教育・資格・人材 美容・健康

【2020年入社・新卒エステティシャン】指先の感覚が不可欠なエステ研修をオンライン化

株式会社シーズ・ラボ
〈報道関係者各位〉世界的ヘルスカンパニー、ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下J&J)の傘下であるシーズホールディングスのエステ事業部、クリニカルサロン シーズ・ラボ(本社 東京都渋谷区、全国で31店舗展開)では、コロナウィルス感染拡大防止による自粛要請を受け、2020年4月1日入社のエステティシャン研修をオンラインで開始することをご報告致します。     


画面に向かってウィッグを使い洗顔を練習


ヘアスタイルの指導


                                 


■創業25年、初めての試み 「ピンチをチャンスに」

忘れられない社会人デビュー2020年、彼女たちをお迎えするシーズ・ラボでは、従来の研修制度を大きく覆し、創業以来初のオンライン研修を実施致します。

通常は、皮膚学や美容機器取扱方法などの座学を対面で行い、実技研修では相モデルになって肌に触れ、顔の凹凸の感覚を指先で確かめながら実践を繰り返します(画像左側)。まさに“手取り足取り”の付きっきり状態です。社員の理解度を顔色や手の動きから目視して教育しているトレーナーにとっても苦渋の決断ではありましたが、新入社員の不安を取り除き、前向きな気持ちで研修に参加しピンチをチャンスに変えて欲しいという強い思いがあります。

タブレットに向かって皮膚の断面図を解説


-----------------------------------------------------------
【通常の研修風景】

通常の座学研修
通常の実技研修
指のタッチを確認


-----------------------------------------------------------


新入社員へ発送した荷物

■具体的な研修プラン
・理論研修
・身だしなみ講習
・ウィッグを使用したフェイシャル実技

情勢を見極めながら新社会人のエステティシャンデビューをサポートしていきます。但し、全ての実技はオンライン上では難しいため、一刻も早い終息を願うばかりです。


■新入社員とトレーナーの声
「普通は見れるはずのない仲間の集中している顔が見ることができて自分も集中できたと思います」(新入社員)
「不安があったけど離れていても研修ができて便利だと思いました」(新入社員)
「安全性を強く感じた。睡魔に襲われている姿もなく、こちらもモチベーションが下がらなかったです」(トレーナー)


■店頭ではお客様からの喜びの声も
お客様が安心して施術をお受けいただけるよう、J&J社協力のもと、消毒・除菌活動を積極的に実施。そんな中、お肌の悩みや自粛ムードでストレスが溜まったお客様が「来てよかった」「久しぶりにリラックスできた」と指先から伝わる癒しに喜びの声が増えています。

リステリン(口腔内殺菌液)


フロントには除菌水を完備


全店舗、個室空間でご安心いただけます
*********************************************************
当サロンでは、日ごろから施術スタッフやサロン内の衛生管理を徹底しております。
現状も通常通り営業しておりますが、この度の新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、お客様の安心・安全のため、感染予防対策や衛生管理や空カナン除菌などより一層強化しております。

つきましては当サロンでは、
●施術前の手指消毒
●テーブルやドアノブなど人が触れる部分の消毒と除菌
●手洗いうがいの徹底
●全スタッフのマスク着用
●施術部屋内の都度の空気除菌

など、対策を徹底した上で一部時間を短縮して営業させていただいております。
また、以下に該当するお客様には、ご来店をお控えいただきますようお願いしております。

●37.5度以上の発熱やのどの痛み、咳の症状がある方
●感染者または感染が疑われる方との接触があった方

また、ご来店いただくお客様には来店時に必ずアルコールでの手指消毒・うがいのお願いをさせて頂いております。
お客様ならびにスタッフの健康と安全のため、感染予防に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
*********************************************************



■クリニカルサロン シーズ・ラボ
https://www.ci-z.com/
医師監修のメディカルエステとして全国31店舗展開、創業25年を迎えています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)