出版・アート・カルチャー 美容・健康

「リモートワークでも疲れない姿勢の作り方」を、書籍「調子いい!がずっとつづく カラダの使い方」著者 姿勢治療家(R)の仲野孝明先生が動画で解説

株式会社サンクチュアリ・パブリッシング
おこもり疲れに効く、簡単ストレッチ法も紹介

サンクチュアリ出版より2019年7月に発売した書籍「調子いい!がずっとつづく カラダの使い方」の著者で、姿勢治療家(R)の仲野孝明先生が、リモートワークで体の痛みを訴える人たちに向けて、「リモートワークでも疲れない姿勢の作り方」の動画配信を開始しました。


仲野孝明先生曰く「リモートワークがスタートして自宅でお仕事をされていて カラダの痛みがでている患者さんが最近多いです。 自宅のダイニングテーブルで作業をしていてカラダも疲れるし 作業効率も悪い気がします。自宅でできる改善策の動画作成してくださいと患者さんよりリクエストいただきましたので、緊急作成致しました。 みんなで正しい姿勢で免疫あげていきましょう!!!」

ぜひ、リモートワークでの生産性向上にお役立てください。











■書籍「調子いい!がずっとつづく カラダの使い方」では、おうちで簡単にできる「姿勢力向上のためのストレッチ法」もイラストでわかりやすく解説しています。












書籍概要

【調子いい!がずっとつづく カラダの使い方】
https://www.amazon.co.jp/dp/480140068X

仲野孝明(著)
2019年07月05日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0068-9
A5変形/並製/160P(本文2C)
価格:1,300円+税

著者について

仲野孝明(なかの・たかあき)
姿勢治療家(R)。
仲野整體東京青山院長。柔道整復師。柔道整復師認定スポーツトレーナー。介護予防運動指導員。

1973年三重県生まれ。大正15年創業、のべ180万人以上の患者数と3度の褒章受賞・綬章受勲を誇る仲野整體の4代目。自身もこれまで0歳から108歳まで、のべ18万人以上の患者を治療する。2008年仲野整體東京青山を開院。“人間本来の正しい体の使い方”から治療することで、全く運動をしてこなかった女性が、3ヶ月後にフルマラソンを完走するなど、人生が変わる患者が続出。現在国内外から多くの人が訪れ、予約のとれない治療院となっている。

治療の経験を自身のスポーツにも応用し、鉄人レース完走や世界一苛酷といわれるサハラ砂漠マラソン250km完走など、姿勢の可能性を探究。モットーは「姿勢が変わると、人生が変わる。」
姿勢から生産性を高める、健康経営法人向けセミナーやラジオ番組など啓蒙活動も話題となり、メディアでも多数紹介され注目されている。

著著に『一生「疲れない」姿勢のつくり方』(実業之日本社)、『長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい』(サンマーク出版)などがある。



体の使い方挑戦企画|飛脚になる(俺の姿勢オリンピック2020東海道五十三次編)

2020年秋、こんなチャレンジも予定しています。
ぜひ取材をご検討ください。

東海道五十三次約500kmを、当時の飛脚のように現代人でも走り抜けることができるか?
先生が自ら体を張って挑戦するチャレンジ企画です。
http://takaakinakano.com/toukaidou2020/?fbclid=IwAR1ViLiFn7w0nI1I2wvmGWmxnNNJTip9ODuY-7qMFHqaygsm8GvbRGk0qjg
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会