美容・健康

肌が綺麗だと思う芸能人1位は、3年連続綾瀬はるか!フラーレン化粧品原料メーカーが市場調査実施

ビタミンC60バイオリサーチ株式会社
~認知が拡がるフラーレンロゴマーク~

フラーレン化粧品原料を販売するビタミンC60バイオリサーチ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林源太郎)は2020年3月23日(月)~3月24日(火)の2日間、1ヵ月の基礎化粧品購入額が5,000円以上の全国の女性300名、30歳~59歳を対象に「スキンケア」をテーマにしたインターネットリサーチを実施しました。


ビタミンC60バイオリサーチ社が販売を行っている化粧品原料「フラーレン」は、アンチエイジング成分として美容フリークの女性の注目を集めています。同社では、フラーレンを推奨濃度配合した化粧品にロゴマークの提供を行うなどの取り組みを行っており、このたびロゴマークの認知度やスキンケアに関するアンケート調査を実施しました。




フラーレンについてどの程度知っているか?という問いに対して、「どんな成分か知っている」「名前は聞いたことがある」併せて38.3%となりました。なかでも、フラーレンが推奨濃度以上配合された製品にのみ付与されているロゴマークについては、フラーレンを知っている人のロゴマークの認知度は50%となりました。

関心のあるキーワードについては、1位「肌にうるおいいを与える」(75%)2位「エイジングケア」(62.7%)3位「肌にハリを与える」(60%)にたいして、最も関心のあるキーワードとしては、1位「エイジングケア」(27%)2位「肌にうるおいを与える」(12.3%)と、最も「エイジングケア」に関心が高いことがわかりました。
また、3年以内の美容に関する利用状況については、プロフェッショナルなケアは「エステ」が28%と一番多く、次いで「美容皮膚科」が11.7%となり、ホームケアについては、1位「フェイシャルローラー」(27.3%)2位「スチーマー」(21%)、「美顔器(美容液の浸透するものなど)(20%)」と、ホームケアの方が利用実績が多いことがわかりました。中でも、会社員の利用は「エステ」は37%、「フェイシャルローラー」32%、「スチーマー」24%と、プロフェッショナルなケア、ホームケアともに会社員の利用が多いことがわかりました。
また、スキンケアアイテムを選ぶ際に最も重視することは?という質問に対し1位「自分の肌質に合うか」(38%)2位「保湿効果があるか」(14%)3位「エイジングケア効果があるか」(10.3%)となりました。スキンケアアイテムでも、パーソナライズドブランドが増えているように、口コミやブランドではなく、自分の肌に肌質に合うかが求められていることがわかりました。
最後に、肌がきれいだと思う女性芸能人は?という質問については、年代問わず圧倒的な差をつけ綾瀬はるかさんが1位となりました。

「シミ」「シワ」など、多くの肌トラブルの原因のひとつと言われる活性酸素。同社が取り扱うフラーレンは、この活性酸素を除去する抗酸化力がある化粧品成分です。その抗酸化力は、ビタミンCの250倍とも言われており、紫外線にも強く持続力があるのが特徴です。

女性の肌悩みに対し様々な効果を発揮するフラーレン。国内外で様々な化粧品へ配合されております。植物由来フラーレの開発にも成功し、今年4月からはサスティナビリティ、環境にも配慮されたフラーレン原料が発売になりました。ビタミンC60バイオリサーチ社では今後も研究開発を重ね、より多くの皆様にフラーレンの効果を感じてもらえるよう努めて参ります。

===アンケート調査 詳細===
■調査概要


調査方法:インターネット調査
調査対象:基礎化粧品購入に1ヵ月あたり5,000円以上を使う全国の女性30歳~59歳
有効回答数:300人(30代:100人/40代:100人/50代:100人)
調査実施日:2020年3月23日(月)~3月24日(火)


■調査結果


あなたはフラーレンについてどの程度知ってますか?



