美容・健康

CBD専門店Naturecan/ネイチャーカンが、NPO日本もったいない食品センターより感謝状を授与されました

Naturecan株式会社
CBD専門店Naturecanは、この度NPO日本もったいない食品センターより感謝状を授与されました

・Naturecanは、食品ロスをなくす取り組みの一環として食品寄贈を行っています ・生活困窮者への支援と食品ロスを無くす活動を行う日本もったいない食品センターより感謝状をいただきました ・食品ロスゼロを目指して活動してまいります ・CBD専門店Naturecanサイトはこちら(https://www.naturecan.jp/)



CBD専門店Naturecanの食品ロスを無くす取り組みに対して、この度感謝状を授与されました

CBDオイルをはじめ、CBDスナックなどさまざまなCBD製品を販売しているNaturecan(https://www.naturecan.jp/)では、以前より食品ロスを無くすための活動を行ってまいりました。この度、製品の寄贈に対し、NPO法人日本もったいない食品センターから感謝状を授与されましたのでご報告させていただきます。


日本もったいない食品センターとは
主に事業者から食品衛生上問題のない廃棄予定品を引き受け、ecoeatでの販売、慈善団体/生活困窮者への支援で消費する直接的な食品ロス低減と食品に関する知識を広める為の啓発活動(取材/講演/ecoeat店頭での説明)によって間接的な食品ロス低減活動をしています。
公式サイト:https://www.mottainai-shokuhin-center.org/




NaturecanのCBDクッキー、CBDチョコレートなどを寄贈

今回Naturecanは、CBDクッキー、CBDチョコレート、CBDナッツバターを寄贈しました。消費期限が近いといった理由で食べ物を無駄にしてしまわずに済んだことを非常に嬉しく思っています。


農林水産省の発表によると、世界では9人に1人が栄養不足という現状にあるそうです。CBD業界をけん引するグローバル企業として、健康を発信する企業としても、今後も食品ロスを無くす取り組みを継続していきます。


CBD専門店Naturecan


Naturecanは、2019年5月にマイプロテインの元CEO Andy DuckworthとPaul Finneganによって英国・マンチェスターで設立されたCBDブランドです。設立から3年で、販売地域を世界60カ国へと拡大しています。







Naturecanの全てのCBD製品は、複数の第三者機関による6段階の品質テストが実施されており、THCフリー、GMOフリーなど確かな品質が保証されています。ヘンプの生産から製品の品質までNaturecanで管理を徹底し、サプライチェーンの透明性を確保することで、お客様に自信を持って安心安全な製品を提供しています。



会社概要

会社名:Naturecan株式会社
代表取締役:ショーオン・ハインドリー・アディソン
お問い合わせ:support-jp@naturecan.com
Instagram: @naturecanjp
Twitter:@NaturecanJP
楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/naturecan/


過去の記事はこちら

■待望の使い捨てCBDべイプペン、電子タバコ用カートリッジが新発売!CBD専門店Naturecanの40%CBD×CBNハイブリッドリキッド★☆
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000083735.html
■【日本初出店!】CBD専門店Naturecanネイチャーカンが福岡・東京にて日本初のポップアップ出店を行います!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000083735.html
■【コラボ商品発売】CBD専門店Naturecanが、世界的ネオンサインブランドNeonBeachとコラボネオンサインを限定発売!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000083735.html
■【取り扱い開始】CBD専門店Naturecan(ネイチャーカン)の取り扱いがコスメショップnewmeオンラインストアにてスタートしました!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000083735.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)