流通 スポーツ・アウトドア

北欧デンマーク発呼吸筋ヘルステックデバイス『エアロフィット・プロ』の販売予告ページを公開いたしました。

株式会社アオイロ
支援総額1000万円以上、達成率5000%以上をクラウドファンディングにて達成した呼吸筋トレーニングデバイスの「エアロフィット・プロ」を8月上旬正式発売に先立ち予告ページ公開しました。

株式会社アオイロは、北欧デンマーク発呼吸筋ヘルステックデバイス『エアロフィット・プロ』の販売予告ページを公開いたしました。正式販売は8月上旬を予定しております。本製品は、2022年3月18日より開始したクラウドファンディングにて、プロジェクト開始から約4か月で目標金額を5000%以上達成し、1000万円を超えるご支援をいただきました。 エアロフィット・プロ2.0販売予告ページ https://aoiro.co/pages/about-airofit-pro2



エアロフィット・プロについて


エアロフィット・プロは、エアロフィット本体とエアロフィット専用アプリによりバーチャル呼吸トレーニングコーチとして機能いたします。スポーツや健康促進など強化したいトレーニング領域と、専用アプリによりリアルタイムに計測できる肺活量等の測定結果に基づき、パーソナライズされたトレーニングプログラムを提供します。肺活量等の測定結果、年齢、身長、体重等を考慮し利用者専用のトレーニングセッションを提案します。




エアロフィットは言わば、呼吸筋の”ダンベル”。本体左右にあるダイヤルは吸気および呼気に抵抗を加えるホイール。両側の2つあるホイール抵抗を6段階に調整することで、筋トレの際にダンベルの重さを変えるように、息を吐くとき(呼気)、吸うとき(吸気)に使う呼吸筋(横隔膜、肋間筋)に負荷をかけ効率よく鍛えることができます。

エアロフィット・プロは、2022年7月に「エアロフィット・プロ2.0」にバージョンアップして登場し、日本市場での正式流通を開始いたします。

エアロフィット・プロ2.0販売予告ページ
https://aoiro.co/pages/about-airofit-pro2



エアロフィット・プロの特長


・呼吸の吸う/吐く共に6段階に負荷調整
・手のひらサイズで45gの小型軽量設計
・バッテリーはフル充電で約1ヶ月利用可能
・専用アプリには17種類の呼吸筋トレーニングメニュー
・肺活量及び呼気吸気力をリアルタイムに計
・専用設計マウスピースで手ぶらでトレーニングを可能に
・選べるトレーニング領域は21種類
・トレーニングのリアルタイムガイダンスとトラッキング機能
・トレーニング履歴と肺活量計測の記録機能
・安心の2年保証





エアロフィット・プロ2.0の製品仕様


本体サイズ: 幅 77mm 長さ 70mm 厚さ 33mm
本体重量: 45g
外箱: 145mm x 145mm x 54mm
吸気空気抵抗(本体): A-F: 20-140 cmH2O/ (リットル/秒)
呼気空気抵抗(本体): 1-6: 30-200 cmH2O/ (リットル/秒)
肺活量(計測): 0.5 - 10.0 リットル
呼吸圧(計測): 10- 230 cmH2O
バッテリ容量: 3.7V リチウムイオン、35mAh
充電容量: 8時間
充電器: 5V, 最低 100mA
充電時間: 8時間
充電プラグ: マグネット式充電
Bluetooth: BLE version 5.1
防水規格: IP64
本体: ABS樹脂
マウスピース: TPE
スマートフォンアプリ: iOS11以上、Android7以上
製造: デンマーク


エアロフィット社について


AIROFIT A/S社(製造元) の本社はデンマーク・コペンハーゲン、アスリートだけでなく生活の質を高めたいすべての方により良い呼吸を世界に届けることを使命としています。プロダクトは、北欧の国デンマークでデザイン・製造されています。最終的にエアロフィット呼吸筋トレーニングデバイスとなったこの製品は、病院や救助隊のための医療機器を開発、製造するデンマークの国際的な医療技術企業AMBUによって設計開発されたものです。数年もの開発期間を経て、2019年9月エアロフィット社創業者クリスチャンの手によってエアロフィット・プロ(プロ1.0)がリリースされ、2022年7月にエアロフィット・プロ2.0にアップデートいたしました。


株式会社アオイロについて



エアロフィット・ジャパン/株式会社アオイロ は「高品質なヘルスケアプロダクトを通じて世界中の人々を笑顔に」を理念に2020年に設立。2021年よりエアロフィット社(デンマーク)の日本総代理店として取り扱い開始。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)