美容・健康

「プラス漢方」が『エクオール バランスビューティ』をクラウドファンディングで予約販売開始 2022年7月25日(月)より

pluskampo株式会社
~“ビューティ”と“ウェルネス”2つの側面を漢方成分で強化。エクオールに漢方薬成分を配合した、女性ホルモンのゆらぎをととのえるサプリメント~

pluskampo株式会社(所在地:東京千代田区、代表取締役薬剤師:笹森 有起)が展開するオンライン問診 漢方サービス「+kampo(プラス漢方)https://www.pluskampo.jp/」は、2022年7月25日(月)より応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にてサプリメント『エクオール バランスビューティ』の予約販売を開始いたします。 URL:https://www.makuake.com/project/kampo/






開発背景


「+kampo(プラス漢方)」は、2021年11月よりオンライン問診による漢方薬処方とパーソナルサポートのサービスを提供しています。
サービスを提供する中で、原因不明な不調を我慢する女性の多くが、女性ホルモンの変動によって不調を感じていることがわかりました。また、漢方薬とともにエクオール”のサプリメントを併用することで、より効果を感じられている傾向が多く見受けられました。

そこで、この度「+kampo」では、多くの女性のお悩みによりお役にたてるよう、エクオールに和漢成分を配合したサプリメント商品『エクオール バランスビューティ』を開発するに至りました。本製品は、漢方薬を専門的に取り扱う私たちが”ビューティ”と”ウェルネス”の2つの面から、なりたい自分に近づくために作った漢方サプリメントです。
エクオールに女性特有の症状をサポートする和漢成分を配合し、不調と美容に役立つものを目指しウェルネスの向上強化が期待できるものに仕上げています。パッケージデザインは、和漢を配合したサプリメントであることや「+kampo」のテーマでもある和のコンセプトから、水墨画のようなイメージを踏襲。やさしく体へ広がり、ゆらぎをじわじわとおだやかにしていくさまを表現しました。



『エクオール バランスビューティ』製品概要


漢方薬とオンラインのパーソナルサポートで不調を緩和するサービスを提供する「+kampo」が、女性のリアルな声から開発したサプリメントです。外科医、免疫学者、漢方医である新見正則に医師監修していただきました。
エクオールを10mg配合し、海外で評価も高く、健康のバランスをととのえる「フアイア(R)︎」や、肌によいとされる和漢成分ハトムギ(ヨクイニン)、クコシ(クコの実)、ベニバナを配合しています。さらに不足しがちな葉酸とマルチビタミンを加えることで、さまざまな肌やからだのエイジングケアに効果的です。毎日続けられるよう、無理なく飲みやすいサイズで作りました。


名称:エクオール バランスビューティ
掲載期間:2022年7月25(月)~9月25日(日)
URL:https://www.makuake.com/project/kampo/
価格:通常価格:4,900円(税込)
※クラウドファンディングではセット販売早割適応あり(税込、通常価格の10%OFF)
内容量:30日分・90粒
サイズ:φ9mm
1日の摂取量:3粒目安
エクオール配合量(1日当たり):10mg
販売チャネル:Makuake(マクアケ)
送料:1か月送料400円(3つまとめて購入で送料無料)
発売予定:2022年7月下旬
発送予定:2022年11月上旬



成分詳細


・エクオール

エクオールとは、ゆらぎによる不調を緩和、バランスをととのえるのに有効と言われる成分です。大豆イソフラボンに含まれる成分「ダイゼイン」が腸内細菌によって代謝されることで作り出されます。エクオールをつくれる日本人はおよそ43%(※)というデータもあり、また作れる人でも10mgを作れていないことが多いため、サプリメントで補うのが理想的です。
(※)株式会社ヘルスケアシステムズ調べ)
https://karadano-monosashi.jp/column/what-is-equol-01/

▼エクオールに関する科学的根拠について
出典:Oyama A et al. Menopause2012/Menopause 19:202-210.2012

・フアイア(R)︎

学術名trametes robiniophila murr(和名:フアイア(R)︎)
フアイア(R)︎に含まれる成分『TPG-1』は海外で評価も高く、健康のバランスをととのえる成分です。

