美容・健康 デジタル製品・家電

メディカル分野向け新機種「MD200」を発売

株式会社インディバ・ジャパン
「セルブーストテクノロジー」搭載で、より高い有用性を実現

株式会社インディバ・ジャパンは、形成外科や美容医療分野に展開している高周波温熱機器「インディバ(R) MD」シリーズの、12年ぶりの新機種「MD200」を発売しました。「MD200」には新機能「セルブーストテクノロジー」が加わり、活用される場面がより広がります。


 高周波温熱機器「インディバ(R)」を日本で25年以上販売している株式会社インディバ・ジャパン(東京都目黒区、代表取締役社長:山口薫)は、美容形成、皮膚科など医療分野を対象に展開している「MD」シリーズの新機種「MD200」を発売しました。
 12年ぶりのモデルチェンジとなる「MD200」には、製造者であるスペイン・インディバ社の35年を超える研究から生まれた新機能「セルブーストテクノロジー」を搭載。これは「インディバ(R)」独自の周波数であり、脂肪生成抑制や脂肪由来幹細胞の軟骨細胞分化など、さまざまな作用が示唆されている0.448MHzの電流を、施術を受ける側の温感を変えることなく、より多く体内に透過させることを可能にしたもの。「インディバ(R)」の特長を、さらに引き出してくれる機能です。なお「MD200」は、日本市場でのみ販売される機種となります。
 治療の補完、術後の回復促進など美容形成、皮膚科のみならず、内科や歯科まで多くの科目でご利用いただけます。特に脂肪吸引手術後の「インディバ(R)」による早期回復は、従来器でも評価が高く、「MD200」でのさらなる有効性が期待できます。

デザインも一新した「インディバ(R) MD200]」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会