医療・医薬・福祉 美容・健康

「Journal of Cosmetic Dermatology」にメディプラス製薬「オゾン化グリセリンによるシミを分解するヒト臨床試験」の論文が採択され、本誌の表紙へ採用されました

株式会社メディプラス製薬
世界的美容皮膚・ヒト臨床学術ジャーナル(米国)「Journal of Cosmetic Dermatology」表紙採用

株式会社メディプラス製薬(代表取締役:伊藤賢司、本社:東京都渋谷区)は自社の特許取得成分「オゾン化グリセリン (英語表記 Ozonized glycerin)によるシミを分解するヒト臨床試験」の論文が米国の美容皮膚・ヒト臨床学術ジャーナル「Journal of Cosmetic Dermatology」に採択され、2022年 7月号「Journal of Cosmetic Dermatology」の表紙として当社の論文が採用されたことをお知らせします。


cover image

【論文のビデオ アブストラクト】
Journal of Cosmetic Dermatology掲載元:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jocd.15002
日本語字幕入り:



■Journal of Cosmetic Dermatologyとは
Journal of Cosmetic Dermatology (通称JCD)は、International Academy of Cosmetic Dermatology(IACD)とCanadian Association of Aesthetic Medicine(CAAM)の公式ジャーナルです。
主に、美容皮膚科における「最高水準ケア技術の促進」を目的として、世界各国の革新的な美容皮膚科に関する高品質の査読*記事を公開しています。
月刊誌として発行されるJCDは、継続的な専門能力開発の促進、科学研究と革新的テクノロジーを蓄積した「百科事典」のような機能を果たす、世界でも数少ない美容皮膚・ヒト臨床学術専門ジャーナルです。
母体となるJohn Wiley & Sons, Ltd.(略称: Wiley、NYSE: JW.A)(ジョン・ワイリー・アンド・サンズ)は1807年(215年前)に設立された世界最古の独立出版社の一つ。
Wileyは科学、テクノロジー、工学分野関連の幅広い学術本を出版する会社であり、アメリカニュージャージー州に本社を構えています。
*査読とは…同分野の専門家による評価や検証のこと。掲載側の水準に達しているかを同分野の専門家が審査します。

■メディプラス製薬独自特許成分<オゾン化グリセリン>の取り組み
今回、世界的な美容皮膚・ヒト臨床学術ジャーナル(米国)「Journal of Cosmetic Dermatology」に当社の「オゾン化グリセリンにおけるシミ分解ヒト臨床試験結果」の論文が採択され、本誌の表紙へ採用されました(https://onlinelibrary.wiley.com/toc/14732165/2022/21/7)。
オゾン化グリセリンは、2004年に株式会社メディプラス製薬(旧社名:株式会社ブイエムシー)が独自開発し、特許を取得。これまでに同成分の研究結果は100報を超える論文・学会発表を行っています。
最新の試験結果「オゾン化グリセリンによるシミを分解するヒト臨床試験」は、業界に衝撃を与える革新的な技術と有用性に、多方面から注目と期待の声を頂き、論文の採択と共に、この度「Journal of Cosmetic Dermatology」7月号の表紙としてカバーイメージが採用されることとなりました。
なお、現在は国内消費者向け基礎化粧品「fibonacci(フィボナッチ )」に本成分「オゾン化グリセリン」を 配合しております。

■皮膚科学の専門誌も認めた「酸化を味方につける<オゾン化グリセリン>」とは



メディプラス製薬 取締役CTO(最高技術責任者)塩田剛太郎はこれまで一般的には“美の天敵″とされてきた「酸化」を
味方につける、幅広い有用性と安全性を兼ね備えるオゾン化グリセリンの未知なる可能性を解明してきました。
最新の試験結果「オゾン化グリセリンによる シミを分解するヒト臨床試験」は、業界に衝撃を与える革新的な技術と有用性に、多方面から注目と期待の声を頂き、論文の採択と共に、この度「Journal of Cosmetic Dermatology」7月号の表紙としてカバーイメージが採用されることとなりました。
これを機に、さらに環境に優しく、サスティナブルな物質であるオゾン化グリセリンは世界に注目される成分となっていくことが期待できます。

<オゾン化グリセリン試験結果>


酸化を味方にするメカニズム
オゾン化グリセリンのメラニン直接分解試験結果
フィボナッチのシミへの効果に関するヒト臨床試験結果


■今後の取り組み
メディプラス製薬では今後もオゾン化グリセリンの様々な研究開発を進め、多くの新発見とモノづくりを通して皆様へ新しい情報と価値をいち早くお届けしてまいります。
また、今後もオゾン化グリセリンの有用性と革新的技術を国内外に発信するため、世界中で開催される美容皮膚関連の国際会議・技術者会議へ積極的に参加してまいります。

■関連サイト
メディプラス製薬公式サイト>>https://www.mediplus-pharma.co.jp/
fibonacci公式サイト>https://fibonacci.jp/

■会社概要
会社名:    株式会社メディプラス製薬
代表: 代表取締役 伊藤賢司
本社: 東京都渋谷区恵比寿1-20-4 Sreed EBISU 5F
ホームページ: https://www.mediplus-pharma.co.jp/
創業: 1973年(昭和48年)3月(旧社名:株式会社ブイエムシー)
資本金: 93,000,000円
事業内容: オゾン化グリセリンの研究
        化粧品ブランド「フィボナッチ」の開発・製造・販売
関連会社: ラフラインホールディングス株式会社
        株式会社メディプラス
        株式会社メディプラス研究所
        株式会社メディプラスインターナショナル
        美樂思股份有限公司(台湾法人)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)