広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート~感染への恐怖心・意識~ 4月3日(金)更新分

株式会社アスマーク
恐怖心がある割に、自分事として捉えている人は少ない印象

新型コロナウイルスによる社会混乱・経済影響を顧みて、生活者の意見を正確に伝えることがマーケティングリサーチ会社である株式会社アスマークとしての責務だと考え、調査レポートという形で世の中への価値貢献ができるよう、4月末まで毎週3回(月・水・金 ※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する生活者の情報をお届けさせていただきます。 本調査レポートでは、日々変わる状況に対して、消費者の意識・実態がどのように変化しているのかを公開しています。 ※全て首都圏(一都三県)在住の方500サンプルに対する更新日前日の調査データとなります。


今回より新たな調査レポートを公開していきます。

【 調査結果 】
金曜日公開のテーマは「感染への恐怖心・意識」についてです。4月2日(木)の夜~4月3日(金)朝にかけての回答データです。土日を控え、感染への恐怖心や自分事として捉えているかどうかなど、意識がどのように変化したのか推移を確認します。
※今回は初回のため、推移ではなく回答時点でのデータのみを公開しています。

< 感染への恐怖心・意識 >

Q.「コロナウイルスの感染拡大」が騒がれておりますが、あなたのお気持ちに近いものをそれぞれお知らせください。(1つ選択)
■恐怖心がある割に、自分事として捉えている人は少ない印象
年齢が上がる程、コロナウイルスに対する恐怖心が高まる傾向がみられる。また、その傾向は女性に特に顕著に表れている。
一方、恐怖心が高い割に、自分事として認識している人は少ない印象。

恐怖レベル


自分事レベル


< 気になること >

Q.「コロナウイルスの感染拡大」において、あなたが現在気になることはなんですか。(自由回答) ※一部抜粋

大きく分けると、「いつまで感染が続くのか」「仕事や収入面」「医療問題」「政府の対応の遅さ」が多くみられた。


仕事が、どうしてもテレワークにはできない内容なので、日曜日に電車に乗ったら、人が結構乗っていて驚いた。カップルもいたり、どう見ても友達同士も乗っていた。危機感も緊迫感がないなーと思いました。朝が早い仕事なので、今までは空いていた電車が、最近はすごく混んでいる。週末に自粛しても無駄のように思えます。(女性50代)
医療崩壊防止と生活保障と治療薬・ワクチンの開発状況。左翼野党や左翼マスコミは、この重大事を反自民活動に利用することを即刻止めなさい!安倍政権及び国家や自治体はどうでもいい情報は出す必要はない。先の3点だけ毎日何回でもしっかりと説明しなさい!(男性60代)
政府は緊急事態宣言をいつ出すのか(女性20代)
政府が適切な政策をしてくれない事。いつも後手後手で、国民の事を第一に考えていない。コロナが広がっても政府を信じられればこんなに不安にはならないと思う。(女性50代)



■こちらから常にコロナの影響に関する調査の最新情報をご確認いただけます。
https://www.asmarq.co.jp/news/corona0403
※次回の更新は、2020年4月6日(月)を予定しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)