自然・環境 医療・医薬・福祉

福岡市「オレンジ人材バンク」×介護施設×ニチリウ永瀬 ~「老いるを楽しむ」社会の実現を目指す~

株式会社ニチリウ永瀬
福岡市西部運動公園に、認知症の人々やご年配の方々がお世話をする花壇を設置。


現在、少子高齢化が進み高齢者を「一方的に支える」社会の綻びが顕在化してきています。
日本における65歳以上の認知症の人は約600万人(2020年現在)と推計され、2025年には約700万人(高齢者の約5人に1人)が認知症になると予測されており、高齢社会の日本では認知症に向けた取組が今後ますます重要になるといえます。

そこで今回、福岡市「オレンジ人材バンク」に登録された認知症の方や介護施設に通われるご年配の方々がお世話をする花壇を、福岡市にある西部運動公園に設置しました。園芸作業は、土に触れて昔の記憶を呼び戻すことや、外にでて日光を浴びることなど、認知症との親和性が高く「誰でも自分でできる緑化活動」として注目されています。




7月22日(金)には、オレンジ人材バンクに登録された方と、地域密着型通所介護施設「がんばり屋さん(https://gannbariyasann.webnode.jp/)」に通われる方々と一緒に雑草の除去作業や水やりをメインに作業を実施しました。作業後、きれいになった花壇をみて満足そうな参加者の皆さんの笑顔が印象的でした。

ニチリウ永瀬は、これまでに、産学官民オール福岡で構成する「福岡オレンジパートナーズ」として、認知症の方の意見を取り入れながら、誰もが使いやすいユニバーサルデザインをベースとした「モノが無くならないガーデニングトートバッグ」と「結ばなくていいガーデニングエプロン」を開発しました。
今後も弊社は、園芸や農業などグリーンの力による社会課題の解決に貢献すべく、オレンジ人材バンクの取組を進める福岡市との共創によって、誰もが自分らしく、いきいきと暮らす共生社会の実現を目指して参ります。

■福岡市認知症フレンドリーシティについて
福岡市は、「福岡100」のリーディング事業として、認知症施策全体を「認知症フレンドリーシティ・プロジェクト」と総称し、認知症とともに住み慣れた地域で安心して自分らしく暮らせるまちづくりをオール福岡で推進。平成 29 年度にプロジェクトを開始し、これまで、認知症コミュニケーション・ケア技法「ユマニチュード」の普及や「認知症の人にもやさしいデザインの手引き」の策定など、認知症の人や介護者の方に向けた様々な支援に取り組んでいます。

■オレンジ人材バンク/福岡オレンジパートナーズについて
認知症の人と企業が双方向で関わりを持ち、商品開発などを行うことで、共に暮らせる共生社会を構築するとともに、認知症の進行を遅らせ、長く自分らしく活躍することにつなげる仕組み。

モノが無くならないガーデニングトートバッグ、結ばなくていいガーデニングエプロン」について
認知症の方にも安心して使っていただけるようユニバーサルデザインを目指し、様々な工夫を凝らしています。世界的にも品質に定評のある倉敷帆布を使い、障がい者福祉施設「光あけぼの園」のはんぷ工房「結」にて一点ずつ手作りで製作しております。




企画進行協力:株式会社Zero-Ten 
企画検証協力:福岡市・医療法人すずらん会たろうクリニック
企画・プロダクトデザイン:BRIDGE KUMAMOTO
バッグ製作:社会福祉法人大和福祉会 光あけぼの園 はんぷ工房「結」

■株式会社ニチリウ永瀬 概要
2021 年で創業 100 年を迎えたニチリウ永瀬は、食・農業を通して、持続可能な社会と人々の暮しを豊かにする商品やサービスを提供する、農業資材・家庭園芸用品・飼肥料原料を中心に取り扱う専門商社です。 BtoB を中心としたビジネススタイルを築き、国内に 18 拠点を置いています。社内外のビジネスパートナーと共創し、ITやAIの技術を活用しながら、日本が直面する課題にも積極的に取り組んでいます。
本 社:福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目 14-3
代表者:代表取締役社長 金尾佳文
設 立:1952年8月(創業1921年8月)
資本金:470百万円 売上:36,005百万円(2021年12月期)
事 業:農業資材・家庭園芸用品・飼肥料原料を中心に取り扱う専門商社
公式ウェブサイト:https://www.nichiryunagase.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)