出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

「第3回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品募集!

一般財団法人 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
障害のあるアーティストを発掘し発信!

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)は、昨年に続き、「第3回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展」を開催、障害のあるアーティストから作品を募集いたします。


日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害のある方のアート活動を中心に多様性の意義と価値を広く伝え、越境や交錯、交歓の喚起を導くプロジェクトに取り組んでいます。

本公募展は、2018年度より始動しており、障害のある方が制作した過去に受賞歴のない作品を募集します。昨年度は、14カ国から、約2,000点の作品応募がありました。絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など。素材やテーマは自由です。募集期間は、2020年6月15日(月)~7月5日(日)迄、最終審査は9月中旬頃を予定しています。

審査は、7名の美術家や美術関係者が、各々の領域の知見で作品を選定します。入選作品は、東京・横浜のギャラリーでの公開を予定しています。既成概念や美術史などに影響されない、心揺さぶるような作品のご応募をお待ちしています。

私たちの価値観が覆されるほどの多彩な作品。それぞれにある作品の価値を見出し、共感したり、理解したり、違いを認め合うことは、人をより豊かにしてくれるでしょう。そして、次々と生まれてくる新しいアーティストたちの逞しいほどの表現力は、この社会において凝り固まった概念の壁を突き破り新しい世界を切り開き、これからの社会において求められる意義深い力であることを確信しています。

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
https://www.diversity-in-the-arts.jp

●作品募集に関するお問い合わせ
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 係((特非)CUE-Arts内)
TEL.06-6940-6767 e-mail:contest@diversity-in-the-arts.jp


募集要項はこちら https://www.diversity-in-the-arts.jp/


■審査員(五十音順)
・秋元 雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授/練馬区立美術館館長)
・上田 バロン(FR/LAME MONGER代表/イラストレーター)
・エドワード M. ゴメズ(RAW VISION 主任編集者)
・藏座 江美(一般社団法人ヒューマンライツふくおか 理事)
・中津川 浩章(美術家/アートディレクター)
・永野 一晃(写真家)
・望月 虚舟(書家)

■主催:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
■協力:国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)





「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品審査会の様子
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会