美容・健康

サンスター、健康寿命の延伸を目指し、健康診断に「オーラルフレイルチェック」導入開始

サンスターグループ
~「健康経営優良法人2019」3年連続認定~

 サンスターグループ(以下サンスター)の日本法人各社*は、経済産業省と日本健康会議が実施している「健康経営優良法人(大規模法人部門)2019」に3年連続で認定されました。


 サンスターにおける従業員の健康管理の特徴は、充実した健康診断・歯科健診、要経過観察対象者の継続的支援と、従業員向け健康増進施設「サンスター心身健康道場」を活用した宿泊型健康指導です。この特徴の一つである歯科健診に、新たに「オーラルフレイルチェック」を追加いたします。2019年4月より、試験的に東京エリアの45歳以上の従業員を対象とし実施し、次年度以降、日本全エリアの社員に実施する予定です。

 オーラルフレイル予防は高齢者向けのものと思われがちですが、お口の機能の衰えは40歳から始まり、ささいな変化を見逃さずに早い段階でお口の変化に気づき、健康な状態に戻すための適切なケアとトレーニングをしていくことが重要です。この取組みを通じて、まずはオーラルフレイルを啓発する立場の弊社従業員、そしてその家族に気づきを与えるとともに、これらの啓発活動を通じて、これからも皆様が健やかな歯とお口で、元気に楽しい毎日を過ごせるよう、オーラルフレイル予防事業の創造と健康啓発に努めてまいります。
*サンスター株式会社、サンスター技研株式会社、STARLECS株式会社、一般財団法人 サンスター財団
(左)サンスター財団歯科衛生士による歯科健診の様子 (中央)オーラルフレイル問診票 (右)オーラルフレイルチェックで使用するiPhoneアプリ「毎日パタカラ」
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会