インテリア・雑貨 広告・マーケティング

ウィズコロナ・アフターコロナ時代、部活動の応援に変化は?応援中、気になる身体的な悩みは?「夏のスポーツ応援に関する調査」

グラフィコ
 株式会社グラフィコ(代表取締役社長CEO:長谷川 純代)は、2022年7月6日(水)~7月7日(木)に部活動・クラブ活動団体に所属するお子様をお持ちの男女550人を対象に、「夏のスポーツ応援に関する意識」をインターネットリサーチにて実施いたしました。


リリース全文はこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d9939-20220714-ade91bf1238b939193ba509d9cb4ec7d.pdf





調査背景


 コロナに関する規制緩和が増え少しづつ日常の風景が取り戻されている中、学生の部活動、クラブ活動もコロナ下以前の環境に戻りつつあります。ウィズコロナ・アフターコロナと呼ばれている中、保護者の「応援」にどのような変化が起きているのか調査を行いました。



調査概要


(1)調査方法:インターネット調査
(2)調査対象:国内在住,既婚(子あり)男女,20~60歳
(3)有効回答数:536人
(4)調査実施日:2022年7月6日(水)~ 7月7日(木)



TOPIC


【アフターコロナによって応援環境はどう変わった!? 】

・お子様の部活・クラブの「応援に行けている」70.9%

・応援の仕方は?「声援は自粛。拍手のみ」52.1%

・理想の応援の仕方は?「声援と拍手で応援したい」45.1%

・お子様の部活・クラブへ「応援に行く気はない」「わからない」44.2%

【夏の応援。気になる身体的な悩みは? 】

・ご自身が応援中、気になる身体的な悩み。全回答の約30%が「ニオイ」にまつわる悩みと回答

♦引用・転載時のクレジット表記のお願い
本内容の転載にあたりましては、「フットメジ調べ」クレジットを付記の上ご使用いただきますよう、お願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ウィズコロナ・アフターコロナの時代、応援環境はどう変わった!? 】


【Q1】お子様が所属している部活・クラブ活動での「保護者の応援」に関してあてはまるものを教えてください(単一回答) n=536



70.9% が「応援に行けている」
現在のお子様の部活・クラブ活動への応援観戦に関して一定の制限はあるものの約7割の方が応援に行けていると回答。保護者の応援に関しても徐々にコロナ前の風景が戻ってきていることが伺えます。


【Q2】(応援に行けている方に聞きました)あなたのお子様が所属している部活・クラブ活動においての、現在のご自身の応援の仕方として最もあてはまるものをおしえてください。(単一回答) n=380






声援は未だに自粛。拍手のみの応援スタイルが主流??
 一方で応援スタイルとしては5割以上の方は声出しを自粛し拍手のみのスタイルで応援という回答。規制が緩和されてきているとは言え飛沫防止の観点から声出しは未だ自粛規制がかかっていることが伺えます。


【Q3】(応援に行けている方に聞きました)あなたのお子様が所属している部活・クラブ活動においての「理想の応援の仕方」として最もあてはまるものをおしえてください。(単一回答) n=536




頑張るお子様へエールを!45.1% が声援と拍手で応援したい!
 理想の応援スタイルに関して4割以上の方は声援を含む応援でエールを送りたいと回答。一方で何かしらの自粛をしながら応援をしたい方が5割以上いることから感染対策に慎重な姿勢で応援をすることが現代の応援スタイルとして定着しているのかもしれません。


【Q4】(未だに応援に行けていない方に聞きました)お子様が所属している部活・クラブ活動においての、応援に関するお気持ちとして最もあてはまるものをおしえてください。(単一回答) n=156






今は行けないけども..応援に行きたい!50.6% 一方で慎重派の意見も
 未だに応援に行けていない方の応援意向に関しては5割以上の方が規制緩和が下り次第、応援に行きたい意向があると判明。一方「わからない」「応援に行く気はない」という方もおよそ半数いることから感染症対策に関しては慎重派の方も一定数いることがこちらでも伺えます。



【Q4】(未だに応援に行けていない方に聞きました)お子様が所属している部活・クラブ活動においての、応援に関するお気持ちとして最もあてはまるものをおしえてください。(単一回答) n=156






制限解除後の応援、50歳~59歳から慎重派多数
 今後の応援意向に関して年代別で見ると年代が上がるにつれて応援に行くことに慎重になっていることが判明しました。50~59歳代の5割以上が「応援に行く気はない」「わからない」と回答。高齢者の感染は比較的重症化されやすいとされている事、お子様がある程度大人な年齢になり応援に行く風習が無くなったりした方が多いのかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【夏の応援、気になる身体的な悩みは? 】


【Q5】(応援に行けている方に聞きました)部活・クラブ活動の応援中、気になることとしてあてはまるものを教えてください。(複数回答)n=380








応援中、ご自身とお子様の身体的悩み。全回答の30%がニオイ関連を回答
夏の応援に関するご自身とお子様の身体的に気になることに関して、熱中症~日焼けと共に約3割の方が何かしらの「ニオイ」「ムレ」に対しての不快感・心配をしていることが判明。夏のでもマスク着用が一般化している中、息苦しさと共に不快感を感じながらの応援は身体的ストレスの負荷が大きいことが伺えます。


スポーツ後の新習慣!足用石けん「フットメジ」



スポーツ後の新習慣!足用石けん「フットメジ」  かんたん足ケア『フットメジ』とは、「足のケアを“かんたん”手間いらずで。」をコンセプトに掲げたトータルフットケアブランドです累計出荷数876万個突破(※4)の販売開始から約12年のロングセラー商品です。
フットメジブランドサイト→ https://www.foot-medi.jp/





商品概要




商品名:フットメジ 薬用フットソープ F1 フレッシュハーブ 65g
内容量:65g
メーカー希望小売価格:1,078円(税込)
・ホホバオイル配合<保湿成分>
・殺菌+保湿ケア



商品名:フットメジ 薬用フットソープ D1 爽快ミント 65g
内容量:65g
メーカー希望小売価格:1,078円(税込)
・薬用炭配合<肌コンディショニング成分>
・殺菌 +ニオイ(※1)をブロック(※3)





商品名:フットメジ 薬用フットソープ E1 クリアローズ 65g
内容量:65g
メーカー希望小売価格:1,078円(税込)
・AHA配合<角質軟化成>
・殺菌+角質ケア(※2 )


■商品特長
1.足の汚れとニオイ(※1)角質(※2)を「直洗い」でシンプルにケア。
2.100%植物成分の石けん素地。泡立ち良くスッキリ洗い上げます。
3.大きさ・硬さのちがうスクラブが不要な角質を落とし、キレイに洗い上げます。

(※1)体臭・汗臭 (※2)不要な角質 (※3)防臭効果による
(※4)2010年5月発売から2021年12月末時点までのフットメジブランド シリーズ累計。自社調べ。
    企画品出荷数・自社オンラインショップを含む。


■販売チャンネル
全国のドラッグストア、ホームセンター、スーパーなど


会社概要(東証STD:4930)




医薬品、化粧品、日用雑貨、健康食品を製造販売、輸入販売するメーカーです。
1996年にデザイン・企画会社として設立。大手化粧品メーカー、食品メーカーなどの商品企画、プロモーション企画、パッケージデザイン、広告コミュニケーションにて培ったノウハウを武器に、2004年に自社商品を発売し、メーカーへと業態転換を行いました。以降、女性向け商品を中心に多くのヒット商品を市場へ送り出しています。

【企業サイト】www.graphico.co.jp
株式会社グラフィコ 東京都品川区大崎1-6-1TOC大崎16階
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)