美容・健康

前期比362%成長のVALX、マーケティングの秘密を徹底解明!無料オンラインセミナーを開催

株式会社レバレッジ
フィットネスブランド「VALX(バルクス)」を展開する株式会社レバレッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:只石昌幸)は、株式会社ガラパゴス代表取締役 中平健太氏を招き、「VALX」流マーケティングをテーマにした対談を2022年8月3日(水)に開催することをお知らせいたします。




「前例のない熱狂を、しかける。」をミッションに掲げるレバレッジは、フィットネス業界で成長を続け、2019年に立ち上げた「VALX」は、立ち上げ10か月で月商1億円を達成しました。
また、2021年3月期の売上高は前期比362%と大幅に伸長し、2022年10月期の売上高は60億円を超える見通しです。
今回は、レバレッジと同じく急成長を遂げている株式会社ガラパゴス 代表取締役 中平氏をお呼びして、「VALX」のブランド立ち上げから現在まで急成長の秘密を徹底解明していきます。株式会社ガラパゴスは、B2B領域でマーケター向けサービス「AIR Design」を展開し、リリースから2年半で550社の導入を達成している注目企業であり、3年前から月に一度は経営論をぶつけ合う2人だからこそ実現可能な白熱した対談は必見です。
この機会に、是非皆さまもご参加ください。

【開催概要】
日時:2022年8月3日(水)15:00~16:00
会場:Zoomにてオンライン配信
参加費:無料
応募方法:https://airdesign.ai/seminar/20220803.htmlよりお申込み

【このような方におすすめ】
・事業を成長させたい方
・顧客と向き合う本質的なマーケティングをしたい方
・数値だけを見るテクニカルな手法に限界を感じている方

【登壇者】

株式会社ガラパゴス
代表取締役 中平 健太

早稲田大学理工学部卒業後、インクス(現ソライズ)にて大手製造メーカーのプロセス改善コンサルティングに従事。その後2009年にガラパゴスを創業。100を超える大規模スマホアプリ開発を通して、デザイン産業のアナログな構造に起因するペインを痛感。ペイン解消に向けて、広告デザインを高品質・高速に制作するサービス「AIR Design」(https://airdesign.ai/)をリリース。ICC スタートアップ・カタパルト 準優勝、G-STARTUP 優秀賞、B-SKET DemoDay MVT(最優秀チーム)、JSSA 最優秀賞、JAPAN STARTUP SELECTION 2021「ベスト経営チーム賞」受賞、Mizuho Innovation Award 受賞。



株式会社レバレッジ
代表取締役 只石 昌幸

1975年群馬県生まれ。
法政大学卒業後、株式会社キーエンスへ入社しマーケティング戦略を学ぶ。退職後、2006年にレバレッジを起業。
2016年よりフィットネス領域でメディア運営を開始し、2019年にフィットネスブランド「VALX」を立ち上げると、10ヶ月で月商1億円を達成。
手がけるビジネスは全てで「日本一」か「誰もやらないことしかやらない」と決めている。チャンネル登録60万人を誇るYouTubeを中心に、広告に頼らないマーケティング戦略で2021年に売上が前年比362%を達成し、EO成長率アワードを受賞。
趣味の極真空手では黒帯取得、シニア部門世界ベスト8位。

【株式会社レバレッジ 会社概要】
メディア事業としてパーソナルジム検索サイト「ダイエットコンシェルジュ」の運営やD2C事業でフィットネスブランド「VALX」という山本義徳氏監修のもと本物を追求したプロテイン・サプリメントの販売をしております。今後は日本市場のみならずグローバル市場への展開を行い、フィットネス業界を牽引してまいります。
・パーソナルジム検索サイト「ダイエットコンシェルジュ」
https://concierge.diet/
・パーソナルトレーナー専門総合サービス検索サイト「トレーナーエージェンシー」
https://www.trainer.agency/
・トレーニー向けプロテイン・サプリメント、マッスルブランド「VALX」
https://valx.jp/
・24時間フィットネスジム「VALX GYM」
https://valx.jp/lp/gym/musashikoyama/

会社名:株式会社レバレッジ
代表者:代表取締役 只石 昌幸
所在地:東京都渋谷区南平台町16番11号 MFPR渋谷南平台ビル2階3階(総合受付)
事業内容:メディア事業・D2C事業・フィットネス事業
設立:2006年5月
資本金:3,000万円
TEL:03-6455-0045
FAX:03-6455-0046
URL:https://www.lev.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)