美容・健康

日野自動車と睡眠改善アプリを共同開発~安心・安全な運行を目指し、NEXT Logistics Japan にて実証実験を開始~

株式会社ニューロスペース

 テクノロジーで人々の睡眠課題を解決するSleepTech事業を展開する株式会社ニューロスペース(所在地:東京都墨田区、社長:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下、日野)は 運送事業者の安心・安全な運行に貢献するため、ドライバー に対し睡眠改善のアドバイスをするスマートフォンアプリを共同開発します。5月11日より日野の子会社である NEXT Logistics Japan(以下 NLJ )とそのパートナー 企業で実証実験を開始します。



【睡眠改善アプリ開発の背景】
 物流を支えるトラックドライバーには、昼夜勤務の切り替えのあるシフト勤務により、 睡眠 の問題 (寝不足・睡眠の質低下など)を抱える方が多いという特有の課題があります。
また、2018 年 6 月より施行された国土交通省の事業者向け規則改正において、睡眠不足の運転手の乗務禁止、 乗務前点呼での睡眠不足の確認 ・ 報告および記録が義務化されるなど、運送事業者 、ドライバーにおける 睡眠改善へのニーズが高まっています。
 ニューロスペースと日野は、これらの課題やニーズに対し、ドライバー一人ひとりの勤務シフトを踏まえた睡眠改善ソリューションの提供が重要であると考え 、本アプリ の共同開発を決定しました。

【睡眠改善アプリについて】
腕時計型の睡眠計測デバイスで取得したデータを、ニューロスペースがこれまでに蓄積してきた睡眠改善ノウハウに基づき分析し 、ドライバー一人ひとりに適した睡眠アドバイスを提供します。 ドライバーの睡眠課題を改善することで、より良い健康状態で業務に従事できるようになります。その結果、 居眠りや注意力不足などに起因する交通事故防止が期待できます。

<特徴>

ドライバー一人ひとりの勤務シフトを踏まえたアドバイスで、睡眠を改善するための行動がわかる
睡眠情報は腕時計型の睡眠計測デバイスで自動取得され、ドライバー自身の入力作業は不要

<アドバイスの例>


眠気が出やすい時間帯を通知し、仮眠等の行動を促す
休日における推奨起床時間・昼寝 NG のタイミング
適切な 睡眠を促す 運動タイミング、日光の浴び方 など


【実証実験について】
本アプリを用いた実証実験を、5 月11日より日野子会社の NLJ とそのパートナー企業でおこないます。実証を通じてアドバイス内容や頻度等の改善、アプリの使い勝手を向上させていきます。

■アプリ画面 (画面は開発イメージのため、今後変更の可能性があります)




【株式会社ニューロスペースについて】
企業向け睡眠改善プログラムを国内大手企業に提供し、企業の健康経営と生産性最大化を支援。また、最先端睡眠テクノロジーを活用し、独自の睡眠計測デバイスと解析アルゴリズムをもとに、共同研究開発も行う睡眠テクノロジーベンチャーです。


所在地:東京都墨田区横川1丁目16番3号 横川倉庫2F センターオブガレージ
代表者:代表取締役社長 小林 孝徳
創業:2013年12月
URL:https://www.neurospace.jp/
事業内容:睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠ビジネスに関わる研究開発の技術的支援、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援、睡眠ソリューション開発支援ならびにアルゴリズムAPIのライセンス提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会