医療・医薬・福祉

ディスポーザブル針状高周波ナイフ「MP Knife(エムピーナイフ)」を発売

オリンパス株式会社
早期がんにおける内視鏡的治療の効率向上に貢献


オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼CEO:竹内 康雄)は、早期がんにおける内視鏡治療の効率向上に貢献するディスポーザブル針状高周波ナイフ「MP Knife」※1を2022年7月28日から国内で発売を開始します。
オリンパスは、経営理念「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」のもと、医師の方々を技術的にサポートし、内視鏡の手技開発に貢献してきました。胃や食道などの消化管の早期がん治療においては、内視鏡的粘膜下層剝離術※2(以下ESD)など、身体への負担が小さく低侵襲な内視鏡的治療が多く用いられています。
今回発売する「MP Knife」は、従来医師が複数のナイフを使い分けていたESDの準備工程、マーキングとプレカット作業に1本で対応できる内視鏡処置具です。処置具の入れ替えに要していた時間を削減し、治療の効率向上に貢献します。マーキング・プレカットを行うにあたり最適なサイズ(突出長2.0mm、外径0.65mm)、適度なシースの硬さ※3に設計することにより、ユーザーの使用感の向上を目指しました。さらに本製品は手術を行う前の洗浄が不要なディスポーザブル仕様のため、感染予防にも寄与します。消毒や保管にかかる業務負荷を低減し、医療現場全体の効率向上にも貢献します。

※1 「MP Knife」は、販売名「ディスポーザブル針状高周波ナイフ」の愛称です。
※2 手技の手順はこちらをご参照ください。
おなかの健康ドットコム:https://www.onaka-kenko.com/endoscope-closeup/endoscopic-therapy/ep_08.html
※3 本ニュースリリース「主な特長の詳細2」を参照。

▪発売の概要


製造販売元はSBカワスミ株式会社です。

▪主な特長
1. マーキングとプレカットの両方に対応し、治療の効率向上に貢献
2. 最適なサイズ設計と適度な硬さによりユーザーの使用感向上をサポート
3. ディスポーザブル仕様により感染予防に寄与



▪主な特長の詳細
1. マーキングとプレカットの両方に対応し、治療の効率向上に貢献

従来、医師はESDを行う際、自分の経験や好みに応じて複数のナイフ系の処置具を使い分けて、マーキングやプレカットを行っていました。今回本製品で、マーキングとプレカットの両方に対応したことで、処置具の入れ替えに要していた時間を削減し、治療の効率向上に貢献します。
▲左:マーキング イメージ図、右:プレカット イメージ図

2. 最適なサイズ設計と適度な硬さによりユーザーの使用感向上をサポート
ESDにおいては、組織の切開時に病変部以外の組織を傷つけて出血するリスクがあります。本製品では医師から声を集約して、マーキングとプレカットに最適なサイズ(突出長2.0mm、外径0.65mm)を実現しつつ、安定した操作ができるように適度な硬さを持たせて、ユーザーの使用感の向上を目指しました。これにより、正確なマーキング・プレカットをサポートし、安定的な治療の実現に貢献します。
▲左:ナイフ先端部、右:適度な硬さを持たせたシース


3. ディスポーザブル仕様により感染予防に寄与
内視鏡による治療手技においては、高度な感染管理が求められます。本製品は、滅菌済みディスポーザブル製品のため、術前の準備や洗浄が不要で、感染予防に寄与します。使用後に破棄するため、消毒、保管などの手間がかからず医療現場での効率向上にも寄与します。

本リリースに掲載されている社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

オリンパスの治療機器事業について
オリンパスの治療機器事業は、医療分野における革新的な技術と製造技術で医療従事者のみなさまとともに歩んでまいりました。診断そして低侵襲治療において、より良い臨床結果を生み、医療経済にベネフィットをもたらし、世界の人々の健康やQOL向上に貢献してまいります。ポリープ切除用のスネア開発に始まり、様々な製品が疾患の予防、診断、治療に役立っています。詳しくは、www.olympus.co.jp/をご覧ください。
またオリンパスの公式Twitterもよろしければ、フォローください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)