広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート~世帯収入と金銭面・精神面への影響~ 4月8日(水)更新分

株式会社アスマーク
金銭面での不安が大きいのは男女ともに40代、精神的に苦しんでいるのは年代問わず圧倒的に女性。

新型コロナウイルスによる社会混乱・経済影響を顧みて、生活者の意見を正確に伝えることがマーケティングリサーチ会社である株式会社アスマークとしての責務だと考え、調査レポートという形で世の中への価値貢献ができるよう、4月末まで毎週3回(月・水・金 ※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する生活者の情報をお届けさせていただきます。 本調査レポートでは、日々変わる状況に対して、消費者の意識・実態がどのように変化しているのかを公開しています。 ※全て首都圏(一都三県)在住の方500サンプルに対する更新日前日の調査データとなります。


4月末まで毎週3回(月・水・金 ※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する調査レポートを公開しています。

【 調査結果 】
水曜日には特別実施テーマを公開しています。今回は、「世帯収入と金銭面・精神面への影響」と「プラスになったこと」を調べました。4/7(火)夜~4/8(水)朝にかけての回答データです。

< 世帯収入と金銭面・精神面への影響 >

Q.直近3ヶ月で、あなたの世帯収入に変化はありましたか。(1つ選択)
■女性30代は半数以上で収入が減少
収入が減っている世帯がおよそ3割程度ある中、30代世帯の収入減が際立つ。特に女性30代は半数以上で収入が減少している状況にあり。非正規雇用者の影響が特に大きいと推察される。

直近での世帯収入の変化


Q.あなたのご家庭についてあてはまるものをお知らせください。(複数選択可)
■金銭面での不安が大きいのは男女ともに40代、精神的に苦しんでいるのは年代問わず圧倒的に女性
金銭面では今後の不安が大きく、精神面は現時点で既に追い込まれている様子がうかがえる。
今後の金銭面での不安が大きいのは男女ともに40代、精神的に苦しんでいるのは圧倒的に女性で年代による大きな差はみられない。
また、20-30代男性、60代は他の世代に比べると、金銭面における影響は軽微なため、精神的なゆとりを持ち合わせているのではないかと考えられる。

家庭における金銭的・精神的状況


< プラスになったこと >

Q.新型コロナウイルスの流行によって生じた様々な生活の変化によって、あなたご自身に「プラス」になったことはありますか。(1つ選択)
■60代にとってはプラスになることは少ない
新型コロナウイルスの流行によってマイナスな影響が大きい中、プラスになったことがある人も一定数みられるが、50代を境に60代にかけて減少しているため、60代にとってはプラスになることは少ない様子。

プラスになったこと


Q.どんなことに対してプラスになりましたか。具体的に教えてください。(自由回答)
■大きく分けると、「今までの生活の有難さを実感できた」「したくてもできなかったことができた」「家族との時間が増えた」「勤務時間が減った」の4つに分類される。

※一部抜粋

テレワークになったので新たな仕事のやり方を体験できた(男性50代)
ネット上で新しいコミュニティに参加できた(男性20代)
便利すぎる世の中に初心に返ることができている(女性40代)
大学3年生の娘が居るのですが、就活、バイトも減り、夕食作りを教えながら一緒に楽しく料理出来る機会が増えて嬉しいです(女性50代)
夫の在宅ワークが増えて、子育てが少し楽になった(女性30代)
旦那との時間が増えた。協力し合うことの大切さやお互いが今生きてることへの感謝と、一緒になって良かったと思えるようになった。生活はカツカツですが(女性30代)
通勤の時間を散歩や趣味の時間に充てられるようになった。(男性30代)



■こちらから常にコロナの影響に関する調査の最新情報をご確認いただけます。
https://www.asmarq.co.jp/news/corona0403
※次回の更新は、2020年4月10日(金)を予定しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会