暮らし 美容・健康

認定NPO法人マドレボニータ 自治体連携パートナーシップを深めコレクティブインパクトの体制構築を開始

特定非営利活動法人マドレボニータ
47都道府県に「コロナ禍における産後のパートナーシップ(夫婦関係)」の実態調査レポート『産後白書4』を提供・各自治体の産後ケア事業のニーズを汲む追加調査を実施

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の予防・解決」をめざす認定NPO法人マドレボニータ(東京都渋谷区、共同代表理事 中桐昌子・山本裕子 )では、コロナ禍で出産した女性とそのパートナーを対象にアンケート調査を実施。654名の回答データを『産後白書4』としてまとめ、ウェブ上で公開しました。これを印刷・書籍化して47都道府県の自治体に提供し、各自治体のニーズを汲む追加調査を実施することで自治体連携パートナーシップを深める体制構築を目指します。


今回の取り組みについて
●これまでも地域の企業・団体との共働により産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の予防・解決」をめざしてきた認定NPO法人マドレボニータは2022年1月、654人の産後の実態をアンケート調査しまとめた『産後白書4』(電子版)を発表しました。これまで地理的な制約がありましたが、コロナ禍でオンラインでの可能性が広がったことから、今年はこの『産後白書4』を手に、団体初の全国47都道府県の自治体へ一斉に「すべての家族に産後ケア」の提案をします。

●妊娠中から産後に起こりうる心身の変化や実態について、カップルで学び、産後の養生とリハビリに取り組むための準備をカップルで話し合って進めていくきっかけとなる「マドレ式両親学級」を、全国の自治体とともにできるだけたくさんの妊娠中・産後のカップルに届けることを足掛かりに、各自治体の産後ケア事業のニーズを汲む追加調査を実施することで、さまざまな自治体・企業・他団体とのパートナーシップの在り方を模索していきます。

●今回の取り組みに併せて、必要となる広報費・経費を募る寄付型クラウドファンディングを実施することとなりました。<URL:https://syncable.biz/campaign/2689> 妊娠・出産・産後からその先の育児が、家庭だけ、特に母親だけの課題ではなく「社会全体で支えていくべきプロジェクトなのだ」という共通認識を持ち、支え合える未来を築いていきたいと考えています。

各自治体へマドレボニータができること


これまで中心的だった急性期(産後直後)の短期的な産後ケアだけでなく、回復期(産後1~2年程度まで)の中長期的な産後ケアや、母親だけでなく父親の参加を促す産後ケア、誰かや何かをされるだけでなく自分自身のセルフケアを身に着けられる産後ケアをご提案させていただければと思っております。
各自治体の母子保健事業、子育て支援事業などの一環として、マドレボニータの取り組みが地域の女性支援の一助となれることを願っております。

<これまでの自治体・企業との連携プログラムの事例紹介>
コロナ禍で従来の対面型プログラムの提供だけでなく、東京都北区での動画プログラム提供や、北海道苫小牧市・厚岸町などでのオンライン講座開催など、オンラインでのプログラム提供の機会も生まれています。また企業向けの「復職支援プログラム」として、オンラインでの産前講座開催や、動画教材の提供などを行ってきました。

<コロナ禍で始まった『マドレ式オンライン両親学級』>
「コロナ禍で両親学級が休講となり、夫婦で参加できていない…!」という声を受け、ご自宅からでも夫婦揃って参加できる『マドレ式オンライン両親学級』を開講。1年間で40組以上のカップルにご参加いただきました。妊娠中から産後に起こりうる心身の変化や実態について、カップルで学び、産後の養生とリハビリに取り組むための準備をカップルで話し合って進めていくプログラムは大変好評をいただいております。

<共働のご案内>
企業・自治体と連携しての産後ケアの啓発や普及も進めています。企業での復職支援や女性活躍・ダイバーシティ推進、自治体での子育て支援や産後うつ・乳児虐待・産後クライシス防止の選択肢として「マドレボニータの産後ケア」をぜひご活用ください。
https://www.madrebonita.com/corporate-services

今後に向けて



<自治体連携ロードマップについて>
弊団体が作成・発行した『産後白書4』の情報提供と共に、まずは各自治体の現場の課題感・現状についての意見交換を予定しております。その上で、よろしければ継続的なコミュニケーションを取らせていただき、自治体の皆様と地域の産後ケアでできることを共に考えていけたらと思います。

<ご支援のお願い>
ひとり親、双子や三つ子など多胎児の母、障がいのある児の母、早産児・低出生体重児の母、10代の母など、よりサポートが必要な立場にある母親たちに、『産後ケア教室』の受講料を補助する産後ケアバトン制度があります。この取り組みの運営はご寄付によってサポートされています。この取り組みにご賛同くださる方を募集しています。
https://www.madrebonita.com/madre-carebaton

『産後白書4(全44ページ)』は以下の公開サイトからご覧ください。
https://www.madrebonita.com/sangohakusyo4


お問い合わせ先
認定NPO法人マドレボニータ 事務局
【連絡窓口】info@madrebonita.com
【クラウドファンディング画面】https://syncable.biz/campaign/2689
__________________________________________________

●認定NPO法人マドレボニータ
マドレボニータは、「産後を起点とする社会問題の予防・解決」を目指し、1998年より産前・産後のヘルスケアプログラムの開発・研究・普及に尽力してきたNPO法人です。全国約40箇所で「マドレボニータの産後ケア教室」を開催してきました。2015年より法人向けに「復職支援プログラム」も提供しています。昨年からは新型コロナウイルスの影響により外出が難しい状況下においても、産前・産後の精神的・身体的ケアを届ける方法はないかと試行錯誤を重ね、オンラインでの産後セルフケア教室やカップル向け両親学級を開発、展開しています。
__________________________________________________

代表者: 中桐昌子、山本裕子(共同代表理事)
所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
創 立:  1998年9月3日
法人設立: 2008年2月29日(認定NPO取得: 2017年11月16日)
事業内容: 産後ケア教室の開催、指導者の養成・認定、産後に関する調査・啓発
U R L: https://www.madrebonita.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)