医療・医薬・福祉 美容・健康

20/20GeneSystems Japan株式会社は、がんになる前に1年位以内にがんになるリスクがわかる検査“OneKENSA”を企業の健康診断に導入を進めるプロジェクトを開始します

20/20 GeneSystems Japan 株式会社
がんになる前に一年以内にがんになるリスクを知ることができる検査を、企業の健康診断に導入を進める意味と重要性

20/20GeneSystems Japan株式会社は、予防医療に力を入れている提携企業と共に、企業の健康診断にOneKENSAの導入プロジェクトを、2022年8月1日より始動します。 OneKENSAは、AIの力によりがんになる前に、1年以内にがんになるリスクがわかる検査です。さらにリスクが高かった場合は、がんが発生する可能性のある臓器の選定を行います。これによりその後の対策をスムーズに行うことができるように提案します。 現在、日本の働き盛りの人たちが、がんに罹患することで職場より離脱を余儀なくされることが多数あることは事実です。がんはランダムな確率で、誰もがなる可能性を持っています。がんになる前にがんになるリスクを知ることの価値は非常に高いと考えております。 OneKENSAは1年以内にがんになるリスクを算出します。企業の健康診断に導入することの意味と重要性は、非常に高いと考えられます。 1年毎にOneKENSAを受けることができる環境があれば、がんになる前に1年以内にがんになるリスクを知ることができ、そのための対策を取ることができる世の中になると考えております。





提携企業との取り組みによる、OneKENSAを企業の健康診断への導入活動

・医療機関の開拓

OneKENSAを日本中で受けることができるようにするためには、OneKENSAを医療機関に採用していただく必要があります。
OneKENSAは血清腫瘍マーカーの数値が必要です。その採血をするときには、日本では医師の監修が必要となります。
提携企業数社と、日本中の医療機関に採用していただくための提案活動を行います。この活動により、いつも健康診断などを依頼している医療機関にお願いすれば、OneKENSAが受けられることができるようにしようと考えております。

・OneKENSAを健康診断に採用活動

 企業に直接、健康診断に導入をするための提案活動を行っております。現在、日本の企業の経営戦略のひとつに、がん対策があります。働き盛りの従業員が、突然がんに罹患したというケースはよく聞く話です。今では、企業が従業員を守ることは必須条件です。
 現在、企業に求められるがん対策の一つが、従業員へのがん検診です。
がんは自覚症状が出てから受診すると、すでに進行している場合があります。がん検診は、早期発見と治療により、がんの死亡率を下げられる効果があります。さらに、治療と仕事の両立も進めやすくなります。そのため、国の「がん対策推進基本計画」では、国全体のがん検診の受診率を50%以上とする目標を掲げています。
OneKENSAは、がんになる前に、1年以内にがんになるリスクを知ることができる検査です。もしがんになる前にリスクを知ることができたら、様々な対策をとることができることと、費用面だけでない様々なコストを下げることができるようになると考えております。
これらの活動を、提携企業の方々と一緒に行ってまいります。

健康経営優良法人

今日では、企業の健康に対する取り組みは、企業価値を測る尺度のひとつです。そのような中で、経済産業省認定事業の健康経営優良法人があります。今では多くの企業が、認定されております。従業員の健康について考えることは当たり前であり、従業員が生き生きと働く環境の提供をすることにより、幸せな人生を送るために一つの鍵となっております。

OneKENSAを健康診断に取り入れる意味と重要性

OneKENSAはアメリカのメリーランドに本社を構える20/20GeneSystems Inc.が開発した検査です。
がんになる前に、1年以内がんになるリスクがわかる検査です。さらにはリスクの高い方は、どの臓器にがん発症の原因があるかを提示します。これらを高い確率で、予想することができます。
特にステージの早い段階で見つけても、生存率が短いがん場合の意味は、非常に大きいと考えております。


 OneKENSAは、AI(教師あり機械学習アルゴリズム)の力により、先の状況を予測する検査です。実は、がんになるリスクは、誰にでもあるのです。多細胞生物の宿命とも言われています。いつだれががんを発症してもおかしくないということです。がんサバイバーの方から、“自分ががんになるとは思ってもみなかった”とよく聞きます。実はみんな誰もががんになるリスクはあります。その中でも喫煙や過度な飲酒などによる、がん発症を誘発することがあります。
 私たちは、このような事実を基に、毎年OneKENSAでがん健康度を測定することにより、がん発症のポイントを知ることを提案しております。その一番良い環境が企業や組織で毎年行う健康診断に組み込むことです。毎年受けることにより、がん罹患者数を減らし、OneKENSAの結果よりさらに専門的な検査をすることで、極早期の段階での発見につなげることができると考えております。 
 もちろん、毎年健康診断を受けることができる環境にいない方には、医療機関を直接ご案内いたします。そのためにも日本中の医療機関でOneKENSAを受けることができる活動は重要なことです。


目指す世界

 医療の発展により、がん治療によりがんを治すことができるようになってきました。ただ、いまだに日本の死亡原因の第一位はがんであり、罹患者数は年々増加傾向です。今では100万人を超えております。
 この事実を基に、がん対策のための行動は以前と比べたら、多くなりました。健康経営優良法人認定事業やがん教育が中学、その翌年には高校で始まりました。がん検診も多くの医療機関で受けることができるように、各地方自治体の方々は尽力しています。
 しかし、上記の通りのがんは増え続けております。もちろん超高齢化先進国の日本の抱える課題でもあります。今から取り組んでも、遅くないと考えております。様々な技術の発展により、社会の発展を遂げてきました。新しいテクノロジーはこの先どんどん生まれていきます。
 医療の技術も発展しています。これらの新しい技術により、自分たちが享受できる価値により早く気づくことが、この課題解決の大きな糸口だと考えております。テクノロジーの進化により新しい価値が生まれていき、今までの価値観が急速に変化しています。もうすでにがんは、可能な限り未然に防ぐ時代が来たのだと、私たちは考えております。
 これらの実現のために小さな一歩かもしれませんが、2022年8月1日より、健康診断にOneKENSAを導入するプロジェクトを開始します。
 5年後には、OneKENSAが健康診断の中に、当たり前の一項目となっていることを目標として活動を続けます。


OneKENSAについての論文

Cancers
Improving Multi-Tumor Biomarker Health Check-Up Tests with Machine Learning Algorithms

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0009898115004131?via%3Dihub
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)