美容・健康 医療・医薬・福祉

眼精疲労・肩こり・腰痛に ビタミン剤「セイムビタンEXα」新発売!

株式会社富士薬品
医薬品の研究開発から製造・販売までを行う複合型医薬品企業の株式会社富士薬品(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役社長:高柳 昌幸、以下「富士薬品」)は、2022年8月2日(火)、フルスルチアミン配合のビタミン剤「セイムビタン(R)EXα(イーエックスアルファ)」(第3類医薬品)を、配置薬販売、富士薬品グループのドラッグストア、公式通販で新発売します。 「セイムビタンEXα」は、“日々の疲れからくる眼精疲労・肩こり・腰痛にカラダの内側から効くビタミン剤”をコンセプトに開発した商品です。長時間のデスクワークにより疲れが溜まっている方など、疲労感に悩む方におすすめです。






「セイムビタンEXα」について

「セイムビタンEXα」は “気になるシミ・ソバカスや疲れた時に ビタミンがサポート”をブランドコンセプトに掲げる「セイムビタン(R)」シリーズの新商品です。目の疲れや肩こり、腰痛にアプローチする処方設計となっています。
ニチバン株式会社が行った「新型コロナウイルスによる生活様式の変化と健康状況に関する調査(※1)」によると、コロナ禍前と比べて体の不調が増えたと感じる人は6割にも上り、とりわけ目の疲れや肩こり、腰痛が上位を占めています。「セイムビタンEXα」は、眼精疲労、関節痛、神経痛などの症状によく効く成分を7種類配合することで、これらの不調に働きかけます。

※1 2021年6月8日~10日、全国の20代~60代男女を対象に実施。n=344。
  https://www.nichiban.co.jp/news/2021/07_01/

■特徴
1.「フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)」を配合
ビタミンB1はエネルギー代謝に関与し、筋肉の疲労回復を助けるはたらきがある一方、体に吸収されにくい性質があります。そこで「セイムビタンEXα」では、ビタミンB1の性質を改良した成分「フルスルチアミン」を配合。フルスルチアミンは、腸管からの吸収に優れており、ビタミンB1の血中濃度を増やすことができるため、細胞内で効果を発揮する「活性型ビタミンB1」を多くつくることができ、疲れにより効果的です。

2.2層のフィルムコーティングでにおいを低減
ビタミンB1剤の特徴として独特のにおいが挙げられます。富士薬品が行った調査(※2)では、現在ビタミンB1剤(ビタミンB1配合製剤)を服用している方のうち、約15%の人が「においが気になる」と回答しています。そこで、「セイムビタンEXα」ではフィルムコーティングを2層にすることで、服用時に気になるにおいを低減しました。

※2 2019年9月実施。n=290。


商品情報







富士薬品について

富士薬品は、1930年富山県富山市における配置薬販売業の創業からスタートし、現在では配置薬販売事業に加えて、ドラッグストア・調剤薬局事業、医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業を展開する複合型医薬品企業です。スローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」のもと、富士薬品グループ全体で日本全国に1,372店(2022年3月末時点)を展開する「セイムス」ブランドを中心としたドラッグストアと、全国に広がるラストワンマイルを埋める配置薬販売ネットワーク、そして医療用医薬品の研究開発力を生かし、誰もが豊かな人生を送れる社会の実現に向けて、人々の暮らしのあらゆる場面で寄り添い、元気な生活を支え続けてまいります。


株式会社富士薬品 会社概要 URL:https://www.fujiyakuhin.co.jp




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)