ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

アナムネ、子宮頸がん予防啓発のため「オンライン子宮頸がん相談」をリリース

株式会社アナムネ
株式会社アナムネ(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:菅原 康之、以下「アナムネ」)は、2022年7月14日より、子宮頸がんの予防啓発のため「オンライン子宮頸がん相談」を開始いたします。



    (上記:子宮頸がん相談ランディングページ https://anamne.com/clinic/cervical-cancer



オンライン子宮頸がん相談とは


「オンライン子宮頸がん相談」は、20~30代の女性のために、子宮頸がんについての正しい知識の身に付けてもらい、子宮頸がんの早期発見・早期治療を啓発することを目的に、「知る」「調べる」「相談する」「コミュニティに参加する」の4つのコンテンツをまとめた子宮頸がんに不安を感じたときのポータルサービスです。



「オンライン子宮頸がん相談」のリリース背景


1.HPV(ヒトパピローマウイルス)はとてもありふれたウイルスで、女性の多くは一生に一度HPVに感染するため、正しい知識を身に着けておくことが重要:
HPVは、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。HPVの感染によって、一部の人は子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。日本では年間に約1.1万人が子宮頸がんにかかり、年間約2,900人が亡くなっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。


2.がんの中では進行は遅いが、発生部位が子宮の入り口部分のため、医師による定期健診で早期発見・早期治療が有効な手立てである:

子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生します。子宮の入り口付近に発生することが多いので、婦人科の診察で観察や検査がしやすく、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要です。


3.適切なタイミングでHPVワクチンを接種することで、高い予防効果を得られる子宮頸がんにつながる:
HPVの感染は、HPVワクチン接種で防ぐことができ、それにより子宮頸がんの原因の50~70%を予防することができます。HPVワクチン接種公費で受けることが可能で、今年4月より、約8年ぶりに積極推奨となったことで、多くの自治体が対象者に向けて予診票を送付し、接種を受けてもらうように促されるようになっています。世界保健機関(WHO)も接種を推奨しており、2020年11月時点で110カ国において公的な接種が行われ、カナダやイギリス、オーストラリアなどの接種率は約80%以上となっています。


4.自治体によっては検診やワクチン接種を無料で受けられる:
「令和4年度に小学校6年生から高校1年生になる女子」は、公費接種対象者となっており、この年齢の女子には各自治体より予診票が配送されます。また、積極的接種勧奨が差し控えられていたために、公費での接種を受けられなかったり、公費での接種逃したりした方向けに、「キャッチアップ接種」も実施されています。


5.不安・疑問を感じた時に定期健診や婦人科を受診するハードルを下げることが有効:
当社が運営するオンライン医療相談サービスは20~40代の女性に多く利用されておりますが、当社のサービスでも、子宮頸がんに関する相談が年々増加しており、子宮頸がんの発症予防・重症化予防により一層の啓発活動が必要だと感じております。アナムネオンライン医療相談は24時間365日、女性医師が対応する医療相談サービスのため、女性利用者にとっても安心して利用できるサービスとなっているので、気軽に相談することで、診療機関の定期健診を促進することに貢献し、子宮頸がんの早期発見・早期治療に資すると考えております。



サービス概要


・Anamneオンライン子宮頸がん相談:https://anamne.com/clinic/cervical-cancer
・各コンテンツの利用料:
・「知る」:無料
・「調べる」:無料
・「医師へ相談する」:月額980円
・「コミュニティへの参加」:無料



サービス詳細


1.「知る」:子宮頸がんについて正しい知識を学ぶ
子宮頸がんについての正しい知識を分かりやすい図やイラスト入りの解説記事により、子宮頸がんとその予防方法についての正しい知識を学ぶことができます。

2.「調べる」: 子宮頸がんワクチン接種、子宮頸がん検診ができる診療機関を調べる
子宮頸がんワクチン接種、子宮頸がん検診ができる最寄り診療機関を探すことができます。

3.「医師に相談する」:女性医師に相談し疑問・不安を解消する
子宮頸がんおよびその予防方法・治療方法など、医療的な不安や疑問を、オンラインチャットにて女性医師に相談することができます。

4.「コミュニティへの参加」: 子宮頸がん患者の実体験を知る
子宮頸がん患者の実体験を知り、自分自身が子宮頸がんの治療を受ける場合や治療後の生活などについてユーザー同士で相談できるコミュニティ機能です。自分自身の体験を投稿することで、同じような疑問や不安を抱えた人々のサポートとなる情報を提供できます。



オンライン病院 連携パートナー募集中


「アナムネ」では、本プロジェクトのようなオンライン病院との連携をご希望の保険企業・製薬企業・ヘルスケアサービスやメディカルサービス提供企業、女性向けサービスを運営する企業などを募集しております。ご興味のある方はこちらよりお問い合わせください。


<お問い合わせ先:オンライン病院 連携パートナー>
https://anamne.com/inquiry/今後もアナムネでは、サービスの利便性向上に取り組むとともに、順次、提供サービスの幅を拡げてまいります。



株式会社アナムネ 会社概要


アナムネは、「すべての健康不安をなくし、誰もが全力で『やりたいこと』に取り組み続けられる世の中をつくる」のビジョンを掲げ、ITの力を活用して、女性医師の知識経験を誰もが活用出来るヘルスケアサービスをつくり提供する会社です。

病気や医療・健康に関して、女性医師にスマホやPCからチャット形式で直接相談ができる「オンライン医療相談サービス」、「オンライン診療サービス」を基盤としたオンライン病院「Anamne」、疾患別コミュニティを基盤としたオンライン患者会プラットフォーム「clila(クリラ)」、在宅健康診断サービス「おウチで健康チェック」など複数のメディカル・ヘルスケアサービスを展開しています。

・ 会社名:株式会社アナムネ
・ URL :https://anamne.com/about/
・ 所在地:東京都中央区日本橋1丁目13番1号 日鉄日本橋ビル3階 WAW日本橋
・ 設立年月日:2014年9月9日
・ 代表取締役CEO:菅原康之

<アナムネのサービスラインナップ>
・Anamneオンライン医療相談  https://consult.anamne.com/
・Anamneオンライン診療サービス https://anamne.com/clinic/
・オンライン患者会プラットフォーム https://clila.anamne.com/


---------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社アナムネのプレスリリース/社内広報一覧】
・公式Website:https://anamne.com/news/
・PRTimes:https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/27080
・公式note:https://note.com/anamne_co/
---------------------------------------------------------------------------------------

【本リリースに関するお問い合わせ先】
担当者:筧 ひろ子
TEL:03-6868-3306
Email:pr@anamne.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)