出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

オールカラーコミックエッセイ「推しは目覚めないダンナ様です 低酸素脳症になってからの病院生活 2年目」2022年7月22日発売!!

株式会社 幻冬舎

この度、株式会社 幻冬舎コミックスは7月22日(金)にコミックエッセイ
「推しは目覚めないダンナ様です 低酸素脳症になってからの病院生活 2年目を発売いたします。

本作は、2021年7月に発売されご好評いただきました、病院生活1年目を描いた
「推しは目覚めないダンナ様です 低酸素血症になってからの病院生活」続編となります。

年の差仲良し夫婦ぼくちんとそら病院生活2年目もいろんなことが――!?
SNS発! オールカラーのコミックエッセイ




【内容紹介】
年の差仲良し夫婦のダンナ様を突然おそった不整脈。
その後「低酸素脳症」と診断され、植物状態になってしまったダンナ様・ぼくちんと、ダンナ様のお世話をすることが生活の一部の妻・そら。
目覚めなくても、変わらずダンナ様は「最推し」
ダンナ様が大好きすぎる妻の、愛溢れる日々を描いたコミックエッセイ。
病院生活2年目に起きたアレコレ--菌に感染!? そして転院!?
ふたりのなれそめ、結婚までの道のり、近況など盛りだくさんでお届け!

◆SNS発! オールカラーのコミックエッセイ
◆本編プラス、ふたりのなれそめ、結婚までの道のり、近況、など盛りだくさん!





◆タイトル:推しは目覚めないダンナ様です
低酸素脳症になってからの病院生活 2年目

◆著者:そら

◆仕様:A5判・ソフトカバー・192P・フルカラー

◆定価:1,320円(本体1,200円+税10%)

◆発売日:2022年7月22日(金)

◆電子書籍:同日配信スタート


  【著者 そらプロフィール】




ダンナ様のぼくちんのことをこよなく愛し、推し続けるツマ。
趣味はダンナ様のお世話をすること。本業は美容師。
本作が初めて執筆したコミックエッセイ。
Instagramにて「低酸素脳症のぼくちんとの病院生活」「母と私」を掲載中。

フォロワーは5万人超。【Instagram:@soraeureca】


「推しは目覚めないダンナ様です」幻冬舎コミックス特設ページ▼
https://www.gentosha-comics.net/event/oshiwa.html


ぜひとも、貴媒体でご紹介または読者プレゼントとしてのお取り扱いをご検討いただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)