医療・医薬・福祉 その他

岩国メディカルサポート、医療法人あろう会とのグループホーム 1 施設のM&Aを締結

有限会社岩国メディカルサポート
介護事業継承の社会的課題に対応、グループホーム2事業所へ

有限会社岩国メディカルサポート(代表取締役/医師:藤本 和志、以下 IMS)は、2020年3月31日に医療法人あろう会(理事長:中川仁)が運営するグループホーム(認知症対応型共同生活介護)事業をM&A(事業譲渡)にて契約を締結した。 <トピックス> ・今回、グループホームひまわり(所在:山口県岩国市)の事業譲渡を行った。 ・介護事業経営継承は、人的資源の減少、経営者高齢化、市場成長性の観点から社会的課題と考えられる。 ・地方が抱える主要課題の一つである本課題に一石を投じ、地方創生の一助となることを目指す。


有限会社岩国メディカルサポート(代表取締役/医師:藤本 和志、以下 IMS)は、2020年3月31日に医療法人あろう会(理事長:中川仁)が運営するグループホーム(認知症対応型共同生活介護)事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結し、対象事業を譲り受ける。

<トピックス>
・今回、グループホームひまわり(所在:山口県岩国市)の事業譲渡を行った。
・介護事業経営継承は、人的資源の減少、経営者高齢化、市場成長性の観点から社会的課題と考えられる。
・地方が抱える主要課題の一つである本課題に一石を投じ、地方創生の一助となることを目指す。

【事業譲受目的】
今回の事業譲受は、IMSが介護事業における社会的課題を解決し、また同社の事業ポートフォリオを強化することにより、競争力を保つ目的から実施した。譲渡を受けるのは、医療法人あろう会が2005年に開設したグループホーム(認知症対応型共同生活介護)1 施設であり、これによりIMSのグループホーム施設は 2 施設となる。

【グループホームとは】
グループホームは、「認知症対応型老人共同生活援助施設」とも呼ばれ、認知症を持つ高齢者が少人数で共同生活を送る施設を示す。認知症の知識を持つ介護スタッフと共に、家庭的な雰囲気の中で穏やかに過ごすことができる。入居できる基準は、65歳以上で要支援2以上の認知症と診断されている方。原則として、施設のある市区町村に住民票があることが要件となる。

【グループホームひまわり施設概要】
2ユニット(1ユニット9名定員)のグループホーム(認知症対応型共同生活介護)施設。山口県岩国市に2005年に開設。




【IMS:譲受後事業一覧】
事業譲受後の事業は以下の通りである。
●介護事業
・デイサービスかえで
・グループホームかえで
・グループホームひまわり
・居宅介護支援事業所かえで
・有料老人ホームかえで
●保育事業
・もみじ保育園 小規模認可保育、事業所内保育
・病児保育シックキッズ
https://momijihoiku.com/
●障害者事業
・障害者就労移行支援事業所 borderless work
https://borderless.jp/


■会社 有限会社岩国メディカルサポート について
-------------------------------------

https://iwakuni.co.jp
本社: 740-0034 山口県岩国市南岩国町4丁目59-5-1
設立日: 2005 年 1 月 21 日
資本金: 3,000,000 円
代表者: 代表取締役/医師 藤本 和志(ふじもと かずゆき)
事業内容: 2005 年に創業。介護、保育、障害者事業を主体とし、通所介護事業所、認知症対応型共同生活介護事業所、居宅介護支援事業所、小規模保育園、病児保育を展開し、2019年12月にはオフィス・テレワークに特化した障害者事業を開始するなど、積極的な事業展開を図っている。福祉事業分野における、より魅力的で、革新的なサービスを提供できるよう目指す。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会