流通 美容・健康

【新製品】ジュネスルミネス スキンケアラインに「ジュネスルミネス リフティングマスク」が登場!

ジュネスグローバル合同会社
ピールオフタイプのフェイシャルパック「ジュネスルミネス リフティングマスク」8月1日(月)より販売開始

ジュネスグローバル合同会社(本社:東京都新宿区)は、幹細胞テクノロジーを駆使したスキンケアライン「ジュネスルミネス」から、ジュネス独自の成分APT-200配合のフェイシャルパック「ジュネスルミネス リフティングマスク」を2022年8月1日(月)より発売いたします。





ジュネスルミネスクリエイター Dr. ネイサン ニューマン



Dr. ネイサン ニューマンは、ジュネスのメディカルアドバイザー メンバーの一人であり、カリフォルニア州ロサンゼルスのビバリーヒルズで開業している皮膚科医、美容外科医です。

国際的にも著名な医師の家庭で育ったDr. ニューマンは、情熱、豊富な専門知識とトレーニングにより、ジュネスのスポークスマンおよびアドバイザーの役割を担うことになりました。

Dr. ニューマンは、自然で検出不可能な美容効果の優れた方法を継続的に開発し、リスクを最小限に抑え、各個人にとって最大の利益をもたらすよう努めています。彼は独創的な思想家であり、革新者であり、美容外科の未来を切り開いています。そして、幹細胞を使用して、顔全体と体全体の輪郭を安全かつ自然に増幅、持ち上げ、すっきりさせる方法を発見しました。


ジュネス独自の成分 APT-200™

"APT-200"とは、Dr. ニューマンによる独自の幹細胞培養技術により作り出される美容成分であり、アミノ酸で構成されるポリペプチド成分のことを指します。


ポリペプチドとは
細胞に不可欠なアミノ酸がつながった鎖
・幹細胞はアミノ酸で構成される因子を生成する
・アミノ酸はタンパク質の構成要素
・アミノ酸が結合してポリペプチドになる
・ポリペプチドが結合してタンパク質になる


APT-200の役割
肌年齢に伴うエイジングケア*にフォーカスした、スキンケアソリューション
・潤いのある肌へ
・ハリ、艶肌へ
・健やかな肌へ

ジュネス独自の高度なポリペプチドテクノロジーであり、肌に「若さのメッセージ」をもたらします。

*エイジングケアとは年齢に応じた潤い、ハリ・ツヤのケア


ジュネスルミネスの特徴

Dr. ニューマンはすべての肌タイプのためにジュネスルミネスを開発しました。
オイリー肌に乾燥肌、敏感肌に、ニキビなど肌荒れの方にも。また女性男性問わずお使いいただけるスキンケアラインです。


APT-200
・ジュネス独自の成分
・新しいスキンケアテクノロジー

以下を含みません。
・パラベン
・硫酸塩
・刺激の強い/肌を乾燥させる化学物質
・ハイドロキノン
・フタル酸類
使い続けることで、ジュネスルミネスは今ある美しさを目覚めさせます。


ジュネスルミネス リフティングマスク

スパトリートメントをしたような実感を体験させてくれるフェイシャルパックです。ジュネス独自のAPT-200を配合し、古い角質をやさしく取り除き、より滑らかでハリのある若々しい肌へと導きます。お肌に潤いと清潔感を与えながら、美しい肌へと演出してくれるジュネスルミネス スペシャルケアです。

ポイント
・APT-200でハリ・ツヤのある若々しい肌へ
・キュウリ*1、チコリの根に含まれるオリゴ糖*2や、南アメリカ原産の植物タラ*3など、さまざまな植物由来成分により潤いのある透明感に満ちたお肌へ
・3種類のビタミン:ビタミンA*4、ビタミンC*5、ビタミンE*6がお肌のコンディションを整えてくれます

ご使用方法
洗顔の後、水気をよく拭き取り、ブラシまたは指先で顔、首、デコルテにムラなく塗布し、15~20分ほど乾かします。その後マスクを肌からはがし、ぬるま湯でよく洗い流し水分を拭き取ります。週に1~2回のご使用が目安です。

*1 キュウリ果実エキス
*2 キクニガナ根オリゴ糖
*3 カエサルピニアスピノサガム
*4 パルミチン酸レチノール
*5 アスコルビン酸テトラヘキシルデシル
*6 トコフェロール

※画像・図はイメージです。

製品概要




製品:ジュネスルミネス リフティングマスク [フェイシャルパック]

内容量:118mL

販売価格:
会員価格:8,390円(税込)
希望小売価格:11,750円(税込)

購入方法:
会員購入サイト:
https://joffice.jeunesseglobal.com

一般購入サイト:
https://www.jeunesseglobal.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)