出版・アート・カルチャー 美容・健康

老化・病気の原因「酸化ストレス」ってどんなもの?健康長寿の秘訣がマンガで読める!Amazon Kindleほか電子書籍書店にて無料配信を開始。

TIMA Tokyo株式会社
『釣りバカ日誌』等で知られる漫画家の北見けんいちが作画。ルイ・パストゥール医学研究センターの吉川敏一、犬房春彦が監修


TIMA Tokyo株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:田中 翔)は、『釣りバカ日誌』等で知られる漫画家の北見けんいち氏作画のマンガ『酸化ストレスってどんなもの?』をAmazon Kindleほか電子書籍書店にて配信開始しました。監修は、酸化ストレス研究者である公益財団法人 ルイ・パストゥール医学研究センター 理事長 吉川敏一氏、抗酸化研究室 主席研究員 犬房春彦氏です。

<配信概要>
■作品タイトル:老化・病気の原因『酸化ストレスってどんなもの?』
■作画:北見けんいち
■監修:吉川 敏一(医師・医学博士)、犬房 春彦 (医師・医学博士)
■定価:0円+税
■発行・発売:TIMA Tokyo株式会社
■販売電子書店:
Amazon Kindle URL:
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B6B36DCQ/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_RWYJBZVQ8SARTWKCJF71?_encoding=UTF8&psc=1
楽天kobo URL:
https://books.rakuten.co.jp/rk/1ce7b86553ee3b8cafa02b090cd4bdf1/?l-id=search-c-item-text-01
■内容:
老化・病気の原因と言われている「酸化ストレス」がどんなものなのかを、マンガで分かりやすく解説しています。「酸化ストレス」を正しく理解して「抗酸化力」を高めることで健康長寿を目指しましょう。




当企画の背景



当社が研究する「酸化ストレス」について、一般の方々への理解を深める目的で漫画企画を発案。監修を犬房春彦氏に相談し、漫画家歴50年以上の大ベテランである北見けんいち氏にマンガ制作を依頼しました。
その後、犬房春彦氏が主席研究員を務めるルイ・パストゥール医学研究センターの理事長で、酸化ストレス研究の大家である吉川敏一氏と北見けんいち氏が長年の友人であったことが分かり、3者でのマンガ制作が実現しました。


酸化ストレスとは?



「酸化ストレス」があらゆる疾患に関連することが、ようやく最近になって知られるようになってきました。主原因とされる活性酸素種 (ROS)は日々の呼吸の副産物として産生されるほか、紫外線や放射線、細菌やウイルス、大気汚染などの外的因子や、喫煙や大量のアルコール、そして偏食による生活習慣、病気やストレスによっても毎日産生されます。一方、体内には元々ROSを消去する働き(抗酸化力)が備わっており、これにより身体はROSによる障害を抑えることができるのです。しかし、年齢と共にその働きが衰えROSが抑えきれなくなると、細胞の障害や炎症などが起こり、実に150種類もの病気に繋がると言われています。この不均衡が酸化ストレスです。



漫画家 北見けんいちについて




1946年、日本に引き揚げ、東京下町で育つ。多摩芸術学園卒業後、埼玉県鶴瀬に写真店“フジミラボ"を開く。1964年、赤塚不二夫のアシスタントとなり20年近く続ける。1978年「どじょっこふなっこ」 (『週刊少年キング』)でデビュー。青年コミック誌を中心に、読者と等身大で感情移入のできる主人公を生み出し、人気を確立。代表作の「釣りバカ日誌」は西田敏行の主演で映画化もされ、人気シリーズになった。その他の作品に「焼跡全ガキ連」「焼けあとの元気くん」「愛しのチイパッパ」「中年ライダー」などがある。



監修 吉川敏一(医師・医学博士)について




公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター 理事長
京都府立医科大学 前学長
日本酸化ストレス学会 名誉理事長
日本抗加齢医学会 名誉理事長

-略歴‐
1947年京都府生まれ。医学博士。1973年京都府立医科大学卒業。アメリカ・ルイジアナ州立大学客員教授、東京大学先端科学技術研究センター教授などを経て、2000年、京都府立医科大学医学部教授に。2011年、同大学学長に就任。2017年より現職。主な著書に、「フリーラジカル入門(先端医学社)」「続フリーラジカル入門(先端医学社)」「フリーラジカルの科学(講談社)」など。



監修 犬房春彦(医師・医学博士)について




岐阜大学 科学研究基盤センター 共同研究講座 抗酸化研究部門 特任教授
公益財団法人 ルイ・パストゥール医学研究センター 抗酸化研究室 主席研究員
医療財団 TIMA Anstalt 主席研究員
日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員、日本消化器病学会評議員(東海地区)、日本内視鏡外科学会
-略歴‐
1982年近畿大学医学部卒業、1988年近畿大学医学部大学院外科学系卒業(医学博士)、専門は消化器外科で腹腔鏡手術、癌転移の研究。近畿大学を退職後、2007年より医療財団TIMA Anstaltの主席研究員としてアルコール代謝、糖・脂質代謝、酸化ストレスの研究を開始。2013年岐阜大学 科学研究基盤センター 共同研究講座 抗酸化研究部門の新設にあたり、特任教授に就任。現在は酸化ストレスと抗酸化配合剤「Twendee X」に関する研究を行う。



TIMA Tokyo株式会社について


TIMAグループのサプリメントは、有効性や安全性が確認できた製品のみを製造販売しています。国内外の大学など研究機関や研究者との共同研究を行い、長い年月をかけて開発されており、現在も学会発表や論文発表されています。

■会社概要
会社名:TIMA Tokyo株式会社
代表者:代表取締役社長 田中 翔
設立 :2019年6月21日
所在地:東京都渋谷区恵比寿3丁目28-2 SP15EBISU 3階
TEL:03-6740-7308
事業内容:サプリメントの研究開発、製造販売
URL:https://timajapan.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)