美容・健康 アパレル・ファッション

TAKENAKAアクセラレーター優秀賞の1社として、骨格矯正インソール「HOCOH」の大規模検証を実施!

株式会社ジャパンヘルスケア
国内初!足の写真だけでつくれるオーダメイドインソールが4月16日(木)販売開始

「予防医療で痛みのない社会をつくる」ことを目指す株式会社ジャパンヘルスケア(東京都渋谷区、代表取締役医師:岡部大地)は、株式会社竹中工務店の協力のもと、3Dプリンタ製オーダーメイドインソール「HOCOH」(ホコウ)の110名2ヶ月間の検証実験を完了しました。国内初となる足の写真だけで作成できる本サービスは、2020年4月16日(木)に一般販売を開始します。


■カラダ”ととのう” インソール「HOCOH」
人の顔が違うように、足も一人ひとり異なることから、インソールは硬い素材でオーダーメイドで作られたものが効果的とされています。「HOCOH(ホコウ)」はAIが写真を解析し、3Dプリンタと職人の手作業でインソールを作製します。ユーザーはスマホで足の写真を撮るだけで、硬く機能性のあるカスタムインソールが自宅に届きます。足の写真だけで3Dプリンタ製のオーダーメイドインソールが注文できる国内初*のサービスです。
(*株式会社ジャパンヘルスケア調べ)
足の写真だけで作れるオーダーメイドインソール「HOCOH(ホコウ)」


■検証実験の内容
2020年1月から2月までの約2ヶ月間、建設作業員、医療従事者等、立ち歩くことの多い職業従事者111名に「HOCOH」を使用し てもらい、疲労感や痛み等の軽減につながるかを検証しました。
この検証は、竹中工務店が主催した「TAKENAKAアクセラレーター」プログラムの支援の元で行われました。
検証実験説明会の様子


■HOCOHインソールの効果
検証実験の速報結果では、利用者の85%が歩きやすさの効果を体感しました。また立ち仕事のしやすさも80%の人が体感しました。
検証結果の一例(速報)
さらに


「足トラブルの解消」
「腰や足への負担軽減」
「肩こり、首こりが軽減」
「足が凄く楽」

などの効果も多数確認できました。最終的な結果を含めた詳細は、リリースする4月16日(木)に報告します。


■なぜインソールなのか?
男性の50%、女性の75%が足のトラブルを抱えています[1] 。原因は足の歪みであることが分かってきています。歪みを放置すると、連鎖してひざの痛みや腰痛の原因になることが知られています。実はこの足腰の痛みなど筋骨格系疾患が介護原因の1/3を占め、健康寿命を最も短くしています[2]。そこで、生活に欠かせない歩行に着目し、インソールを入れるだけで足から骨格を整えていきます。

また昨今は新型コロナウイルスの感染対策のために外出の自粛が余儀なくされていますが、特に高齢者における運動不足からの心身の衰えが課題視されています。近隣での人との接触を避けた個人的なウォーキングであれば、感染のリスクを抑えて運動不足を解消できます。HOCOHインソールを活用することで、行楽日和となりやすいゴールデンウィークに向けて健康的に歩く準備が整えられます。本サービスは、注文から届くまで全てオンラインで完結します。

■販売価格と目標
オンライン販売価格:18,000円(税抜)
販売目標:年間1万足

■会社概要
社名:株式会社ジャパンヘルスケア
住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-31清桜ハイツ204
代表取締役社長:岡部 大地
URL:https://jp-hc.com/
問い合わせ先:https://jp-hc.com/contact/

■参考文献
[1]マイボイスコム社:「フットケア」に関するインターネット調査(2018年2月、n=10,652)
[2]平成 28 年 国民生活基礎調査の概況 - 厚生労働省
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会