医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

外科医は精神論である!世界的脳神経外科医は“永遠のサムライ” 札幌禎心会病院 院長代行/脳卒中センター センター長 谷川 緑野氏を特集 DOCTOR'S MAGAZINE ドクターズマガジン8月号発刊

株式会社クリーク・アンド・リバー社
株式会社クリーク・アンド・リバー社の医療分野の子会社である株式会社メディカル・プリンシプル社は、医療業界のヒューマンドキュメント誌『DOCTOR'S MAGAZINE [ドクターズマガジン] 8月号』を発刊いたしました。 ドクターズマガジンWebサイト:https://www.doctor-agent.com/service/doctors-magazine



本号では、社会医療法人 禎心会 札幌禎心会病院 院長代行/脳卒中センター センター長 谷川 緑野氏を特集しました。谷川氏は、脳手術の多くが血管内治療になりつつある中、開頭手術でしか治せない超高難度の手術を手掛ける世界的脳外科医です。中学1年生で医師を志し、高校時代に応援団で鍛え上げた精神力で不遇の時代を乗り越え、恩師である上山 博康氏の無血の手技との出会いから弟子入りを決意します。「外科医は精神論」と言い切り、海外ではラストサムライとも呼ばれている谷川氏の物語をぜひご一読ください。

「SPOTLIGHT[ 特別企画 ]」では、回復期・慢性期を専門とする平成医療福祉グループで、臨床だけではなく病院の経営企画にも携わる「経営企画医師」をご紹介します。医師の働き方が多様化している今、臨床現場を知るからこそ見える課題を、病院開設、研究体制の整備、働き方改革のアドバイスなど幅広い手段をもって解決するその魅力について取り上げます。

「Challenger-挑戦者-」では、全国から「ここで学びたい」と研修医が集まる亀田総合病院で、史上初5年連続で優れた指導医に選ばれている中島 啓氏を特集しました。38歳という若さで呼吸器内科のトップに就任し、「臨床・研究・教育」の3本柱において高い評価を受ける中島氏の軌跡を追いました。今月も、全国各地で活躍する医師や医療法人を様々な観点からご紹介しています。


DOCTOR'S MAGAZINE ドクターズマガジン No.271 2022年8月号のご案内

[ドクターの肖像]
社会医療法人 禎心会 札幌禎心会病院 院長代行/脳卒中センター センター長
谷川 緑野

[Doctor's Opinion]
“日本の難病に思うこと ~一つのブロックバスター医薬品がもたらした新しい時代~”
国立大学法人 東京医科歯科大学 副学長/学術顧問/高等研究院 特別栄誉教授
渡辺 守

[連載コラム]
押し売り書店“仲野堂” #07
大阪大学 名誉教授
仲野 徹

[SPOTLIGHT[ 特別企画 ]]
これからの新しい医師の働き方—“経営企画医師”とは
平成医療福祉グループ

[Dr.徳田のクリニカルパールズ]
度重なる意識障害の原因は?

[Challenger-挑戦者-]
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 呼吸器内科 部長 兼 内科チェアマン
中島 啓

[SPECIAL COLUMN]
肺移植医 大藤剛宏先生のカタール冒険譚Episode.09

[臨床研修指定病院紹介]
筑波大学附属病院
綜合病院 山口赤十字病院

[専門医研修紹介]
山形県立 こころの医療センター
公益社団法人 福岡医療団 千鳥橋病院

[医療過誤判例集]
医師の説明義務が加重される場合(未確立の治療法)

[医局紹介]
京都大学医学部附属病院 心臓血管外科医局
藤田医科大学病院 総合消化器外科

[Medical Topics/Student's Voice]
メディカルトピックス/医学生の声

====================================
判型:変型A4版
定価:500円
編集・制作/勝又シゲカズ BTTB inc.
漫画/円茂竹縄 ad-manga.com
発行人/由良 芳從
編集長/牛尾 周朗
副編集長/杉浦 美奈子
佐野 友子
近藤 沙緒莉
====================================

本マガジンは毎月発行で医師、医療機関など医療分野におけるプロフェッショナルなどに向けて6万5千部を発行しております。

【ドクターズマガジンに関するお問い合わせ】
株式会社メディカル・プリンシプル社
『DOCTOR'S MAGAZINE』編集部
ドクターズマガジンWebサイト:https://www.doctor-agent.com/service/doctors-magazine
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)