ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

すべてのライフイベントはあなたを輝かせるきっかけです。あなたがあなたらしくラクに生きるきっかけを"ビジネスゲーム"で!

株式会社and family
~ちょっとしたきっかけがあなたの背中をポンと押す~

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。 このプレスリリースは株式会社 and familyの April Dream です。 ビジネスゲームを活用したワークショップ型研修プログラムの開発・提供を行う株式会社 and family(東京都中央区日本橋小網町8番2号)は、働く人と組織がイキイキと活躍できる"ビジネスゲーム"を活用した研修プログラム「One for all, All for one」の提供を開始します。



▢「One for all, All for one」プログラムとは?
〈ヒトの生きがい〉×〈組織の存在意義〉=〈働きがいのある職場〉
ヒト組織「目的」を一致させていくことこそが、〈働きがいのある職場〉を創り出す。

そのためには、働く人の「生きがい」組織の「存在意義」コトバにし、共感し、応援し合う環境づくりが必要だと私たちは考えています。

「One for all, All for one」プログラムは、〈働きがいのある職場〉を創り出すために、
 ●心理的安全性の向上
 ●目的実現のための課題解決

"ビジネスゲーム"を活用した取り組みやすいカタチ高い効果を得られるように設計されています。


▢ なぜいまの時代にこのプログラムが必要なのか?
「個」の時代、そして「チーム」の時代
"どちらか"の時代ではなく、"どちらも"の時代

〈One for all, All for one〉

まずは「個」が輝くためには、自分の〈想い〉を押し込めずに届けることから
そして「チーム」が一つになり、目的に向かって走り抜けるためには、「個」と「個」が健全にぶつかり合うことを受け入れられる〈職場〉が必要不可欠です。

〈One for all, All for one〉

すべての人が"同じ"ということに気付き
すべての人が"違う"ということを受け入れ
お互いさまと思いやりの気持ちで接していくことができる社会がいまこそ求められています。

すべての人が様々なライフイベントに向き合います。

 受験、就活、婚活、結婚、妊活、出産、育児、保活
 転職、起業、病気、怪我、介護、定年、終活、etc...

ライフイベントは、ヒトに大きな影響を与えます。
 ⊕プラスのイベントは、ヒトに⊕プラスの影響を。
 ⊖マイナスのイベントは、ヒトに⊖マイナスの影響を。

私たちは〈職場〉がひとつの「チーム」となるきっかけを創っています。
働く皆さまの⊕を⊕⊕に⊖を限りなくゼロにできる「お互いさま」で思いやりのある〈職場〉づくりプログラムを提供することで、ヒトも組織もイキイキとした幸せな社会の創造につなげます。

このプログラムを多くのヒトに、企業に届けることが社会を元氣にすることができるひとつのきっかけになる。
そう信じているからこそ、私たちはこのサービスを使命感を持って提供させていただいております。


「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、
実際に企業が叶えようとする夢を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです

https://prtimes.jp/aprildream/


▢ 株式会社 and fmaily について
現在 株式会社 and family では、超高齢社会の真っ只中にある日本において「仕事と介護の両立」を支援する〈職場づくり〉のきっかけ創りのため、ビジネスゲーム型企業研修「けあとの遭遇(R)ワークショップ」を提供させていただいております。


 ●ビジネスゲームという一見"遊び"だからこそ〈素顔〉が垣間見える
 ●ビジネスゲームという〈疑似体験〉だからジブンゴトになる
 ●ビジネスゲームという〈体験共有〉職場で行うことでお互いさまになる

そのような取り組みを通じて、働く人も企業もより一層イキイキと活躍できる社会の実現を目指しています。


【株式会社 and family 会社概要】




 会社名 :株式会社 and family
 所在地 :東京都中央区日本橋小網町8番2号
 設 立 :2019年3月15日
 代表取締役 :佐々木将人
 事業内容 :ビジネスゲーム型企業研修プログラムの開発・提供、職場づくりコンサルティング
 URL :https://and-fam.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)