エンタテイメント 医療・医薬・福祉

障がいを持つアーティストの育成プロジェクト。怪談家 稲川淳二の『稲川芸術祭』クラウドファンディング通じて支援者募集!               

一般社団法人あゆみ
CAMPFIRE (カテゴリー:ソーシャルグッド) https://camp-fire.jp/projects/view/597447

精神、知的、身体のハンディを背負う皆さまからアート作品を大募集!障がいを持つ子の一人の親として怪談家 稲川淳二がパラアーティストの育成を目的に立ち上げたプロジェクト。決して一過性ではない、長期にわたるプロジェクトとして応援して頂ける支援者をクラウドファンディングを通じて募集開始!



精神、知的、身体のハンディを背負う皆さまからアート作品を大募集!怪談家・稲川淳二がエグゼクティブ・プロデューサーとしてパラアーティスト(障がい者アーティスト)の育成を目的に立ち上げた『稲川芸術祭』が2022年も「たのしい!おばけ、ゆかいな!おばけ」というテーマで全国から広く作品募集を開始した。応募は『稲川芸術祭』公式HP(https://www.inagawa-art-festival.com/を通じて応募できる。応募作品は「稲川オンライン美術館」にて随時紹介、稲川淳二監修による、すべての参加作品が掲載された「稲川芸術祭 絵画集」を参加者全員にプレゼント、そして参加作品の中から最優秀作品に選ばれた作品に関しては「稲川賞 アワード2022」を授与、プロゴルフツアー・マスターズばりの“グリーン・チャンチャンコ”を贈呈される。毎年発行してゆく「稲川芸術祭 絵画集」は国立国会図書館に寄贈予定、パラアーティストのレガシーを日本の文化的資産として永久的に保存、後世に伝えることを目指している。そして本年初の試みとして、クラウドファンディングCAMPFIRE (カテゴリー:ソーシャルグッド)で『稲川芸術祭』の支援者の募集がスタート!(https://camp-fire.jp/projects/view/597447クラウドファンディングを通じて支援者全員が審査員として優秀作品に投票をおこなう『クラウドファンディング賞』や各種リターンが用意されている。稲川淳二はクラウドファンディングの実施にあたって「みんな障がいって言うんだけれど、彼らは私たちが持ってない優れた才能をいっぱい持っている。私たちが気付かないものを絵にしたり、形にできる。素晴らしい才能にご支援をお願いします。」とコメントを寄せている。



稲川賞アワード2021『ゆかいな百鬼夜行』岐阜県・男性
敢闘賞2021『ネコのおばけ』山口県・男性
技能賞2021『魔界の仮面』千葉県・男性
殊勲賞2021『ゴシュジンサマのお墓』長野県・女性
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)