医療・医薬・福祉 暮らし

「分娩監視装置iCTG」の日本におけるコ・プロモーション(共同情報提供)契約締結のお知らせ

メロディ・インターナショナル
10月より医療機関に対して特定保守管理医療機器「分娩監視装置iCTG」の情報提供活動を共同で実施

メロディ・インターナショナル株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:尾形 優子、以下「メロディ」)とあすか製薬株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口 惣大、以下「あすか製薬」)は、メロディが製造販売する管理医療機器(クラスII)、特定保守管理医療機器「分娩監視装置iCTG」について、日本国内におけるコ・プロモーション(共同情報提供)契約を締結いたしました。




 今回のコ・プロモーション契約に基づき、メロディとあすか製薬の両社は10月より医療機関に対して特定保守管理医療機器「分娩監視装置iCTG」の情報提供活動を共同で実施いたします。
 近年注目されている“フェムテック“の分野においてメロディとあすか製薬は、ICTを用いた革新的な遠隔医療機器「分娩監視装置iCTG」の普及を通じて、妊婦さんがより安心・安全に出産ができる環境づくりに貢献します。

◪「分娩監視装置iCTG」について
 いつでもどこでも母子の健康状態を把握できるモバイル分娩監視装置です。管理医療機器(クラスII)、特定保守管理医療機器としてメロディが開発・製品化して、2019年に国内販売されました。海外では、実証調査を含め12ヶ国で使用されています。


◪「フェムテック」について
 フェムテック(Femtech)は、FemaleとTechnologyをかけ合わせた造語で、女性が抱える健康課題をテクノロジーで解決する製品やサービスなどを指します。
 ジャンルは、月経や不妊治療、出産、育児、子育て、婦人科系疾患、女性向けケアアイテム、セクシャル・ウェルネスに関わるものなど多岐に渡ります。これらの悩みや課題は、個人差があり、誰かに相談することではないとの思い込みから我慢する女性も多くいました。
 すべての人が健康で幸せな日々を送れるよう、解決するために何ができるかを考え、解決策を提供するツールがフェムテックです。(経済産業省フェムテック等サポートサービス実証事業HPより)

◪メロディ・インターナショナル株式会社について
 香川大学発スタートアップであるメロディは、離島や医療過疎地の多い地元瀬戸内地方での産科医療の問題、さらにはJ-Startup認定企業として世界の発展途上国での「産科医不足」の課題に向き合ってきました。それらに対する画期的な解決策としてモバイル胎児モニター「分娩監視装置iCTG」と周産期遠隔医療プラットフォーム「Melodyi」を開発・製品化して、周産期の遠隔医療の普及に貢献してきました。妊娠から出産、子育て期を過ごす全てのお母さんやその家族のウェルビーイングの向上を、テクノロジーの力でサポートして行きたいと思います。詳細については、メロディ・インターナショナル株式会社ホームページhttps://melody.international/をご覧ください。

◪あすか製薬株式会社について
 1920年の創立以来、「先端の創薬を通じて、人々の健康と明日の医療に貢献する」との経営理念のもと、内科・産婦人科・泌尿器科の重点 3 領域に経営資源を集中させ、新薬を中心とした医薬品の開発を積極的に進め、医療ニーズ解決に努めています。詳細については、あすか製薬株式会社ホームページhttps://www.aska-pharma.co.jp/ をご覧ください。


▋News Release
Melody International and ASKA Pharmaceutical Signs a Co-promotion Agreement for “Fetal Monitor iCTG” in Japan

TOKYO, July 19, 2022 - Melody International Ltd. (Head Office: Takamatsu City, Kagawa/ President, Yhuko Ogata, hereinafter referred to as “Melody”) and ASKA Pharmaceutical Co., Ltd. (Head Office: Minato-ku, Tokyo/ President, Representative Director: Sohta Yamaguchi, hereinafter referred to as “ASKA”) have concluded a co-promotion agreement in Japan for a controlled medical device Class II, specially designated maintenance control required medical device “Fetal Monitor iCTG” manufactured and distributed by Melody.

Based on this co-promotion agreement, Melody and ASKA will jointly provide information on the “Fetal Monitor iCTG” to medical institutions from October in 2022.

In the field of “Femtech” which has been attracting attention in recent years, Melody and ASKA will contribute to the creation of a safer and more secure environment for pregnant women to give birth through the promotion of the innovative ICT-based remote medical device “Fetal Monitor iCTG”.

About Fetal Monitor iCTG
It is a mobile delivery monitoring device that enables the health status of mother and child to be monitored anytime, anywhere. It was developed and commercialized by Melody as a controlled medical device Class II, specially designated maintenance control required medical device “Fetal Monitor iCTG” and was launched in Japan in 2019. It is used in 12 countries overseas, including in demonstration studies.

About Femtech
Femtech is a coined word that combines “female” and “technology” and refers to products and services that use technology to solve women's health issues. The genres range from menstruation, infertility treatment, childbirth, childcare, child rearing, gynaecological disorders, care items for women, sexual wellness, and many more. Many women have endured these problems and issues because of the belief that they are different for each individual and that it is not worth consulting with someone else. Femtech is a tool that provides solutions by examining what can be done to resolve them so that all people can live healthy and happy lives.

About Melody International Ltd.
Melody, a Kagawa University startup, has been confronting the issue of obstetric care in the local Setouchi region, which has many remote islands and underpopulated medical areas, as well as the “shortage of obstetricians” in developing countries around the world as a J-Startup certified company. As an epoch-making solution to these issues, Melody has developed and commercialized “fetal monitor iCTG” and a perinatal telemedicine platform, “Melody i” and has contributed to the spread of perinatal telemedicine. Melody would like to support the improvement of the well-being of all mothers and their families during pregnancy, childbirth, and parenthood through the power of technology. For more information, please visit the Melody International Ltd. website at https://www.melodyi.net

About ASKA Pharmaceutical Co., Ltd.
Since its foundation in 1920, ASKA has concentrated its management resources in three core areas: internal medicine, obstetrics and gynaecology, and urology, based on its corporate philosophy “Contribute toward the improvement of people’s health and progress in medicine through the development of innovative products”. In addition, ASKA has been actively engaged in the development of new drugs to solve medical needs. For more information, please visit the ASKA Pharmaceutical Co., Ltd. website at https://www.aska-pharma.co.jp/english
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)