ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

4月1日設立、ヘルスケア/ライフサイエンス業界のM&Aサポートを強化。専門子会社「GCAヘルスケア」設立に関するお知らせ

GCA株式会社
GCA株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:渡辺章博、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、ヘルスケア/ライフサイエンス業界向けに特化する専門子会社「GCAヘルスケア株式会社」を設立いたしました。 新型コロナウイルスによる感染が広がり世界経済に大きな影響と不安をもたらしている中で、ヘルスケアM&Aや遺伝子細胞治療のバイオベンチャーへの経営資源提供の社会的意義が飛躍的に高まってきています。こうした中でGCAとしてもM&Aの助言を通じた社会貢献をさらに一層加速させるため、ヘルスケアチームを分社化することいたしました。ESG投資で成長を志向するクライアントのためにより一層貢献して参ります。





設立子会社の商号

GCAヘルスケア株式会社


設立の目的

当社はヘルスケア/ライフサイエンス分野を社会的に重要なセクターとしてこれまで数多くのM&Aを助言して参りました。具体的には、三共と第一製薬の経営統合、米Sonosite の富士フイルムへの売却、参天製薬のリューマチ事業の売却によるあゆみ製薬創設、クオリカプスの三菱ケミカルホールディングスへの売却案件の助言等、世界23拠点を超えるグローバル専門チームを通じて提供して参りました。また、日本およびアジア発のイノベーションを支えるべくスタートアップ企業に対する資金調達の支援についても取り組んできました。

今般、新型コロナウイルスによる感染が広がり世界経済に大きな影響と不安をもたらしている中でヘルスケアM&Aや遺伝子細胞治療のバイオベンチャーへの経営資源提供の社会的意義が飛躍的に高まってきています。こうした中で当社としてもM&Aの助言を通じた社会貢献をさらに一層加速させるため、ヘルスケアチームを分社化することいたしました。分社化体制のもとで機動的な意思決定を可能にしてパートナー企業とのアライアンス等を通じた更なる経営資源獲得と成長を目指します。これによりヘルスケア/ライフサイエンス分野におけるESG投資で成長を志向するクライアントのために貢献したいと存じます。


子会社の概要

(1) 商号   :GCAヘルスケア株式会社
(2) 所在地  :東京都千代田区丸の内1‐11‐1パシフィックセンチュリープレイス丸の内30階
(3) 代表者  :代表取締役 渡辺 章博、社長執行役員 美里 賢史
(4) 事業内容 :M&Aアドバイザリー業務
(5) 資本金 :1,000万円
(6) 設立年月日 :2020年4月1日
(7) 株主   :GCAアドバイザーズ株式会社(当社の完全子会社) 100%
(8) 電話   :03-6212-7110


GCAについて

GCAは日本で唯一のグローバル・プラットフォームを持った、独立系専業M&Aアドバイザリーファームです。
GCAの経営理念は「For Client’s Best Interest」 (FCBI)です。
「クライアントのために本物のM&Aアドバイスをしたい」という思いに共感した仲間が集まって2004年に創業されました。どの金融機関にも属さない独立系ファームの存在意義はクライアントの最善の利益(Best Interest)の観点からM&Aを助言することです。

M&A関連サービスのみに特化し、その専門性を追求することによって、スタートアップ企業の資金調達支援、クロスボーダーM&A、事業スピンアウト、純粋MBO、買収防衛などクライアントの利益のために、難しい複雑な案件を多数手がけております。

オフィスは全世界に有し、日本企業による国内および米国、欧州、アジア地域などの海外におけるM&A案件を支援しております。M&Aアドバイザリー、戦略・PMIコンサルティング、財務税務デューデリジェンスにフォーカスすることで、クライアントのM&Aを一貫してサポートしております。

<会社概要>


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)