デジタル製品・家電 美容・健康

『ドクターエア』自宅で気軽に本格リフレクソロジー【3Dフットマッサージャー スツール】

株式会社ドリームファクトリー
http://dr-air.com/jp/ja/products/3d-foot-massager-stool/

全国約4,000店で取り扱われているトータルボディケアブランド『ドクターエア』より大人気の「3Dフットマッサージャーシリーズ」の最新モデルとして、【3Dフットマッサージャー スツール】が登場。2022年7月20日(水)より全国の取り扱い店にて販売を開始いたします。





エア-バッグ&足裏ローラーでマッサージ【3Dネックマッサージャー スツール】登場

『ドクターエア』の人気フットマッサージャーシリーズの最新モデルとして、【3Dフットマッサージャー スツール】が登場。


【3Dフットマッサージャー スツール】は、ふくらはぎ・足首・足の甲をエアーバッグが包み込んでもみほぐし、足裏全体をローラータイプのもみ玉が刺激して血行を促進。疲れの溜まりやすい膝下全体をしっかりもみほぐしてくれます。
製品の高さも足を入れやすい約35cmに設定しており、2段階で調節可能な傾きの角度にも配慮し、足を伸ばしてリラックスした状態でもご使用いただけます。

また、【3Dフットマッサージャー スツール】は“マッサージとして使用しない時間”にも着目。シンプルなフォルムと落ち着きあるカラーで、どんな空間にもマッチするデザインで、マッサージャーとして使わない時はスツールやオットマンとしても使用できます。さらに、操作方法は本体パネルのボタン操作というシンプル設計。コースは、<ほぐしもみコース・しぼりもみコース・あしうらコース>の3つをご用意。エアーバッグの強さも3段階で調整可能なので、脚の疲れの度合や、足の部位に合わせてお好みのマッサージコースからお選びいただけます。

直接足が触れるインナー部分のカバーも取り外しができ、洗濯可能なので清潔に保てます。さらに表面素材は、水に強く汚れてもサッと拭くだけでOKなファブリック調のPVC素材を採用。小さなお子さまやペットのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。


疲れに合わせて選べる3つの自動コース



ほぐしもみコース
ふくらはぎ・足首から、足の甲、足裏まで全体をマッサージ。リズミカルな動きで細かく刺激し、もみほぐします。同時に足裏も強めにマッサージ。

しぼりもみコース
ふくらはぎを中心に、足首、足の甲をじっくり絞るようにマッサージ。より強いもみ心地を体感できるコースです。同時に足裏も軽くマッサージ。

あしうらコース
足裏をもみ玉で刺激しながら、足首、足の甲も合わせてマッサージ。足裏を重点的にケアしたい時におすすめです。

ふくらはぎから足裏まで部位に合わせ、エアーバッグとローラータイプのもみ玉を組み合わせたコースで心地よいマッサージを手軽に体感。足裏のローラーはON/OFFが可能でご自身の好みに合わせて使用いただけます。




製品概要



・製品名:3Dフットマッサージャー スツール MF-05
・希望小売価格:44,000円(税込)
・型式:MF-05 GR
・一般名称:家庭用電気マッサージ器
・医療機器の種類:管理医療機器
・医療機器認証番号:304AHBZX00003000
・寸法: 収納時(約)幅450 × 高さ450 × 奥行き390mm
展開時(約)幅450 × 高さ450 × 奥行き520mm
・質量:約9.2kg(本体のみ)
・電源:AC100V 50/60Hz
・定格消費電力:60W
・タイマー:約10分
・モード:1.ほぐしもみコース 2.しぼりもみコース 3.あしうらコース
・原材料:本体 ABS
クッション部分 ウレタン
クッション生地 パンチングレザー
側面生地 PVC
・付属品:取扱説明書(保証書付き)、ACアダプター、電源コード、外カバー×2(本体取付済)
・耐荷重量:座面(クッション部)120kg
・ローラーの自然回転数:ほぐしもみコース 最小20(±3)回/分 最大65(±3)回/分
しぼりもみコース 最小20(±3)回/分 最大50(±3)回/分
あしうらコース  最小20(±3)回/分 最大55(±3)回/分
・エア圧力:32kPa以下
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<企業情報>
企業名: 株式会社ドリームファクトリー
住所: 〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17 JRE梅田スクエアビル16F
代表取締役: 井上馨
TEL: 06-6346-1170
https://www.dr-air.com/jp/ja/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)