美容・健康

フラコラ最高峰(※1)の原液が進化 。同級生に差をつける「高速エクソソーム(※2)」『 ヒト幹細胞エクソソーム原液 DR 』

株式会社 協和
2022年7月25日(月)新発売

先端美容を追求し、エイジングケア美容液ブランドシェアNo.1※3の「fracora(フラコラ)」は、生命科学研究から生まれた『ヒト幹細胞エクソソーム原液』の進化版『ヒト幹細胞エクソソーム原液DR』を2022年7月25日(月)に通信販売よりリニューアル新発売いたします。 フラコラ『ヒト幹細胞エクソソーム原液 DR』ご紹介ウェブサイト URL:https://www.fracora.com/products/34800801.html






開発の背景

■独自のヒト幹細胞研究により、エクソソーム※2の高濃度化に成功
生命科学研究により、ヒト幹細胞の主役は「エクソソーム※2」であることが明らかになりました。そこで、先端美容を推進するフラコラでは、2021年4月『ヒト幹細胞エクソソーム原液』を発売。エイジングケア※4にしっかりとした手ごたえを求めるお客様から好評をいただいています。その後も、さらなる高実感を追求して研究を続けた結果、この度、エクソソーム※2を飛躍的に高濃度化させることに成功。進化版原液美容液として、いち早く製品化し、シリーズ史上最高&最速実感をお届けいたします。


■【ヒト幹細胞】のメカニズムを研究
美肌効果へ未知の可能性を秘めたヒト幹細胞のメカニズムを解明し、より高機能な製品を開発するため、フラコラでは2020年から「ヒト幹細胞」について、東京大学と共同研究を行い、更なる可能性を追求しています。



製品特徴

【Deep Rich】 より深く、より高濃度に進化
従来品の約50倍のエクソソーム※2量で、エイジングケア※4をよりパワフルかつスピーディに


■「水なしエクソソーム※2」の開発に成功


従来品は抽出する際の基材に、水を使用していましたが、エクソソーム水とコラーゲン水を採用する新技術で、エクソソーム※2の量を飛躍的に向上させることに成功。濃度を従来品の約50倍にまで高めました。濃度が高いほど浸透性※5が上がり、より多くのエクソソーム※2が肌で働くことで、かつてない高実感※6へ導きます。




■細胞※8のコトバ「エクソソームとは」?
エクソソームは肌にもともとある成分。豊富な美容成分を与えることで本来の美肌を育む働きをサポート。お手入れの効率を高めます。



■ 『 ヒト幹細胞エクソソーム原液』従来品および「ハイブリッド型エクソソーム」についてはこちら
https://www.kyowa-group.co.jp/wp-content/uploads/210409_stemcells02.pdf


■ 乾燥による小じわを目立たなくする(効能評価試験済み)*肌への効果を保証するものではありません。



こんな方へおすすめ

・ 透明感※9、ハリ・弾力、キメ、毛穴、うるおい等、年齢悩みを1本でパワフル&スピーディにケアしたい方
・ エイジングケア※4にワンランク上の手ごたえを求める方
・ 『ヒト幹細胞エクソソーム原液』を使用中で、さらなる高実感を求める方




製品概要



製品名:『 ヒト幹細胞エクソソーム原液 DR 』
主な原材料名::ヒト脂肪由来間葉系細胞エクソソーム、加水分解コラーゲンエキス、プロパンジオール、グリセリン、BG、1,2- ヘキサンジオール、ヒト幹細胞順化培養液、規定化細胞培地9、ぺンチレングリコール、トリ(カプリル酸/ カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、酢酸トコフェロール
フリー処方:無香料、無着色、パラベンフリー、鉱物油フリー、アルコールフリー、フェノキシエタノールフリー
内容量:30mL(約30日分)朝晩使用
価格:10,000円(税込) 9,091円(税抜)
発売日:2022年7月25日(月)
販売:通信販売
『 ヒト幹細胞エクソソーム原液 DR 』ご紹介ページ
URL:https://www.fracora.com/products/34800801.html


※1 フラコラシリーズ内において ※2 ヒト脂肪由来間葉系細胞エクソソーム:整肌成分 ※3 化粧品マーケティング要覧2021No.1 美容液抗老化2020 年実績(株)富士経済 ※4 年齢に応じたお手入れ ※5 角層まで ※6 当社比 ※7 原料分析結果から導いた計算値 ※8 商品の浸透は角層まで ※9 透明感のある素肌とは潤ってキメの整った肌のこと
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)