出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

【医者は絶対書けないがん医療の真実】がん治療のフェイクを見抜き、自分で決断するための50の心得とは?

株式会社世界文化社
2020年4月11日(土)発売『やってはいけない がん治療』

株式会社世界文化社(東京都千代田区九段北/代表取締役社長:秋山和輝)は、書籍『やってはいけない がん治療』を2020年4月11日(土)に発売いたしました。






フェイクを見抜き、自分で決断するための心得50


「抗がん剤否定本」ベストセラー作家「近藤誠」医師へ覆面取材!
がん検診、終末期医療、代替医療、抗がん剤・・・がん治療の「ウソ」「ホント」がわかる!
国立がんセンター室長若尾文彦氏、ノーベル賞を受賞した本庶佑氏(京都大学特別教授)など日本を代表する専門家が解説するがん治療の現在!



玉石混交の「がん治療」情報から、トンデモ医療を見抜くためには

今や「2人に1人」ががんになる日本。日本人の死亡原因のトップであることからも、がんと聞くと強い不安感を覚える方も多く、世の中にはその予防や治療に関する情報が溢れています。中には、残念ながらがん患者をだまして金を稼ぐ悪徳医師や、エビデンスに乏しい自由診療治療の流行、SNSで拡散される不確かな情報なども多く見受けられ、多くの方が貴重な治療のタイミングを逃したり、命の危険にさらされたりしています。

本書は長年、数多くの専門家や患者・家族へ、取材を行ってきたジャーナリストである著者が、一般の方がどのようにがんと向き合うべきか、自分なりの答えを出す前に、ぜひ知っていただきたいことや誤解されがちな情報について、一冊にまとめたものです。
最先端のがん治療や、一般人が誤解している医療の「真実」を明らかにし、さらに、日本のがん患者に最も大きな影響を与えた医師である「がん放置療法」の近藤誠氏のセカンドオピニオン覆面取材も収録。がん患者やその家族はもとより、毎年がん検診を受ける一般の方まで、現代日本において必読の一冊です。


患者として近藤氏に会い真実を知りたい──覆面取材を敢行




(本文より一部抜粋)



「高額な自由診療は、標準治療より優れている」という幻想




(本文より一部抜粋)


<著者プロフィール>
岩澤 倫彦(いわさわ みちひこ)
ジャーナリスト、ドキュメンタリー作家、ノーザンライツ・プロダクション代表

1966年、北海道札幌生まれ。報道番組ディレクターとして救急医療、脳死臓器移植などのテーマに携わり、「血液製剤のC型肝炎ウィルス混入」スクープで新聞協会賞、米・ピーボディ賞を受賞。著書に『バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ』(小学館)、『やってはいけない歯科治療』(小学館新書)などがある。

<目次>
第1章 近藤誠氏の「がん放置療法」を信じている方へ
第2章 知らないと後悔する「がん治療」の真実
第3章 信じてはいけない「代替療法&都市伝説」
第4章 つい信じてしまう「がんフェイク情報」の共通点
第5章 日本人の9割が知らない「がん終末期医療」の現場
第6章 早期発見できない「がん検診」のカラクリ
第7章 ダメ医者に騙されない「賢いがん患者」術




<刊行概要>
『やってはいけない がん治療』
■発売:2020年4月11日(土)
■定価 :1,200円+税
■発行 :株式会社 世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418204059
※一部書店により発売日が異なります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)