フラーレンについてどの程度知っているか質問したところ、「どのような成分か知っている(9.7%)」「名前はきいたことがある(28.7%)」を合わせて38.3%と、昨年35.7%から認知度が上がったことが確認されました。


下記のロゴマークについてお答えください。





フラーレンを推奨濃度以上配合した商品のみ使用可能なロゴを示したところ、ロゴを知っている、見たことがある、見た気がすると答えた方は全体では27%になりました。なかでも、フラーレンについて、どのような成分か知っている、或いは名前だけ知っている人に関しては、更にロゴマークの認知度は高く、2人に1人がロゴマークについて、「知っている。もしくは見たことがある、見た気がする」と回答しました。


あなたが自由に使える金額は?





あなたが基礎化粧品を使える購入する1か月の平均金額は?



月に自由に使える金額は、5万円以上使用できるのは40代が20%以上と最も多いが、1万円未満も40代が15%と最も多くなっていました。一か月の基礎化粧品平均購入額は、1万円以上の購入は、30代が37%と最も多く、若い世代の方が基礎化粧品を購入する金額が高いことがわかりました。


あなたが自由に使える時間は?




自由に使える時間は、年齢とともに増え、子供がいる女性の方が自由に使える時間が短いことがわかりました。


あなたが1日のスキンケアにかける時間は?



スキンケアにかける時間は、朝、夜ともに10分未満という人が多いですが、朝は71.3%に対して、夜は46.7%と夜の方がスキンケアにかける時間が長いことがわかりました。
また、子どもの有無によってもスキンケアにかける時間は変わり、特に朝は子供の有無に関係なく半数以上が10分以内に対し、夜のスキンケアに関しては10分未満が子ども無し37.3%に対し、子ども有りは56.5%と大きな差がでました。


あなたが3年以内に利用したことがあるものをお答えください。










フェイシャルローラー、スチーマー、美顔器(美容液を浸透させるもの)などのホームケアについては、10%以上が週1回以上の頻度で利用しており、ホームケアの方が利用頻度が高いことがわかりました。また、プロフェッショナルケア、ホームケアともに、職業別でみると、会社員の利用頻度が最も高い事がわかりました。


あなたにとっての「贅沢」や「ご褒美」として当てはまるものをお答えください。



「贅沢」や「ご褒美」として最も当てはまることは、1位「旅行」(28.3%)2位「お肌のメンテナンス、ケア」(15.7%)3位「体のメンテナンス、ケア」(14.7%)と、「贅沢」「ご褒美」としては、断とつ1位で旅行となりましたが、次いで美容、身体に関するケアとなりました。
実際の体験としても、「高級温泉にとまった(31歳女性)」「海外旅行でショッピングにエステなど。(40歳女性)」「豪華なホテルに滞在したくて、中東のアブダビに一人旅した事。(54歳女性)」「仕事を頑張ったご褒美にフランス一人旅ツアーでワインを堪能(59歳女性)」「色々重なって疲れはてた時に、温泉に行って心身共にデトックス。美肌の湯だったので全身お肌がツルツルになって、けっこうもよくなった。(51歳女性)」と上位ランキングの旅行や美容体験に関することが多くあがってました。

あなたがスキンケアアイテムを選ぶ際に最も重視することは?



スキンケアアイテムを選ぶ際に最も重視することは、1位「自分の肌に合うか」2位「保湿効果がある」3位「エイジングケア効果」があるとなりました。
気になるケアの上位の「保湿」「エイジングケア」に関する項目が上位に挙がりました。また、様々な分野でパーソナライズ化されていおり、スキンケアにおいてもパーソナライズされた化粧品がでておりますが、これまで上位に挙がってた「口コミ」は下位になり、スキンケアに関しても「自分の肌質に合うか」と自分に対する項目が1位となりました。

肌がきれいだと思う芸能人は?(フリー回答)



肌がきれいだと思う女性は、年代問わず圧倒的な大差をつけて「綾瀬はるか」さんが1位となりました。過去3年間の調査で連続1位となっており、「キメが細かくトラブルの少なそうな肌だと思う。(50代)」「写真集やTVのアップでもなめらかさがわかる。(30代)」「透き通る素肌で可愛い(50代)」「透明感が凄いです。(30代)」という意見が寄せられました。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会