医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

治験情報インフラを展開する株式会社Buzzreach、がん患者に向けた~5団体とのITネットワーク連携による、がん領域(オンコロジー)の治験情報提供を開始~

バズリーチ
製薬企業と患者を直接つなぐ治験情報インフラを展開している株式会社Buzzreach(本社:東京都品川区、代表取締役:猪川 崇輝)は、がん領域(オンコロジー)の治験情報の提供を4月以降に開始いたします。下記、5団体のがんに特化したサービスや情報提供を行う患者支援団体、患者会、がん特化ウェブメディアやSNSアプリ運営企業と業務提携をおこない、API※連携で当社に製薬企業より登録される治験情報を提供し、IT連携することで、より多くのがん患者やその家族に治験情報が届けられるようになります。


現在、がん治療薬は各製薬企業が進める開発品目の中心にあります。平成30年度のPmda(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)報告※※では全764本の治験届けのうち、343本が抗悪性腫瘍薬となっており、製薬企業と患者の双方のニーズが高まっております。当社が提供する治験情報マッチングプラットフォーム「smt (エス・エム・ティ)」ではこれまで、中枢神経系や希少疾患、小児疾患を中心に治験情報を提供しておりましたが、この度、がん領域の治験情報を新たに加えることで、製薬企業と患者、治験に携わっていない医師などに向け、不足している治験情報ニーズに合わせた情報提供の拡大をおこなってまいります。

※API:Application Programming Interfaceの略称で、あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約。
※※Pmda(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)報告 https://www.pmda.go.jp/files/000230480.pdf

【がん特化ネットワーク連携先】
・がんと闘う患者と家族のための情報サイト「がん治療」新時代WEB (https://gan-mag.com/)
 カサヰキカク(所在地:東京都品川区、代表:笠井 篤)
・がん治療に関する専門情報とコミュニティサイト がん治療.com (https://www.ganchiryo.com/)
 GH株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:衛藤 史貴)
・全国700万人のサバイバーが ”希望と共に生きる”ことのできる社会をつくることを使命とする
 がんサバイバー・クラブ (https://www.gsclub.jp/)
 公益財団法人 日本対がん協会 (所在地:東京都中央区、会長:垣添 忠生)
・女性のがんに直面する人同士 想いと経験を共有するコミュニティ・サービス Peer Ring(ピアリング)     ( https://peer-ring.com/)
 株式会社リサ・サーナ (本社:神奈川県横浜市、代表:上田 のぶこ)
・がん専門医によるセカンドオピニオンサービス Findme(ファインドミー) (https://www.findme.life/)
 リーズンホワイ株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役:塩飽 哲生)

*今後も「がん特化ネットワーク連携」を拡大していく予定です。お問い合わせは、弊社までご連絡ください。

【サービスの展開図】


■Buzzreachの事業内容


・治験情報発信プラットフォーム「puzz(パズ)」について (http://www.buzzreach.co.jp/lp/puzz)
puzzは、製薬企業が主体となり治験情報を登録・公開・管理し、治験情報を必要とする患者さんやご家族に向けて情報を提供、治験実施医療機関とのマッチング、参加申し込みまでをオンラインで完結できる製薬企業・研究者および医療機関向けのプラットフォームシステムです。



・治験情報マッチングプラットフォーム「smt(エス・エム・ティ)」 につ
いて (https://www.searchmytrial.com/)
smtは、新しい治療法や治療薬の情報を求める患者さんやご家族と日本にある全ての臨床試験情報をウェブ上でマッチングするサービスです。ご自身やご家族の環境や状況に合った治験情報だけでなく、近隣で、どの医療機関が該当する治験を実施するのかを知ることができます。製薬企業によってsmtに公開された治験情報は、治験実施医療機関の選択、参加申し込みまでをオンラインで完結できます。


・“新薬の早期承認を支援する”患者(被験者)向け治験管理アプリ「スタデ
ィ・コンシェルジュ」について(https://www.buzzreach.co.jp/lp/msc/)
「スタディ・コンシェルジュ」は、治験参加患者に寄り添ったリアルタイムのコミュニケーションにより、治験参加患者の不安を和らげ、効率的に有効データを得ることで治験中止リスクを軽減し、”新薬の早期承認を支援する”業界初の画期的なアプリです。治験参加患者の治験薬の服薬忘れや飲みすぎを防ぎ、治験コーディネーター※※※(CRC:Clinical Research Coordinator)のサポート的な役割を担う治験管理アプリです。
※※※治験コーディネーターとは、製薬企業などによって開発された新薬が実際の薬として使用されるために必要な治験を含めた臨床研究を行う際に、医療機関や製薬会社、患者の間に立ち、スムーズに進行するようサポートするスタッフ。


・smtの登録情報とインフラを活用した「smt APIサービス」について
治験情報マッチングプラットフォーム「smt(エス・エム・ティ)」では、治験情報の公開から実施医療機関への応募までワンストップで行えるインフラが整っており、自社のコーポレートサイトにペイシェントセントリシティの一環として、患者さん向けに治験情報を公開したい製薬企業や患者会などへ、当社のsmtの公開情報とインフラを提供できるAPIサービスです。


■会社概要
【会社名】株式会社Buzzreach
【代表者】代表取締役 猪川 崇輝
【設立】2017年6月23日
【所在地】東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前
【ホームページ】https://www.buzzreach.co.jp/
・臨床試験に関わるプラットフォームシステム(SaaS)の開発及び販売
・インターネットを利用した臨床試験情報・医療情報マッチングサービス
・臨床試験・製薬・ヘルスケア分野のグローバル企業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業務
・臨床試験被験者の募集に関する支援業務、臨床試験・ヘルスケア関連のスマートフォン及びパーソナル
 コンピューター向けアプリケーションソフトウェアの開発および販売
・インターネットを利用した患者向け医療・ヘルスケア特化型SNSサービス
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会