美容・健康

同志社大学教授 米井嘉一先生に聞く 体が黄ばむ!?「糖化ストレス」とは?

株式会社 協和
8月2日(火)病気や老化を細胞から考える「生命科学アカデミー」にて配信

先端美容を追求し、エイジングケア美容液No.1※ブランドの「fracora(フラコラ)」は、同志社大学生命医科学部 教授米井嘉一先生をお招きし、「良いAGEsと悪いAGEs!」ほか全5回を、病気や老化のメカニズム研究を学ぶ「生命科学アカデミー」にて、2022年8月2日より毎週火曜日に配信いたします。



今回の「生命科学アカデミー」では、老化の原因となる、体のサビ「酸化」と体の黄ばみ「糖化」が起こるメカニズムと対策法について、同志社大学生命医科学部 教授米井嘉一先生にお話を伺いました。

お勧めのアンチエイジング法も伝授!是非、ご覧ください。


8月2日(火)~開催「生命科学アカデミー」概要

参加費:無料
開催日時:2022年8月2日(火)~8月30日(火)毎週火曜日
第一回「#1」のみ11:00公開。以降、毎週火曜日8:00公開
ご参加方法:以下URLよりアクセスしてください。

#1 良いAGEsと悪いAGEs! AGEs=終末糖化産物はこうして生まれる
https://youtu.be/UUqet3Nx0Tw









米井嘉一先生 プロフィール



同志社大学生命医科学部 教授
1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了後、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。89年に帰国し、日本鋼管病院(川崎市)内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年、日本初の抗加齢医学の研究講座、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。08年から同大学大学院生命医科学研究科教授を兼任。日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員。医師として患者さんに「歳ですから仕方がないですね」という言葉を口にしたくない、という思いから、老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始める。現在は抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事しながら、研究成果を世界に発信している。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。



「生命科学アカデミー」とは




健康に美しく生きるために、最先端の研究を学ぶYoutube番組です。
人生120年時代と言われる昨今、多くの大学や研究機関が「老化」に関する研究を進めています。“なぜ病気になるのか”、“なぜ人は老いるのか”。そのメカニズムを学ぶことで、より健康に美しく生きる為に皆様と一緒に考える学びのヒントをお届けしてまいります。

・URL:https://www.youtube.com/channel/UCxZsEhpx0cQAFZ35Y33XZVQ/
・「生命科学アカデミー」公式Twitter:https://twitter.com/Hiroco_Takekosh




会社概要


●会社名:株式会社協和
●設立:1960年
●住所:〒160-0023東京都新宿区西新宿1-22-2新宿サンエービル9F
●代表取締役:堀内泰司
●事業内容:ビューティー&ヘルス事業
      ブランド名『フラコラ』https://www.fracora.com/

※1化粧品マーケティング要覧2022No.1美容液抗老化2021年実績(株)富士経済
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)