる、新時代にふさわしい画期的な教育構想のもとに設立されたコ・メディカルの総合校です。
大阪医専 :https://www.iko.ac.jp/osaka
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)