医療・医薬・福祉

フィリップス、日本初のエキシマレーザを利用した下肢用カテーテル「Turbo Elite (ターボ・エリート)」「Turbo Tandem (ターボ・タンデム)」を発表

株式会社フィリップス・ジャパン
繰り返すステント内狭窄治療に新たな選択肢を


株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下 フィリップス)は、「2030年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

このたびフィリップスは、下肢末梢動脈治療用レーザカテーテルの新製品「エキシマレーザTurboカテーテル (エキシマレーザ・ターボ・カテーテル) 」の保険償還が2020年4月1日付で開始され、順次販売を開始します。

「エキシマレーザTurboカテーテル (エキシマレーザ・ターボ・カテーテル) 」は「Turbo Elite (ターボ・エリート)」および「Turbo Tandem (ターボ・タンデム)」の2種類があり、「エキシマレーザ血管形成装置」で発生させたレーザエネルギーをカテーテルの先端から照射し、大腿膝窩動脈に留置されたステント内における再狭窄(ISR: In-Stent Restenosis、以下ISR)および再閉塞病変の動脈硬化組織を、非熱的なエネルギーにて分解、蒸散させ、血行の再建を行う光ファイバカテーテルです。これまで、冠動脈の治療用にエキシマレーザを利用したカテーテルが使用されていますが、この技術を下肢用に応用させました。

末梢血管内治療として、バルーン拡張後にその状態を維持するためのステント留置術は有力な治療選択肢の一つとして一般的に広く行われていますが、ステント留置後に、一定頻度でISRが発生することが報告(*1)されています。「Turbo Elite (ターボ・エリート)」および「Turbo Tandem (ターボ・タンデム)」は、米国にて、大腿膝窩動脈におけるISRへのエキシマレーザと一般的なバルーン治療の有効性と安全性について評価を行ったEXCITE ISR試験(*2)において、エキシマレーザ群の優越性が示されました。

製品特長
・ 波長308nmのエキシマレーザを利用して、熱による周囲の損傷を抑えた組織蒸散を行うことができます。
・ Turboシリーズは、使用方法に応じて全2種類のタイプがあります。
  -「Turbo Elite (ターボ・エリート) 」(OTWタイプ):ガイドワイヤ挿入方法がオーバー・ザ・ワイヤ式のカテーテルです。
  -「Turbo Tandem (ターボ・タンデム) 」(ガイディングカテーテル付属OTWタイプ):蒸散可能な内径範囲を拡大するため、カテーテル先端部に偏心性を持たせるガイディングカテーテル付属のオーバー・ザ・ワイヤ式のカテーテルです。
・ Turboシリーズは、エキシマレーザ発生装置である「エキシマレーザ血管形成装置」と併用します。


Turbo Elite


Turbo Tandem


エキシマレーザ血管形成装置


エキシマレーザ関連製品について
フィリップスは、2020年1月、「エキシマレーザTurboカテーテル (エキシマレーザ・ターボ・カテーテル) 」と「エキシマレーザ血管形成装置」を含む、日本国内で販売されている全てのSpectranetics社製品につきまして、ディーブイエックス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:柴崎 浩、以下 ディーブイエックス)から製造販売業の承継を完了しています。なお、流通・販売業務については、引き続きディーブイエックスと協力して行います。

*1 Norgren, Lars, et al. "Inter-society consensus for the management of peripheral arterial disease (TASC II)."Journal of vascular surgery 45.1(2007):S5-S67.
*2 EXCITE ISR Study:エキシマレーザ群+PTA群(170例)とPTA群(82例)の治療成績を比較し、その結果、主要有効性評価項目である「術後6か月時点での標的病変再血行再建術(Target Lesion Revascularization; TLR)の回避率」についてPTA群に対するエキシマレーザ群の優越性が示された(エキシマレーザ群78.3%、PTA群58.9%、p<0.005)


フィリップス・ジャパンについて
フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2019年4月1日よりフィリップス・レスピロニクス合同会社と統合し、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいるヘルステックカンパニーです。今後、病院で使用されるフィリップスの先進医療機器やパーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がることで、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケア・プロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供していきます。医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指します。(https://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケア・プロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2018年の売上高は181億ユーロ、オランダを拠点に全世界に80,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会