▼フアイア菌糸体抽出物(Huaier)に関する科学的根拠について
Gut、BMJ (British Medical Journal)(impact Factor=23.562))に研究掲載。JBC(Journal of Biological Chemistry)に論文掲載。
http://shinkoh-igaku.jp/mokuroku/data/887.html
https://kampo.jp/crudedrugs/huaiers-effect-on-cancer-was-proved/
https://www.cancer.gov/publications/dictionaries/cancer-drug/def/huaier-extract-granule



・ハトムギ(ヨクイニン)
イネ科のハトムギの種子は、ヨクイニン(薏苡仁)として美容に関心の高い方の間で知られる成分です。
化粧水として人気があったり、ハトムギ茶として健康をサポートする成分で目にすることも多いです。





・クコシ(枸杞子)
クコの実。海外ではゴジベリーとして美容や健康に気を付けている方に人気があるスーパーフルーツです。多数の栄養素を含有すると言われ、特にβカロテン、ビタミンB1・B2・E、アミノ酸が多く含まれます。




・ベニバナ(紅花)
ベニバナ油でも知られる紅花は、女性に多い悩みに用いられる漢方素材です。


・葉酸
ビタミンB群の水溶性のビタミン。ビタミンB12とともに赤血球を作るので「造血のビタミン」ともいわれています。

・マルチビタミン
11種類のビタミンをバランスよく配合。
ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、パントテン酸、ビタミンC



監修医師:新見正則 先生



慶應義塾大学医学部卒業。英国オックスフォード大学医学博士課程で移植免疫学を学びPh.D.取得し、「イグ・ノーベル賞」医学賞受賞。1998年から大学病院では日本初となるセカンドオピニオンのパイオニアとして知られる。2008年より帝京大学医学部博士課程指導教授。外科医、免疫学者、漢方医として研鑽を積んだのち2020年新見正則医院を会員。乳がん患者に対するセカンドオピニオンを中心に、漢方、肥満、運動、更年期など幅広く診察。「漢方jp」主宰。

<連載・メディア出演>
・働く女性のためのWebニュース「OTONA SALONE」:【Dr.新見の更年期あかるい相談室】
・医療・健康・介護WEBニュース「yomiDr」:【イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常】
・テレビ東京 「主治医が見つかる診療所」※初回から8年間レギュラーとして出演
・テレビ朝日 林修の今でしょ!講座
・日本テレビ 日本一受けたい授業
・TBSラジオ 堀尾正明+PLUS! 毎週土曜日早朝3年間生出演
など

<著書>
『西洋医がすすめる漢方』、『仕事に効く! モダン・カンポウ』、『患者必読 医者の僕がやっとわかったこと』、『イグノーベル的バランス思考 極・健康力』など多数。
新見正則医院
https://niimimasanori.com
漢方jp
https://kampo.jp/




+kampo(プラス漢方)について

「+kampo」は、お客様の健康のお悩みに寄り添いながら、漢方薬を通じて健康課題を解決するパーソナルオンラインサービスです。自然界に存在する原料から生まれ、症状が起こらない体へと根本的に体質を改善する漢方薬は、相性が合うと一種類で複数の症状に効果を発揮しますが、相性の合うものを見つけるのが難しいというのも事実です。そのため、ベストな漢方薬を見つけていくには、体の反応を確認しながら漢方薬を調整していくことがとても重要となります。

+kampoでは、服用中のLINE相談に加え、長期的に服用いただくお客さまには毎週の簡単な健康チェックなどによってコミュニケーションを取りながらベストな漢方薬を見つけ、健康課題を解決していきます。また、漢方薬以外の健康についてのちょっとした不安や疑問も質問可能。インターネット上に溢れる情報の中から信頼できる情報を探すのが難しい現代において、薬剤師の専門知識によるアドバイスを気軽に受けられます。

+kampoブランドサイト:https://www.pluskampo.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/pluskampo/
      https://www.instagram.com/fem_plus_k/
Twitter:https://twitter.com/pluskampo
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC7nqygMtB4Ki0_BqmjpuAhg
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)